Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/smaho/osoushiki-blog.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

通夜式の不安を解消!日程や流れ、服装・香典・焼香・受付の作法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

身近な方が亡くなると、遺族はお葬式の準備を行い、一般的にはまず通夜式を営みます。

また、参列者側の立場ですと、訃報連絡が来て、急に通夜式に参列する必要に迫られることがありますね。

 

この記事ではそんな時のために、通夜式の流れや受付・お焼香・挨拶などのマナーについてまとめてみました。

また、通夜式と葬儀・告別式のどちらに参列するべきか、どちらでお香典を持って行くのかや、服装の違い等の疑問点、神道やキリスト教での通夜式についてもお伝えしていきます。

 

— この記事の目次 —

1.通夜式の基礎知識!内容や日程、流れは?

2.通夜式に参列するときの服装は?

3.通夜式での遺族の挨拶はどうすればよい?

4.通夜式のお香典のマナーは?

5.参列者・遺族側の受付のマナーは?

6.お焼香のやり方や順番は?

7.神道やキリスト教の通夜式の作法は?

8.まとめ

1.通夜式の基礎知識!内容や日程、流れは?

出典元:https://www.ac-illust.com/

 

はじめに、通夜式の基礎知識をお伝えいたします。

通夜式の読み方や意味、葬儀・告別式との違い、日程やタイムスケジュール、所要時間などについて見ていきましょう。

 

1.1 「通夜式」の読み方は?どういったもの?

「通夜式」は「つやしき」と読みます。

通夜式とはつまり、通夜(つや)のことです。

 

通夜とは

人が亡くなると、葬儀・告別式を行う前に、近親者が集まり線香やロウソクの火を絶やさず、一晩ご遺体を見守るという習慣があり、これを通夜と言います。

通夜はもともと、いくつかの意味を持っていました。

 

・故人の身内の方が死を悲しみ、受け止める時間であり、故人との最後の時を過ごす

・線香やロウソクの火を絶やさず見守ることで、邪霊を近づかせないようにし、死者の霊を守る

・医療技術が発達していなかった時代には、息を引き取ったあとに蘇生することも多かったため、ご遺体を監視していた

 

しかし通夜は次第に、祭壇を飾り付けたり、僧侶を呼んで読経をしてもらったりと儀式としての意味が強くなっていき、身内以外の方も弔問するのが一般的となって、通夜式とも呼ばれるようになりました。

通夜はその名の通り夜を徹して行うものでしたが、現代では、通夜ぶるまい終了時や夜の0時までの「半通夜」が主流となっています。

通夜式で行われることは主に、僧侶の読経や参列者のお焼香、通夜ぶるまい(会食)です。

※「通夜式」に通夜ぶるまいが含まれるかどうかは諸説あるようです

 

仮通夜とは

故人が亡くなった夜に自宅で身内のみで行う通夜を仮通夜、葬儀・告別式の前日に行う通夜を本通夜と呼んで、二回通夜を行うこともあります。

仮通夜では僧侶を呼ばず服装も平服で、身内のみで夜通し故人を見守って過ごします。

しかし近年では、亡くなるとすぐにご遺体を安置施設に安置することが多いので、仮通夜を行うことは減ってきています。

 

1.2 通夜式と葬儀・告別式、どちらに参列する?

従来通夜式は、前項でお伝えした通り、身内の方だけで行っていました。

また、告別式は身内だけでなく、会社関係者や知人・遠い親戚など、故人と関わりのあった方が故人にお別れを告げる意味がありました。

しかし近年では通夜式に関係性の遠い方が多く参列し、葬儀・告別式は身内のみというケースが多くなってきています。

 

その理由は、主に開始時間にあると思われます。

通夜式が始まるのは18~19時、葬儀・告別式が始まるのは10~11時くらいが一般的です。

一般参列者(故人との関係性が遠い方)は、比較的遅い時間に始まる通夜式に、会社帰りに参列するのが都合がよいのです。

そのため昼間に行われる葬儀・告別式は、忌引きが取りやすい近親者だけというお葬式が増えています。

 

以上のような理由で、最近の傾向では、近親者→通夜式と葬儀・告別式の両方に参列、一般参列者→通夜式のみに参列となっています。

友人の場合は、故人と特に親しくしていたのであれば、両方参列するのが良いでしょう。

とは言え、四国や東北など、葬儀・告別式に一般参列者が参列するのが一般的という地域もありますので、注意が必要です。

 

1.3 通夜式の日程や時間は?友引でも行われる?

通夜式の日程

通夜式は、すでにお伝えしたとおり、仮通夜であれば亡くなられた日の夜、本通夜は葬儀・告別式の前日に行われるのが一般的です。

葬儀・告別式の日程は火葬場の休日や空き状況、それに僧侶の予定に左右されます。

それと、遠方に住んでいる近親者が間に合うように日程を合わせることもあります。

通常は亡くなられた日を1日目とすると、2~3日後に通夜式が行われることが多いです。

 

友引の日は「友を引く」という字が縁起が悪いとされ、葬儀・告別式を避ける場合があり、そのため地域によっては火葬場も休場になることがあります。

しかし通夜式を友引の日に行うのは特に問題ありません。

友引が休日になっている火葬場でも、併設の葬祭場は、友引の日に通夜式のみ行える場合があります。

とは言え、葬儀・告別式が友引によってずれることで、通夜式の日にちもずれますので、友引はチェックしておくに越したことはないでしょう。

 

通夜式の流れ

通夜式のタイムスケジュールは、一般的には以下のようになっています。

17:00 遺族・親族や係の方などが集合

17:30 受付開始

17:45分頃 着席

17:58 導師入場

18:00 開式・読経

18:15頃~ お焼香(喪主→遺族・親族→一般参列者の順)

18:40分頃 導師法話(ない場合もあります)

18:50分頃 導師退場

19:00 閉式

19:05 喪主挨拶、通夜ぶるまいの会場へ移動

20:30~20:50分頃 解散

※お焼香は読経の間に行われる場合と、読経や法話が終わってから行われる場合とがあります

 

1.4 骨葬・一日葬とは?

骨葬

通夜式の日程は1.3でお伝えしましたが、「骨葬」という形式で、違う日程で行われる場合があります。

骨葬の流れには2つのパターンがあります。

 

・通夜式の次の日に火葬→葬儀・告別式

・火葬→通夜式、次の日に葬儀・告別式

 

経営者や芸能人などの著名な方が亡くなった場合、身内のみで火葬を行ってから骨葬の形で本葬を行うやり方はよく見られます。

また、骨葬がスタンダードな地域もあります。

そうした地域の場合はどちらかというと、通夜式を行ってから火葬→葬儀・告別式の方が多いです。

ほかに、故郷から遠い土地で亡くなったときに、亡くなった土地で荼毘に伏してから故郷で葬儀を行ったり、ご遺体の状態が良くない場合に先に火葬をしたりするというパターンもあります。

 

一日葬

一日葬は通夜式を行わないお葬式です。

通夜式を行わないことで、通夜ぶるまいや返礼品、親戚の宿泊費などの費用が軽減されます。

また、参列者に対応するのが一日で済むので、遺族の負担が軽くなります。

 

しかし通夜式のように仕事の後に参列というわけには行かないため、一般参列者は出席しづらい面があります。

なお式場使用料は、葬儀の前日から祭壇の設営を始めるため2日分となり、通夜式を行う場合と変わりません。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket