社葬を行うとき、社葬に参列するときに知っておきたい一般常識まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

企業の創業者や功労者などが亡くなった際には、「個人だけの葬儀」だけで終わらせることができません。

そのように企業の発展に尽くされた創業者や役員、業務遂行中に亡くなられた社員の功績を讃えるためにも、企業がご遺族と一体となって追悼する行事が社葬です。

今回は「社葬」に関する知識をご紹介。

身内、もしくは会社の関係で社葬に関わる可能性がある方はぜひご一読下さい。

1.社葬とは?

【画像】http://8mada.at.webry.info/201405/article_21.html

【画像】http://8mada.at.webry.info/201405/article_21.html

一般の葬儀の意義としては、死者を葬る儀式として行われていました

。葬儀は、宗教を中心として死者とのお別れを偲ぶ会とされ、死者を送りだすため、また残された者のために行われる儀式です。

一方で社葬の意義としては、故人を供養する儀式であると共に、企業経営上の「広報活動」という意味合いも持っています。

社葬を行うことで、企業はその存在意義を社会に認めさせることにも繋がります。

企業は、社葬を執り行う際、通常の業務とはまったく異なる儀礼を施行しなければなりません。

しかし、それが企業を結束させ、社内体制をより強固なものにする役割を果たすことになります。

また、社葬は、故人の関係者だけでなく、各界からの主要関係者が会する一大行事です。

それらの参列者に対して企業の組織力をアピールし、後継者を中心とした万全な体制を知らしめる場でもあります。

社葬の成功は、企業としての信用性を高めることにもなります。

しかし、逆に社葬が失敗した場合、ましてや経営トップの死に際して、企業が社葬を執り行わないとするならば、その企業に対する社会的評価の低下は非常に大きいでしょう。

社葬とは、企業の信頼性を知らしめる最も効果的な社外広報・アピールであり、その後の企業の経済活動を円滑にし、企業存続のノウハウを引き継いでいくために必要不可欠な儀式なのです。

社葬と一般葬の違い

一般的な個人葬では、弔問を受ける葬儀主催者である喪主と、葬儀の費用負担・運営責任者である施主が同一であることが大半ですが、社葬の場合は、喪主を遺族の代表者が務め、施主は企業となります。

また、葬儀委員長は企業の代表者が務めます。

2.社葬の種類

【画像】https://www.seigetsuki.co.jp/news/news_category/type7/

【画像】https://www.seigetsuki.co.jp/news/news_category/type7/

社葬は、企業が主催して行う葬儀です。

一般的な葬儀に比べ会葬者数が多く、おおむね大規模な葬儀が執り行われます。

社葬の種類は、普通一般の「社葬」の他にも、比較的自由度の高い「お別れ会」、「合同葬」があります。

以前、社葬は家族と親しい身内・友人だけで行う「密葬(家族葬)」の後で行われる、「本葬」として位置づけられていました。

しかし、ここ数年、社葬のあり方に変化が生じ、本来の本葬の形式から外れた、様々な形態での社葬が行われるようになってきています。

一般的な社葬

故人が亡くなった直後、ご家族の主催で近親者のみが参列する個人葬が行われます。

通常は個人葬の後、2~4週間ほどの間を置いて企業主催の社葬が実施されます。

個人葬と社葬の費用の分担については分けて行うのが通常ですが、個人葬においても企業がある程度負担する傾向が多くなっています。

「本葬」は、僧侶の読経が行われる葬儀式と、大勢の一般会葬者が会葬する告別式によって構成されます。

基本的には、社葬も宗教儀礼を尊重した本葬として位置づけられているため、故人を送る儀礼に重きが置かれています。

しかし、すでに密葬が済んでいるということもあり、近年では、社会的なプレゼンテーションの意味合いが強く、告別式に重きを置く社葬が増えてきました。

社葬を企画・運営する際には、「どのような社葬にするのか」というコンセプトが重要になります。

故人の企業への功績を世間に知らしめる目的、生前お世話になったことを故人になり代わって企業として謝意を表する目的、遺族への弔意を目的としたもの、トップが亡くなって以後の企業の新しい体制をプレゼンテーションする目的、など様々あり、そのコンセプトによって社葬の形式や規模も変わってきます。

※社葬執行の可否は、企業や団体の規模、故人の地位によって判断されますが、社葬まではいかないまでも企業がある程度の葬儀費用を負担したり、社員が労力を提供したりする「準社葬」という形式も一般的です。

合同葬

より自由度の高い「お別れの会」や、企業と遺族が合同で行う「合同葬」も広い意味で「社葬」といえます。

「合同葬」は個人的に行う葬儀と社葬を合同で行います。

また、2つ以上の企業や団体が合同で行う葬儀も合同葬と呼ばれます。

合同葬は、ご遺体を火葬するまでの全てが流れの中に入っているのが特徴です。

喪家の宗教・宗派で行うことが通常ですが、基本的には遺族との話し合いによって決められます。

葬儀費用についても、企業と遺族双方の話し合いによって決定されます。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket