通夜式の不安を解消!日程や流れ、服装・香典・焼香・受付の作法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

6.お焼香のやり方や順番は?

出典元:https://www.ac-illust.com/

 

お焼香は故人へのお供えであり、成仏を願う弔いの意味があります。

また、身体や心の穢れを浄化し、清浄な状態でお参りするための儀式です。

このように、仏式のお葬式ではとても重要なお焼香について、ここでは解説していきたいと思います。

 

6.1 お焼香の基本のやり方

お焼香は喪主から始まり、故人との関係性が近い順に行っていきます。

お焼香の前には、左手に数珠をかけておいてください。

自分の順番が来たら、祭壇に向かい、焼香台の手前で遺族に一礼します。

 

祭壇に向き直り合掌・一礼し、右手の親指・人差し指・中指で焼香をつまんでください。

その手を額の近くに近づけます。

この動作を「押しいただく」と言います。

 

押しいただいたら、焼香を香炉にくべ、もう一度合掌・一礼してください。

そして遺族に一礼してから自分の席に戻ります。

合掌のときの数珠は、左手の親指以外にかけるか、両手の親指以外にかけてください。

 

6.2 宗派ごとのお焼香のマナーは?

お焼香のやり方は、宗派によって少しずつ違っています。

自分の宗派のやり方なのか、喪家の宗派に合わせるのかについては、最近はどちらでも良いという傾向になってきています。

自分の宗派が分からないときは親戚などに、喪家の宗派が知りたいときは担当葬儀社に尋ねてみてください。

 

以下に宗派ごとのお焼香の作法をご紹介しますが、もし宗派が分からなければ基本のやり方でもよいですし、周囲のやり方に合わせても良いでしょう。

また、3回行うとされる宗派でも、参列者が多い場合は、時間短縮のために1回にするのがマナーです。

 

宗派 回数 押しいただく
かどうか
天台宗 決まりはない
(1~3回が多い)
決まりはない
真言宗 3回
浄土真宗
大谷派
2回
浄土真宗
本願寺派
1回
浄土宗 1または3回
日蓮宗 1回
日蓮正宗 1回または3回
曹洞宗 2回 1回目のみ
押しいただく
臨済宗 1回 決まりはない

 

6.3 お焼香だけで帰るのは失礼にあたる?

親族や、故人とよっぽど親しかった方などでなければ、通夜式のお焼香をしてすぐに帰るのは失礼なことではありません。

お焼香のあとすぐに帰る場合は、通夜式の開始15~30分前か、通夜式の終わった時間帯にお焼香をさせていただくのが良いでしょう。

通夜式の間は式の進行順がありますので、途中でお焼香をできない場合があります。

 

式次第や会場の都合などもありますので、会場または担当葬儀社に、何時くらいに行けばよいかを確認するとよいですね。

また、規模の大きめな通夜式では、一般参列者用の焼香台が別に用意されていることもあります。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7 8

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket