通夜のマナー|恥をかかないための香典や服装など6項目を総チェック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

5. 通夜の服装のマナーには何がある?

出典元:https://www.ac-illust.com/

 

さて香典に次いで通夜について関心が高いのが服装です。

通夜の場合、訃報に接してから比較的時間的な余裕が少ない事が多いためにどうしたら良いか慌ててしまいます。

通夜の服装のマナーについてまとめて説明しましょう。

 

5-1.通夜の喪主や遺族の服装マナーとは?

通夜が葬儀よりも参列者が多くなってきている現在、半通夜では喪主や遺族はきちんとした喪服を着用するようにしましょう。

 

喪主(男性)の通夜の服装のマナー

和服の場合

黒・染め抜き五つ紋の着物と羽織の正喪服が望ましいです。

袴:白とグレー

帯:角帯

足袋:黒か白

 

洋服の場合

モーニングコートにグレーストライプのズボンの正喪服が望ましいです。

またはブラックスーツとします。

ワイシャツ:白

ネクタイ:黒

ベルト:黒(派手なものや光るベルトバックルは厳禁)

靴下:黒

靴:黒(光沢のないオフブラック)

 

意図的に通夜は洋服、葬儀・告別式に和服を着ることで葬儀・告別式の格を上げる場合もあります。

和服でも洋服でもネックレス、ブレスレットなどの宝飾品や時計など光るものは避けるのがマナーです。

 

遺族(男性)の通夜の服装

遺族も最近は通夜でも正喪服が望ましいとされています。

ただし和服の場合は、正喪服を着用するのは喪主(または喪主に準ずる人)のみというのがマナーになります。

 

喪主(女性)の通夜の服装

和服の場合

黒無地着物で染め抜き五つ紋の正喪服が望ましいです。

帯:黒

草履:黒

足袋:白

バッグ:黒(光沢のないオフブラックが望ましい)

 

洋服の場合

膝がかくれる丈の黒の長袖のワンピースまたはスーツが適切です。

ストッキング:黒

靴:黒のパンプス

バッグ:黒(光沢のないオフブラックが望ましい)

 

意図的に通夜は洋服で葬儀・告別式に和服を着ることで、葬儀・告別式の格を上げる場合もあります。

和服でも洋服でもアクセサリーや指輪、時計など付けることがありますが、光るものや動物の革などは避けるのがマナーです。

 

遺族(女性)の通夜の服装

遺族も男性同様女性も通夜では正喪服が望ましいとされています。

ただし和服の場合は、正喪服を着用するのは喪主の女性か、喪主または故人の妻のみというのがマナーになります。

 

5-2.通夜に参列する際の服装のマナーはどこに気を付けるの?

一時期は訃報を聞いて取り急ぎ通夜に伺ったということで、平服でも構いませんでした。

むしろ喪服では不幸が起きることに準備をしていたように受け取られる風潮までありました。

 

しかし現在では通夜はかなり重要な儀式となっていて、平服ではそぐわない状況だと考えた方が無難です。

参列する場合は準喪服を基本と考えましょう。

 

通夜に参列する際の服装のマナーとしては、ネックレスやブレスレットなどの宝飾品や時計などで光るものは避けましょう。

夏の暑い時でも肌の露出の多い服はマナー違反です。

女性は黒のストッキングを着用して、生足は避けましょう。

冬の寒い時期でも毛皮や皮革製の衣類は殺生を連想させることからマナー違反になります。

 

その他、通夜に参列する際の服装のマナーについてポイントを以下に列挙します。

参列者が遺族並み、遺族以上の格式の喪服を着ない

参列者が正喪服を着ることはありません。

参列者は喪章は付けない

喪章とは一般的に黒いリボンや腕章のもので、遺族であることが分かるように付けるものです。

そのため参列者が喪章を付けるのは間違いですので、勘違いや誤解のない様にしましょう。

真珠のアクセサリーは問題ないとされているが二連のものは避ける

真珠は「涙の象徴」といわれ通夜で身に付けても問題のないものです。

ただし二連のものは不幸が「重なる」という意味で避けるべきものなので、一連のものを使いましょう。

ワイシャツは白の標準的な物

ボタンダウンや凝ったデザインワイシャツは避けましょう。

 

なお、通夜への持ち物として数珠は忘れないようにしましょう。

服装に気を取られて忘れがちですが、数珠も通夜に参列する服装マナーの一つと考えて持参しましょう。

数珠はそのままむき出しでポケットに入れるのではなく、数珠入れに入れて行きましょう。

 

5-3.通夜で子供の服装にもマナーはあるの?

通夜では子供の服装にもマナーがあります。

子供用の喪服が無いからと言ってどんな平服でも良いということはありません。

基本的には地味目で清楚な服装を心がけましょう。

 

小学生以下の子供の場合には、白いシャツに紺やグレーの服を着せます。

例え暑い時期でも裸足はマナー違反ですので靴下を履かせましょう。

 

通夜での子供の服装は、学校の制服があればそれを着せておくのが最も無難です。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket