Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/smaho/osoushiki-blog.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/smaho/osoushiki-blog.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 285

通夜式の不安を解消!日程や流れ、服装・香典・焼香・受付の作法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

2.通夜式に参列するときの服装は?

出典元:https://www.ac-illust.com/

 

お葬式に参列する場合、訃報が届いたらすぐに準備をしなければなりません。

でも、どのような格好をすればよいか分からないと困りますよね。

ここでは通夜式での服装や持ち物のマナーについてお伝えいたします。

 

2.1 通夜式では喪服を着なくてよい?

お通夜のうちでも特に仮通夜は、亡くなった当日に行われるもので、取り急ぎ駆けつけなければなりません。

そのため喪服でなく、地味な服装であればよいとされています。

色・柄が派手なものや、ジーンズなどカジュアルすぎるもの、肌の露出が大きいものは避けましょう。

 

男性は仕事で着用するダークスーツでよいですが、その場合もネクタイ・シャツなどは地味なものにしましょう。

女性のストッキングは、肌色・黒の透明のどちらでも大丈夫です。

 

本通夜では、遺族は喪服、それ以外の方は平服でよいとされていました。

しかし近年では本通夜のみに参列する方が多くなったため、一般参列者でも喪服を着用するのが通例になってきています。

 

2.2 通夜式での男性の服装は?

本通夜では遺族や親族、一般参列者ともにブラックフォーマル(準喪服)を着用するのが一般的になりました。

男性の本通夜の服装は「ブラックスーツ」が一般的です。

 

ブラックスーツとは仕事で着用するダークスーツとは異なり、礼服に分類されるものです。

ブラックスーツはウール100%のものが多く、ポリエステル特有の光の反射がないため、漆黒です。

また、形もダークスーツとは違いゆったりとした作りで、裾の切れ目(ベント)がありません。

 

ジャケットはシングルでもダブルでも良いですが、ズボンの裾はシングルにします。

ワイシャツはブロード素材の白無地で、襟はレギュラーカラーまたはワイドカラーが良いでしょう。

カフスはシングル・ダブルのどちらでも良く、ダブルの場合のカフスボタンは黒い石で、留め具は銀を選びましょう。

 

ネクタイは黒無地でネクタイピンはつけません。

靴下も黒で、靴は黒のストレートチップまたはプレーントゥで、内羽根のものが良いでしょう。

 

<ストレートチップ・内羽根の靴>

出典元:https://www.ac-illust.com/

 

腕時計は黒の革ベルトまたは銀の金属製のもので、文字盤は地味な色のものを選びましょう。

 

2.3 通夜式での女性の服装・小物や身だしなみは?

女性の本通夜の服装もブラックフォーマルで、黒のワンピースやアンサンブル、スーツとなります。

フリルやレースなどは、華美すぎなければ良いとされています。

スカートは正座したときにひざが隠れる長さ、襟ぐりは大きく開かないもので、袖は五分~長袖を選びましょう。

 

パンツスーツは着用してはいけないわけではありませんが、少しカジュアルな印象ですので、スカートの方が無難です。

しかし足の悪い方や、高齢者、寒さの厳しい地域などの場合、パンツスーツでも問題ありません。

 

ストッキングは黒の透明のもので、靴は黒のプレーンなパンプスを選びます。

かかとの高さは3~5cmくらいが良いでしょう。

バッグは黒の布製で、小ぶりなハンドバッグが一般的です。

サブバッグとして、ナイロン製などの縦型B5ほどの黒のトートバッグを持っても良いでしょう。

 

髪は結べる長さがあれば後ろで1つに、耳より下の位置で結びましょう。

短い髪の場合はお辞儀をしたときに髪が落ちてこないように、ピンなどで留めてください。

 

メイクはするのがマナーですが、派手にならないように気をつけましょう。

ネイルは落とすか、ベージュなどの地味な色で隠してください。

アクセサリーは、真珠のネックレス(一重のもの)と結婚指輪ならつけてOKです。

 

2.4 その他に何を持って行けばよい?

他に持って行くべきものは、数珠、お香典と袱紗、ハンカチ、女性であれば替えのストッキング、状況によっては傘や扇子などです。

数珠は男女で色味や玉の大きさが違いますので、自分に合ったものを選びましょう(男女兼用も販売されています)。

宗派ごとの108玉の本式数珠が専門店で販売されていますが、これは特に信仰が深い方向けで、そうでない方は短い略式数珠でよいでしょう。

 

不祝儀袋(お香典)は袱紗(ふくさ)に包んで持って行きます。

弔事用の袱紗はグレーや紺、紫、深緑、灰緑、灰青などで、そのうち紫は慶事にも使える両用です。

袱紗はカードケースのような形状の金封袱紗、風呂敷状になっている爪付き袱紗、不祝儀袋を渡すときに乗せる台がついている台付き袱紗といった種類があります。

お香典が1~3万円なら金封袱紗を、3万円以上なら爪付き袱紗か台付き袱紗にしましょう。

 

ハンカチは黒が主流になってきています。

傘も黒やグレー、紺などの地味な色味のものが良いでしょう。

 

暑い季節に扇子を持つならこちらも黒を選びましょう。

それと、伝線したときのために、替えのストッキングは持っておくと良いですね。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket