通夜に参列した際の記帳マナーとは?書き方や代理参列の場合も解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

8.まとめ


出典元:https://syukatsulabo.jp/article/6858

 

通夜における記帳のマナーや書き方についてご説明しました。

要点は以下の通りです。

 

・記帳は誰が参列したかの記録となり、後日お礼をする際に活用される

・芳名帳にはノート形式のものとカード形式のものがある

・香典を用意していなくても、参列者は全員記帳する

・個人的な付き合いのときは、個人の住所を書き、会社の一員として参加したときは、会社名と会社の住所を書く

・妻が夫の代理として出席した場合は、夫の名前の下に「内」と書き、上司の代理で出席した場合は上司の名前の下に「代」と記帳する

・香典は通夜、告別式のどちらで渡してもよい

・香典は家単位で用意するため、夫婦で参列しても香典は1つで良い

 

記帳の基本的な方法から、代理参列の際の書き方についてご理解いただけたのではないでしょうか。

正しい知識を身に付けて、当日慌てることのないようにしたいですね。

参考になりましたら幸いです。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket