通夜のマナー|恥をかかないための香典や服装など6項目を総チェック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

7. 通夜でマナーに反しないお悔みや挨拶はどういったら良いか

出典元:https://www.ac-illust.com/

 

通夜で気になることに、お悔やみを述べることや挨拶があります。

どういったお悔みや挨拶が適切で、どういった挨拶がマナー違反になるのでしょうか?

ここでは文例も交えて説明します。

 

7-1.通夜でのお悔みにマナーはあるの?

通夜に参列する場合には、一言お悔やみの言葉を述べる必要があります。

通夜でのお悔みのマナーには以下があります。

簡潔で手短に述べること

悲しみを述べるにしても過剰な表現をしないこと

忌み言葉を使わないこと

 

忌み言葉とは、死とか不幸や不幸の繰り返しを意味したりする言葉です。

死や不幸を想起させる言葉は以下のようなものです。

「苦しみ」、「苦しむ」など

「死亡」、「死ぬ」、「自殺」など

 

不幸の繰り返しを意味する言葉は以下のようなものです。

「再三」、「重ねる」、「かさねがさね」、「たびたび」、「繰り返す」、「返す返す」など

 

7-2.通夜でマナー通りのお悔みと挨拶の例を紹介

通夜での参列者のお悔みの言葉の例を以下にあげます。

 

基本形

「この度はご愁傷様です。」

「この度はお気の毒様です。」

「心よりお悔やみ申し上げます。」

 

少し長め

「この度は突然のことで驚いております。まことに愁傷様でございました。」

「この度は突然のことで驚いております。まことにお気の毒様でございました。」

「この度は突然のことで驚いております。心よりお悔やみ申し上げます。」

 

通夜での受付の人は、お悔やみの言葉に対し以下のような言葉を返します。

「ご丁寧にありがとうございます。」

「ご丁寧に恐れ入ります。」

「お忙しい中をありがとうございます。」

7-3.通夜で喪主の挨拶のマナーとは?

通夜では喪主が挨拶をします。

通夜では葬儀・告別式のように終了時間が明確にされていませんので、喪主の挨拶がお開きなどのきっかけにもなります。

 

特に半通夜では僧侶が退席した際に、参列者への感謝と通夜振舞いへの案内をすることが一般的です。

仮通夜などの通夜では喪主の挨拶が無い場合もあります。

その際では、焼香をいただいた参列者に目礼をするのが喪主の挨拶のマナーになります。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket