何を基準に選ぶ?葬儀社の選び方と人気ランキングのまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

安心してお葬式をしたいなら・・・
日本最安値のセット料金で話題になり多くのテレビ・雑誌で取り上げられたのが シンプルなお葬式 です。
搬送や火葬の費用、式場使用料など全て含んだ定額プランで14万8000円。 まずは公式サイトの一番下から資料請求をしましょう。
→詳しくはこちら

お葬式における葬儀社の役割は大きくなっています。

葬儀社を簡単に選んでしまったらずっと後悔してしまうことになるかもしれません。

今回は、もしもの時のためにご参考頂きた「葬儀社の選び方」そして「葬儀社人気ランキング」をご紹介します。

数多く存在する葬儀社の中からいつ選ぶことはなかなか難しい事です。

心のこもった葬儀を行う為には大きい小さいなど規模にとらわれずに良い葬儀社を選ぶことが大切といえます。

万が一の時のことを考え事前にどのような葬儀形態がいいのかを家族と相談し、それに見合った葬儀社を選んで、担当者に相談しておくと、いざという時に慌てなくても対応出来ますよ。

1.葬儀社の種類を知ろう

【画像】http://家族葬費用相場.net

【画像】http://家族葬費用相場.net

1-1.営業ルートによる葬儀社分類

 葬儀社は、営業ルートにより大きく4分類できます

1:病院や警察署などからの紹介を受ける葬儀社

2:販売店により生前から会員を営業する互助会

3:地元の口コミやチラシにより営業する老舗葬儀社

4:口コミやインターネットにより営業する新興葬儀社

1-2.病院や警察署などから紹介を受ける葬儀社

最近では、病院や警察署の紹介で葬儀社を決定する方は少なりました。

病院や警察に出入りするために入札等があり葬儀社としても多額の費用を使っているので、病院や警察署などから紹介を受ける葬儀社は葬儀本体費用が高くなりがちです。 

1-3.販売店により生前から会員を営業する互助会

20年前ほどから葬儀のために積み立てを勧める互助会がブームとなっていますが、トラブルが相次いだことから首都圏では下火になりつつあるようです。

積み立てとは言いながら、「積立総額が数十万しかならない」、「積み立てたお金が斎場建築費用や営業手数料に回ってしまって、葬儀にはお金が回らない」、など数多くのトラブルがあります。

互助会に加入されている方の場合、葬儀社が互助会解約を手伝ってくれる場合も多いので再考の余地が大きいといえるでしょう。

1-4.地元の口コミやチラシにより営業する老舗葬儀社

昔から町にある葬儀社ですが、最近は葬儀施行件数の減少や跡継ぎ不在で社数としては減少傾向にあります。

従来は「葬儀本体費用が高い」というイメージもあり、敬遠されがちでした。

依頼者の視点で案内して貰える葬儀社もあれば、地元の会葬者が多い場合など検討の余地があります。

1-5.口コミやインターネットにより営業する新興葬儀社

インターネットでの案内に力を入れる葬儀社が増えてきました。

公営斎場や、民間斎場寺院斎場、を積極的に利用しますので、葬儀本体費用は安価になりますが、実体がよくわからないので不安の方も多いようです。

葬儀支援ネットでは、こうした新興葬儀社のなかでも施行実績と葬儀本体費用を確認したうえで、みなさんに葬儀社をご紹介いたします。

2.利用する斎場による葬儀社分類

【画像】http://www.kikuyo-sougi.jp

【画像】http://www.kikuyo-sougi.jp

 

また、葬儀に利用する斎場によっても葬儀社を分類できます。

1:自社斎場を所有し、自社斎場のみで施行する葬儀社

2:自社斎場を所有するものの公営斎場、民間斎場、寺院斎場を積極的に利用する葬儀社。

3:自社斎場を所有せず、公営斎場、民間斎場、寺院斎場、でのみ葬儀を施行する葬儀社。

葬儀社支援ネットでは、公営斎場や、民間斎場、寺院斎場を利用する葬儀社をお勧めします。

自社斎場を強引に勧める葬儀社の場合、斎場利用料が無料だとしても、結果として葬儀費用が高くなりがちだからです。

3.葬儀社に連絡する前に

いざ葬儀という実態に直面したときに、あわててしまうのはしかたないことなのですが、葬儀社に連絡する前にしなくてはいけないものがあるのです。

3-1.ご遺体の安置場所を決める

http://0120-20-7820.com/index.php?last_home

http://0120-20-7820.com/index.php?last_home

亡くなってから時間は火葬してはいけないと法律で決まっており、24遺体は最低でも一日安置する必要があります。

そのため葬儀の内容を決めていく際に安置方法は必ず決める必要があります。

しかし、事前にどういった方法があり、そういう選択をしていけばいいのか知る方は少ないのではないでしょうか。安置する方法として以下3つからの方法を選ぶことになります。

・自宅安置

・斎場・葬儀社の安置所

・民間の遺体保管所

それぞれの安置方法によって遺族にかかる負担や必要な費用、注意点などは異なるので、検討する際はしっかり把握したうえで選ばなくてはなりません。

そのときになって最も適切な安置方法が選べるよう、安置方法ごと特徴や費用を紹介します。

<< 次ページへ続きます >>
重要:本当に安心してお葬式をするなら
日本最安値のセット料金で話題になり多くのテレビ・雑誌で取り上げられたのが シンプルなお葬式 です。
搬送費用、火葬費用、式場使用料など一般的には追加費用とされてものも全て含んだ定額プランで14万8000円。 日本全国400か所で対応して貰うことができます。
→詳しくはこちら

人気記事ランキング


1 2 3 4 5 6

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket