「お悔やみ申し上げます」の正しい意味と使い方、それ以外のNGな言葉とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

安心してお葬式をしたいなら・・・
日本最安値のセット料金で話題になり多くのテレビ・雑誌で取り上げられたのが シンプルなお葬式 です。
搬送や火葬の費用、式場使用料など全て含んだ定額プランで14万8000円。 まずは公式サイトの一番下から資料請求をしましょう。
→詳しくはこちら

お悔やみ文のルールは説明致しましたが、ではどういった文で送信をすれば良いのか…パターン別に例文もご紹介いたします。

10-1.取引先に送るお悔やみメール

件名:

〇〇株式会社〇〇より お悔やみ申し上げます

本文:

〇〇株式会社〇〇様 いつもお世話になっております。この度は〇〇様の訃報を伺い、たいへん驚いております。

本来であれば、弔問にお伺いすべきところではございますが、都合でご葬儀にお伺いできず申し訳ありません。 メールにて甚だ恐縮でございますが、〇〇様のご冥福心よりお祈り申し上げます。」

10-2.親しい人に送るお悔やみメール

件名:

〇〇よりお悔やみ申し上げます

本文:

〇〇様のご逝去を知り、メールを送りました。

心からお悔やみ申し上げます。お手伝いできることがあれば、なんでも協力するので言ってくださいね。

どうか無理だけはせず、お身体大事になさって下さい。

それだけが心配です。○○様のご冥福を心より祈っています。

10-3.同僚に送るお悔やみメール

件名:

○○よりお悔やみ申し上げます

本文:

○○様のご逝去にあたり心からお悔やみ申し上げます。

何かと大変な事もあるかとは思いますが、こちらのことは心配せず安心してそちらに専念なさって下さい。

私でお役に立てることがありましたら、御遠慮なくお知らせ頂ければと思っています。

○○様のご冥福心よりお祈り申し上げます。なお、御用がなければ返信は不要ですので、お気遣いなく。

11.お葬式に行けない場合のお悔やみマナー

画像URL:http://www.photo-ac.com/main/search?q=%E3%81%8A%E6%82%94%E3%82%84%E3%81%BF&qt=&creator=&nq=&srt=dlrank&orientation=all&sizesec=all&crtsec=all

画像URL:http://www.photo-ac.com/main/search?q=%E3%81%8A%E6%82%94%E3%82%84%E3%81%BF&qt=&creator=&nq=&srt=dlrank&orientation=all&sizesec=all&crtsec=all

前文にてメールでのお悔やみをご紹介しましたが、メールはあくまで略式のため、正式にはお葬式に行けない場合は、「弔電」「香典」を送るのがマナーとなります。

11-1.弔電の送り方

弔電を送る際は、インターネットの「弔電サービス」もしくはNTTの115番にて申し込みが可能です。
料金は電報の場合手紙とは違い文字数で値段が決まるため、一概には言えませんが約1000~3000円が一般的と言えます。

送る際は、お葬式をする会場に届くようにしましょう。文章は自分で考えるのもいいですが、あらかじめ決まっている文章を選択する方が多くいます。

オプションとして、「押し花」「線香付き」等もありますが、無いからといって失礼に当たると言ったことはないので、お好みで選択することをオススメします。

11-2.弔電やお悔やみの文章を送る際の敬称

弔電やお悔やみの言葉の文章では、一般的な「お父さん・お母さん」といった敬称は使用せず、

  • お父さん→お父様、ご尊父様
  • お母さん→お母様、ご母堂様
  • 祖父→ご祖父様
  • 祖母→ご祖母様
  • 夫→ご主人様
  • 妻→ご令室
  • 息子→御子息様
  • 娘→ご息女様、ご令嬢様
  • 兄→御兄様、または名前で○○様
  • 姉→お姉さま、または名前で○○様
  • 弟→御弟様、または名前で〇〇様
  • 妹→御妹様、または名前で〇〇様

と言うように書きましょう。

11-3.香典の送り方

お葬式に参列ができない場合は、一般的に弔電を打ち「供花等のお供えを注文する」もしくは「香典を送る」と言った手配をするのがマナーとなります。

香典を送る際は、必ず「現金書留」で郵送し、一緒に「お悔やみの手紙」も同封します。

11-4.香典の金額の決め方

お香典に入れる金額は、故人との関係性によって値段は違うが一般的には

  • 両親の場合は5万~10万円
  • 兄弟の場合は3万~5万円
  • 祖父母の場合は1万~5万円
  • 叔父、叔母の場合は1万~5万円
  • その他の親戚の場合は1万~3万円
  • 知人・友人の場合は5千~2万円

が相場となります。
ご注意いただきたいのは「4万円」「4千円」など「4」の付く数字は「死」を連想させるため、絶対に避けましょう。

11-5.香典袋の選び方

香典を送る際、必ず現金書留の袋に「香典袋」に現金を入れて送りましょう。

香典袋を選ぶ際は、「結びきり」「あわじ結び」の水引を選択します。「リボンタイプ」の水引は何度も解き結ぶことが出来るため「何度も繰り返す」ということを連想させてしまうので、必ず解けない「結びきり」を選択しましょう。

<< 次ページへ続きます >>
重要:本当に安心してお葬式をするなら
日本最安値のセット料金で話題になり多くのテレビ・雑誌で取り上げられたのが シンプルなお葬式 です。
搬送費用、火葬費用、式場使用料など一般的には追加費用とされてものも全て含んだ定額プランで14万8000円。 日本全国400か所で対応して貰うことができます。
→詳しくはこちら

人気記事ランキング


1 2 3 4 5 6

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket