家族葬って私が参列してもいいの?判断するポイントをまとめました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

安心してお葬式をしたいなら・・・
日本最安値のセット料金で話題になり多くのテレビ・雑誌で取り上げられたのが シンプルなお葬式 です。
搬送や火葬の費用、式場使用料など全て含んだ定額プランで14万8000円。 まずは公式サイトの一番下から資料請求をしましょう。
→詳しくはこちら

ここ最近、宗教や冠婚葬祭に対する考え方の多様化が進む中でさまざまな葬儀が執り行われるようになりました。
通常行われる一般葬に加え、密葬、音楽葬や自由葬、自然葬、生前に行う生前葬など種類は様々あります。

その中で近年増えているのが「家族葬」
冠婚葬祭にかける費用が減っている現在、この「家族葬」を選択する人も増えているようです。

名前だけは何となく聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか?
しかし実際にどのようなものが家族葬で、一般葬と何が違うのか?
果たして自分が参列していいものか分からないといった声も多いのも事実です。

 

今回の記事では、家族葬の特徴から参列基準、注意するべき点など葬儀に参列する人目線でお伝え致します

故人にとってはたった一度の最初で最後の大切な葬儀です。
また、ご遺族にとっても悲しみを癒すための大切な儀式となります。失礼のない様に一般常識として知っておきましょう。

1.家族葬に対する疑問

ここで世間の皆さんが抱えてる家族葬に関する疑問の声を見てみましょう。

家族葬だと一般葬よりも様々な疑問の声が多いですね。
やはり、葬儀に参列するべきなのか?という疑問は多いようです。

香典や弔電を送りたいのだけど、一般葬と同じ手続きで良いのか?という声もありました。
また、友人だと家族葬に出席できないため、お別れをしたいのにできないという声もあります。

上記より、家族葬を選択する遺族は増えている中、まだまだ世の中の慣例として家族葬が浸透していないというのが分かります。

さらに、遺族の立場としては一般葬で見送ってあげたいけど、故人の遺志は家族葬なのだがどうしたら良いのかという声もありました。

何を優先させるべきか、残された遺族でお悩みになられる方は多いようです。

葬儀の多様化や近所や親戚付き合いの減少に伴い、これからさらに家族葬の需要は高まっていくこととなるでしょう。

2.家族葬とは?

家族葬

そもそも「家族葬」とはどういったものでしょうか。

実は明確な定義はありません。
何となく「家族だけが参列する式」ということだけは分かりますが、一般葬との違いははっきりわかる人は少ないと思います。
葬儀会社によっても多少の違いはありますが、ここでは大きく分けて二通りの意味で扱います。

2-1.家族のみで執り行うという意味の「家族葬」

文字通り、「家族」のみで行う葬儀のことです。
宗教や儀式などの形式にとらわれず、家族だけで個人を偲びお別れをすることに重点をおいて行うことができます。
基本的には友人・知人、同僚等には声をかけません

家族葬の葬儀では形式にとらわれないため、祭壇や式自体も好きなようにアレンジすることができます。
例えば、故人の生前好きだった愛用品や趣味や仕事に関するもので祭壇をかざったり、好きな音楽をかけて見送ることもできます。
具体的には、湿っぽいのは嫌だからと立食パーティーのような式にした方もいますし、バラが大好きだった故人のために真っ赤なバラで祭壇をかざったような式をした方もいるようです。
家族だけで派手な衣装で故人の好きだった音楽をかけて見送ったり、好きな野球球団のはっぴを着て家族で歌を歌いながらお見送りしたり…。
様々な葬儀を故人らしく作り上げることができるのです。
とは言え、一般葬と同様、仏式の僧侶に読経をお願いすることもありますし、故人の遺志をくんで祭壇を豪華にすることもあります。

また、家族葬では香典を受け付けない場合も多いです。
ですから、決して家族葬=葬儀費用が安い葬儀という認識ではありません
一般葬のように香典で埋め合わせすることはできませんから、総額は少なくても全額家族負担となります。
しかしながら、故人らしい葬儀が行えるということは大変すばらしいことであり、それが人気の要因の一つと言えるでしょう。

また、一般葬では精進落とし等の飲食費や返礼品は、ある程度参列者数を予測して用意しておきますが、「家族葬」ではそのような配慮はしません。
参列者数は家族だけなので確定しているからです。
ですので、予算の面から言うと予測が立てやすいという一面もあります。
見積もり通りの金額という安心感も人気の一つだと考えられます。

2-2.小規模な葬儀という意味の「家族葬」

「家族葬」が形式のとらわれず、故人らしい葬儀をするというのは前述の通りです。
しかし、家族以外にも特に親しかった友人を呼ぶという場合も「家族葬」と言います。それはつまり、形式のとらわれない故人らしい小規模な葬儀という意味合いです。

小規模な葬儀というと、ある疑問がでてきます。

「密葬とはどう違うの?」

確かに密葬も小規模の葬儀のことです。
さらに、家族以外も呼ぶのならこちらと同じなのでは?という疑問がでてきます。
実はこの家族葬と密葬、多少の違いがあるのです。
次の項では家族葬と密葬の違いについて詳しくお伝えします。

<< 次ページへ続きます >>
重要:本当に安心してお葬式をするなら
日本最安値のセット料金で話題になり多くのテレビ・雑誌で取り上げられたのが シンプルなお葬式 です。
搬送費用、火葬費用、式場使用料など一般的には追加費用とされてものも全て含んだ定額プランで14万8000円。 日本全国400か所で対応して貰うことができます。
→詳しくはこちら

人気記事ランキング


1 2

人気の検索キーワードTOP10


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket