義父の葬儀をしてわかった9つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

安心してお葬式をしたいなら・・・
日本最安値のセット料金で話題になり多くのテレビ・雑誌で取り上げられたのが シンプルなお葬式 です。
搬送や火葬の費用、式場使用料など全て含んだ定額プランで14万8000円。 まずは公式サイトの一番下から資料請求をしましょう。
→詳しくはこちら

あなたは、喪主または喪主に準じる立場で葬儀をだしたことがありますか。

葬儀をいくつか経験し、事前に知っておけばよかった・・・と思うことはたくさんあります。

そこで今回、葬儀を行う前に確認しておきたい9つのポイントを、義理父を亡くされた方の体験談を基にご紹介。

何かあった時のためにしっかり押さえておきましょう。

1.葬儀社を決める

【画像】https://dot.asahi.com/aera/2016081200126.html

【画像】https://dot.asahi.com/aera/2016081200126.html

大切な人を亡くして悲しみにいっぱいの時に、すぐに手を打たなくてはならないのが葬儀社の手配です。

葬儀社に火葬場の予約をしてもらってからでないと、葬儀の日程が決められません。日程と場所が決まってから、親戚や故人の友人に連絡することになります。

義父の葬儀の手配は、義父が亡くなってからのスタートでした。一番にしなくてならない葬儀社の手配から、我が家はつまずいてしまいました。

私たち家族は信仰を持っていて、その信仰と関連している葬儀社に依頼することが家族間の暗黙の了解になっていたのです。

 

どの葬儀社に依頼しても、宗派に合わせて執り行ってくれるのですが、信仰と関連のある葬儀社と異なり、スムーズではない点があります。

義父の入院していた病院が、ある葬儀社と提携していたのでした。義母の記憶があいまいなのですが、看護師さんとの会話で「葬儀社と連絡しておきますね。」との会話があったのでしょう。

取り乱していた義母が、承諾した形になっていたに違いありません。病院から連絡を受けて葬儀屋さんが訪ねてきた時に初めて、ここに頼むつもりはなかった事に気がつきました。

慣習があるらしく、一旦相談にのってもらったら他の業者には変えられないことを初めて知りました。

まだ亡くなっていないうちから葬儀関係の話をするのは不謹慎のようですが、病院に「もしもの時は、決めている葬儀屋さんがある」と言っておくのは、とても大切なことです。

「病院で亡くなられた場合、皆様の医師と関係なく葬儀社がよばれてしまうことが実際にあります。その際は、「決めているところがあります」と、はっきり意思表示をしましょう。

「搬送だけなら病院にお任せしても良いかな」と感じても確認が必要です。

病院に出入りしている葬儀社は、白衣を着ていることがあります。

 

話をしていた相手が実は葬儀社だったという事例が多くあり、依頼すると余計な費用がかかってしまうこともありますのでご注意ください。

葬儀社選びの失敗を先に披露してしまいましたが、最初に決めるべきことは、どんな形式で葬儀を行うかです。

義父が亡くなった時は、一般的な葬儀が主流で「家族葬」というものがあることすら知りませんでした。家族葬の他にもいろいろな葬儀があるのでご紹介します。

1-1葬儀の種類

【画像】https://www.sakouju.jp/carenews/koureisyayakedo/

①   一般葬

多くの人が行っているのが一般葬です。

家族や親せき、故人の友人や近所の方が、通夜・告別式に参列して故人を送ります。

②   家族葬

一般的な葬儀を、遺族や身内だけで執り行うことを言います。

③   密葬

親しい間柄(近親者)の方のみで行う、小規模な葬儀です。

後に本葬が営まれる場合もあります。

④   直葬

通夜や告別式をせずに火葬のみで済ませる葬送法です。

僧侶を招き、火葬炉の前で簡単なお別れの儀式をする場合もあります。

⑤   一日葬

通夜法要をしないで、一日で火葬まで終わらせる葬儀です。

最近この一日葬を選ぶ方が増えてきて、自宅で営まれることが多いようです。

⑥   友人葬

僧侶を招かず、親族や友人などで行う葬儀の事です。

⑦   音楽葬

故人が好きだった楽曲を生で演奏したりCDなどを流したりして執り行うものです。今までの形式にとらわれない 自由葬のひとつです。

その他、社葬や合同葬、国葬などもあります。

祖母が亡くなった時は直葬でした。

祖母が高齢で兄弟も他界している、遠方の親戚とはつきあっていないことから直葬を選びました。かかった費用は、約30万円でした。

故人の交友関係や社会的な立場、喪主の社会的な立場によって選ぶ葬儀が違ってくるのは言うまでもありません。

 

参列者が多いと予想されるのに家族葬にして、後日自宅に多くの人が押し寄せてくるようでは、葬儀がおわっても心身ともに休むことができません。

親戚の例ですが、故人はまだ若いのに急死してしまい、悲しみのあまり心の整理がつきませんでした。

小さな会場で一般葬をしめやかに行うことになりました。

ところが、連絡もごく一部に留めたのに、故人と故人の子供達の交友関係が広かったのでたくさんの参列者があったのです。

葬祭場の駐車場も足りなくて大変でした。葬儀の形式と斎場を決めるのに、参列者がどのくらいになるか(数を予想するのは難しいのですが)も考慮しなくてはならないポイントです。

私たちは、信仰をもっているので依頼する葬儀社は、数社しかありません。義父の時には、不満の方が多い葬儀社でしたので、葬儀社の選び方をここで紹介します。

1-2.葬儀社の選び方

【画像】http://www.irasutoya.com/2013/01/blog-post_4555.html

葬儀社には、

<< 次ページへ続きます >>
重要:本当に安心してお葬式をするなら
日本最安値のセット料金で話題になり多くのテレビ・雑誌で取り上げられたのが シンプルなお葬式 です。
搬送費用、火葬費用、式場使用料など一般的には追加費用とされてものも全て含んだ定額プランで14万8000円。 日本全国400か所で対応して貰うことができます。
→詳しくはこちら

人気記事ランキング


1 2 3 4 5 6

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket