通夜の挨拶で注意したいこと6つ!喪主のポイントと参列者のポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

誰かが亡くなると、一般的な流れではまず通夜があり、その翌日に葬儀になります。

以前は、通夜は仮のものであり、葬儀・告別式が本式のものとされていました。

 

最近は時間的な都合もあり、通夜だけに参列する場合が増えています。

通夜だけに参列するのであれば、それは葬儀のかわりでもあり、相応の挨拶や態度が必要になります。

 

遺族にとっても、葬儀における挨拶と同様に、通夜においてもきちんとした挨拶が必要になってきました。

遺族にとっても参列者にとっても、どのような場面でどのような挨拶が必要になるのか、それぞれの例を交えて解説します。

 

— この記事の目次 —

1.通夜の流れと通夜の挨拶

2.喪主からの通夜の挨拶!ポイントと注意点とは?

3.参列者からの通夜の挨拶!ポイントと注意点とは?

4.通夜の挨拶も宗教によって変わる!

5.参列できない場合は通夜の挨拶ってどうする?

6.通夜の挨拶のマナー、一番大事なことはこれ!

7.まとめ

1.通夜の流れと通夜の挨拶

出典元:https://www.photo-ac.com/

 

人が亡くなった時、ほとんどの場合は仏式で葬儀が営まれます。

仏式葬儀にはいくつかの段階があり、通夜もその1つです。

悲しい話ではありますが、実際に経験してみないと、通夜とはどんなものでどんなことをするのか、なかなかわかりません。

あくまで例ではありますが、通夜の意味やその流れと、通夜の挨拶について説明します。

 

1-1.そもそも通夜ってどんな意味?

仏式葬儀は、大きく2つに分けられます。

1つ目が通夜であり、2つ目が葬儀です。

最近は通夜と葬儀をひとまとめに考えられることが増えていますが、実際は通夜は通夜であり、葬儀は葬儀と違うものでした。

 

通夜と言う言葉は、夜を通してと言う意味です。

本来の通夜は、故人の枕元で、親しい人たちが夜通しで、思い出を語り合うものでした。

そのため昔の通夜は、親類縁者や近所の人など、よく見知った人しか参加することはありませんでした。

 

なぜ夜通し故人の側にいたのかと言うと、1つは香を絶やさずにいるためです。

冷房もドライアイスもない時代は、人が亡くなればすぐに腐敗が始まりました。

その臭いを消すために、香を絶やすことはできなかったのです。

 

もう1つはお守りのためです。

お守りはそのまま「おもり」「おまもり」です。

はっきり言えば、どこにでもネズミがいて、見張っていないとかじられる可能性があったのです。

 

仏教の祖である仏陀が亡くなった時、弟子たちが仏陀の亡骸の側で、夜通し語り合ったとされています。

そのように、本来の通夜は葬儀とは別の、内々のものでした。

現在のような、一般の弔問客も受け入れる通夜が行われるようになったのは、実はごく最近のことです。

 

1-2.一般的な通夜の流れとは?

昔と違って、現代は葬儀の前日の夕方から、1時間ほどの半通夜が営まれることが増えています。

日中営まれる葬儀に参列できない人が、せめて通夜だけでもと、弔問に来られる場合が多くなったためです。

遺族にとっての通夜までと通夜の流れは、だいたい次のようになります。

 

1.故人の遺体を自宅もしくは斎場に安置する

2.枕経を頼むのであれば宗旨のお寺に依頼の電話をする

3.葬儀社に祭壇を飾ってもらい、僧侶に枕経を読んでもらう

4.納棺して葬儀社と打ち合わせをする

5.通夜が始まる前に到着した僧侶に挨拶する

6.通夜が始まる時間になったら席に着く

7.僧侶の読経の中、焼香する

8.通夜式終了後に喪主の挨拶

9.通夜ぶるまいがあればそちらへ移動して挨拶

10.通夜ぶるまいの最後に挨拶をして半通夜は終了

 

地域によって流れは違いますが、その地域ごとのやり方については、担当する葬儀社や自治会などが詳しく知っています。

十分打ち合わせをしたあとは、任せられる部分はお願いして、喪主や遺族は主に参列者に対応します。

 

1-3.通夜の挨拶って具体的にどんなこと?

通夜の挨拶は、1度だけではありません。

通夜の流れからもわかるとおり、僧侶への挨拶、会葬者への挨拶が複数回あります。

きちんとした挨拶以外にも、喪主や遺族の個人的な関係で参列してくださった人へ、お礼を述べる機会もあります。

 

どの場面でどんな挨拶をするのかは、それほどきっちりとはしていません。

はっきりしているのは、通夜式が終了した際の会葬者への挨拶ですが、他はその場次第とも言えます。

何にせよ、お経をあげていただく僧侶と、参列してくださった人々へのお礼として、できる範囲で挨拶することが大切です。

 

故人を亡くした悲しみの中で、あれやこれやと対応するのは、やはり大変なことではあります。

けれどそこでしっかり対応することで、故人を安心して旅立たせてあげるという側面もあります。

遺族だけではなく、参列する側にとっても、できるだけ間違いのないようにしたいものです。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket