通夜のマナー|恥をかかないための香典や服装など6項目を総チェック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

通夜は葬儀に先立って行われる、大切な故人とのお別れの儀式です。

通夜は葬式に関する儀式の中でも、時代とともに最も大きく変化してきています。

それだけにマナーに反しないか気にしないといけないことも多くなっているのが実情です。

 

例えば通夜に包む香典。

いくら包んだらよいのか、表書きはどうするか、葬儀には要らないのか、など気になります。

失礼にならないマナーに沿った香典とはどういうものでしょうか。

 

他にも服装や挨拶、焼香など通夜のマナーについては気になることや不安なことがたくさんあります。

 

また、喪主や遺族にとっても通夜では気を付けなければならないマナーがあります。

そこで現在の通夜で必要なマナーを6項目あげて詳しく説明します。

是非参考にして下さい。

 

— この記事の目次 —

1. そもそも通夜とは何?

2. 通夜の流れと時間はどうなっている

3. 通夜での喪主と遺族に必要なマナーとは?

4. 通夜での香典のマナーとは?

5. 通夜の服装のマナーには何がある?

6. 通夜の受付に関するマナーも要チェック

7. 通夜でマナーに反しないお悔みや挨拶はどういったら良いか

8. 通夜の焼香のマナーって知っていますか?

9. まとめ

1. そもそも通夜とは何?

 

出典元:https://www.ac-illust.com/

 

通夜は人が亡くなってから最初に行われる儀式です。

お葬式に関する儀式の中でも、通夜は時代により内容が大きく変化してきています。

ここでは通夜の歴史と現状についておさらいしておきましょう。

 

1-1.通夜の歴史をおさらいすると

そもそもの通夜にあたる儀式は故事が起源とされています。

それは、釈迦の入滅後に弟子たちが遺体を見守りながら釈迦が説いた説法を夜通し確認したというものです。

そこから仏教の通夜は、大夜(たいや)という故人のこの世における最後の夜を、親しい人々が故人の思い出話を語り合いながら過ごすことになったとされています。

 

昔の日本では、通夜は故人を葬る前に夜通し親族や知人で死者を守ることを意味していました。

そのため臨終から故人を葬るまでの夜を通夜とした時代もありました。

 

現在の通夜は故人の親しい人が故人の冥福を祈り、別れを惜しむ夜のことを意味しています。

遺族は夜通し灯明と線香の火を絶やさないようにします。

亡くなった翌日に参列者を迎えて通夜を行い、翌々日に葬儀・告別式という日程が一般的になっています。

 

なお、夜通し灯明と線香の火を絶やさないということには以下のような理由があります。

香のかおりで遺体が置かれている場を清浄に保つため

成仏するまでは故人の霊は線香の煙しか口にできないため

線香の煙や灯明が故人の進むべき道を指し示すため

邪鬼が遺体に取り付いたり、持ち去ることを防ぐため

遺体の腐敗臭を紛らわせるため

 

1-2.通夜には様々な種類があるのをご存知ですか?

現代の通夜は、時代の変化とともに僧侶を招いて読経と焼香を行うという葬儀に準じた儀式となっています。

通夜の儀式化に伴い様々な通夜の形式が取られるようになってきています。

 

現代の主な通夜の形式は「本通夜」と「仮通夜」と「半通夜」です。

 

本通夜

一般参列者が参列に訪れる通夜です。

僧侶による読経、参列者による焼香が行われます。

昼間行われる葬儀・告別式には時間制約もあり参列が難しいことに対し、夜行われ時間的自由度がある通夜に一般参列者が参列に訪れるようになってきているという時代背景があります。

 

仮通夜

従来は故人の近しい人でおこなわれていた通夜が、本通夜として儀式化してきたことから、一般参列者が参列に訪れる本通夜の前夜に、親族や故人の近しい人のみでおこなう通夜が仮通夜です。

 

仮通夜の場合は、一般に告知をしませんので一般参列者が参列に訪れることはありません。

また仮通夜の儀式の内容も、特に決められているものはなく、それぞれの遺族が思い思いに故人との別れの夜を過ごします。

 

半通夜

本通夜は夜通しおこなわれることがありますが、現在では参列者の集合から僧侶の読経や参列者による焼香も含めて2時間程度でいったん終了する通夜の形式が一般化してきています。

そうした通夜の形式を半通夜とよびます。

分かりやすく整理しますと、一晩中おこなわれる通夜が本通夜で、2時間程度の通夜が半通夜となります。

 

通夜の形式は、喪主や遺族の考え方や希望と、地域環境・住宅環境などに合わせて葬儀業者と相談して決めれば良いでしょう。

 

1-3.通夜と友引は関係するの?

葬儀は六曜・六輝の「友引」の日にはおこなわないと言われています。

では通夜はどうでしょうか?

 

通夜は友引であるかどうかは拘らないのが一般的です。

葬儀を友引に行わないというのは「凶事に友を引く」という俗説と、友引の日は火葬場が休みであることが多いという現実的な都合から来ています。

 

なお、六曜・六輝の「友引」は、本来は「共引」であり先勝ちと先負けの間の日であることから勝ち負けのない引き分けの日という意味です。

友引は吉日や凶日とは関係のないものなので、葬儀であっても気にする必要はありません。

ただ、現実問題として縁起を気にする人もいらっしゃいますので、友引の葬儀は避けられるものであれば避けた方が良いでしょう。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket