家族葬(DIY葬)で葬儀費用を10万円以下に抑えてわかった6つの教訓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

安心してお葬式をしたいなら・・・
日本最安値のセット料金で話題になり多くのテレビ・雑誌で取り上げられたのが シンプルなお葬式 です。
搬送や火葬の費用、式場使用料など全て含んだ定額プランで14万8000円。 まずは公式サイトの一番下から資料請求をしましょう。
→詳しくはこちら

お葬式は、家族や大切な人の「死」という現実と向き合い、弔う大切な儀式です。

その葬儀の種類には様々なものがあり、昨今では特に葬儀の「かたち」を選べる時代になってきました。

様々な葬儀の形がある中で、今回ご紹介するDIY葬とは、「Do It Yourself」葬の略で、つまりは「葬儀業者に頼らず、葬儀のすべてを自分たちの手で行う葬儀」のことです。

このページでは、家族葬(DIY葬)で葬儀費用を10万円以下に抑えるための教訓と題しまして、葬儀のかたちや低価格でDIY葬を行う上での教訓をご紹介していきたいと思います。

教訓その1 葬儀の種類を知る

【画像】http://www.ashinari.com/2010/06/13-337579.php

【画像】http://www.ashinari.com/2010/06/13-337579.php

まず初めに、一般知識として葬儀の種類や特徴をご紹介します。

1.一般葬

一般葬とは、身内の方を始め、ご近所にお住まいの方や、故人の勤められていた会社の方々など、故人と生前に関係のある方を呼ぶタイプの葬儀をいいます。

葬儀の内容としては、「通夜」、「葬儀式」、「告別式」、「火葬」があります。

「通夜」とは、亡くなった家族や知人への思い出を語り合ったり、死を偲ぶための儀式です。

「葬儀式」とは、遺族やごく親しい知人が中心となって故人の冥福を祈り、魂を浄土に送るために行われる儀式です。

宗教的な意味合いが強く、僧侶が読経を行うなど、しばしば宗教儀礼によって執り行われます。

「告別式」とは、遺族や友人・知人などが故人と最後のお別れをする社会的な式典とされています。

「火葬」とは、ご遺体を葬るための処理の一つで、遺体を焼却することでです。

そのほかにも、祭壇の飾りつけや、流す音楽に工夫をしたり、ビデオや記念コーナーを設置するなどして、故人の個性を表現した形の葬儀を行うことがあります。

このように、葬儀の内容や参列者数などに応じて式場選びを行う必要があります。

また、一般葬においては、お香典の風習が残っている場合が一般的であり、お香典を受け取った場合には、お返しをする必要があります。

2.家族葬

特に参列者を呼ぶことはなく、家族、親族やしたしい友人などの身内のみで執り行うタイプの葬儀をいいます。

1つ1つの葬儀の形式がシンプルなものが多いのが特徴です。

また、参列者に気を使うことがないため、じっくりと故人とお別れをすることができます。

一般葬との違いは、参列者の有無であり、儀式の内容を省くというようなことは基本的にはありません。

会場も自宅で執り行う場合や、自宅から離れた式場で執り行う場合など、様々なかたちがあります。

家族葬の場合、身内だけで葬儀を行うという意味合いから、お香典を辞退するケースが増えています。

3.日葬

一日葬とは、通夜を省き、「葬儀」、「告別式」、「火葬」のみを1日で執り行うタイプの葬儀をいいます。

日数が少ないため、通常の葬儀と比べ身体的な負担も軽くなるという特徴があります。

また、遺族や親族が仕事の休みを取りにくい場合や、遠方に暮らす人が多い場合などで2日間のお葬式は難しいという場合に、短い時間でお別れができるのが特徴です。

4.直葬(火葬式)

直葬とは「通夜」、「葬儀」、「告別式」などの儀式を一切省き、火葬のみを行うタイプの葬儀をいいます。

別名を「火葬式」ともいいます。

葬儀に費用をかけたくない、高齢で亡くなったため呼べる親族・知人がほとんどいない、仏教離れにより儀式としての葬儀の重要性が薄れたという場合に選ばれるのが特徴です。

直葬は、通常の葬儀に比べて安価なのが特徴ですが、直葬の場合においても、細かくいうと亡くなった場所からの搬送、納棺、安置、死亡診断書の提出と火葬埋葬許可書の取得、火葬が必要です。

直葬は、経済的に葬儀を行う余裕がない方にとっても、残された遺族に負担をかけたくない方にとっても、存在意義のある葬送方法です。

直葬の際にお寺さんにお経を読んでもらうこともできます。

5.無宗教葬

宗教者を招かずに、宗教にとらわれず自由な形で行うタイプの葬儀をいいます。

葬儀というよりも、追悼式というべき葬儀形式で、焼香の代わりに献花を行い、祭壇には花と遺影を飾り、音楽を流すなど、宗教から離れた自由な形で行われる葬儀です。

無宗教葬にも様々なかたちがありますが、最近特によく聞かれるようになってきたのが「お別れの会」です。

お別れの会とは、主にホテルやレストランなどを会場として行われることが多いようです。

通常、ホテルでは遺骨の持ち込み、焼香、読経などが許されない場合が多く、葬儀に際して参列者・主催者ともに喪服を避け平服を着用するなど、「お別れの会」は、宗教色のある葬儀とはまた違った、パーティーのような形式が一般的です。

教訓その2 DIY葬のコンセプトを考える

【画像】http://www.ashinari.com/2011/09/20-350490.php

【画像】http://www.ashinari.com/2011/09/20-350490.php

今回は、家族葬、さらにDIY葬ということで、しかも10万円以下という価格で葬儀を行うわけですから、価格を抑えるための葬儀のコンセプトをまず事前に考えていく必要があります。

葬儀のかたちは法律で決まっているわけではないため、上述の葬儀の種類にはとらわれず、予算を考えて自分で葬儀をプロディースしていくことがたいせつです。

1.必要最低限の儀式で、家族のみで行う

一般葬や家族葬、一日葬の場合、上述した通り、「通夜」(一日葬は除く)、「葬儀式」、「告別式」、「火葬」などの様々な儀式を行うのが一般的ですが、10万円という予算の中で、これだけの儀式を行うことは到底難しいとお分かりいただけるかと思います。

よって、それらの儀式を省き、必要最低限の儀式を行います。

上述の中では直葬という葬儀のかたちが一番近いものになります。

<< 次ページへ続きます >>
重要:本当に安心してお葬式をするなら
日本最安値のセット料金で話題になり多くのテレビ・雑誌で取り上げられたのが シンプルなお葬式 です。
搬送費用、火葬費用、式場使用料など一般的には追加費用とされてものも全て含んだ定額プランで14万8000円。 日本全国400か所で対応して貰うことができます。
→詳しくはこちら

人気記事ランキング


1 2 3 4 5 6

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket