葬儀屋さんはどこを選ぶ?特色を解説した葬儀屋一覧まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

安心してお葬式をしたいなら・・・
日本最安値のセット料金で話題になり多くのテレビ・雑誌で取り上げられたのが シンプルなお葬式 です。
搬送や火葬の費用、式場使用料など全て含んだ定額プランで14万8000円。 まずは公式サイトの一番下から資料請求をしましょう。
→詳しくはこちら

誰もがいずれは経験しなければならない大切な人との別れ。

悲しみをこらえ、亡くなった「大切な人」のために、最期のはなむけとして、よりよい葬儀をしてあげることが、残された者の役割ではないでしょうか。

今回は、葬儀屋についてご紹介。

訃報があってから葬儀屋について調べる時間はないといっても過言ではないため、何かあった時のために、是非一度確認しておくことをオススメします。

1.突然訪れる「その日」に備えて

【画像】https://www.heiansaiten.com/knowledge/sanretsu/8.php

【画像】https://www.heiansaiten.com/knowledge/sanretsu/8.php

突然訪れる「その日」に、煩雑な手続きに追われ、葬儀に関する日頃の知識不足や情報不足の状態のまま、葬儀費用面だけで葬儀屋を選んでしまう方が非常に多いというのが現状といえます。

その結果、無事に葬儀は終えたものの、「何か納得がいかない」や、「この葬儀で無事にお見送りできたのだろうか?」などと、後悔される方も後をたちません。

このような、後悔や納得がいかない葬儀をするようなことを避け、大切な故人の最期の旅立ちを残された者たち全員でお見送りするために、葬儀に関する正確な情報を選択し集める必要があります。

安心で納得のいく葬儀屋を選ぶために、一番大事な費用面、そして実際の葬儀での体験をもとにした、各葬儀屋の対応面やサービス面などのさまざまな情報を収集し分析しました。

後悔しない、故人と残されたご家族が満足できる葬儀屋選びのお手伝いができれば幸いです。

2.葬儀の準備

【画像】https://upin.jp/15658

【画像】https://upin.jp/15658

通夜や葬儀の準備を進めるにあたって、まず葬儀の主催者である喪主を遺族が協議のうえで決定します。

喪主は遺族の代表者であり、故人に代わって弔問を受ける大切な役割を担うことになり、後に年忌法要なども主催することになります。

喪主が決まると、次は葬儀社を決定します。

遺族が望む葬儀を執り行ってくれるということを大前提としながらも、費用に関しても良心的な葬儀屋を選ぶ必要があります。

葬儀屋は葬祭専門の業者以外に、互助会や生活協同組合、各地方自治体などがあります。

それぞれに良いところ、悪いところがあるので、しっかりと比較し検討しなければなりません。

3.葬儀屋を選ぶ際にチェツクする6つの項目

【画像】http://mama.bibeaute.com/article/16213/

【画像】http://mama.bibeaute.com/article/16213/

料金体系が不明瞭な葬儀屋は問題外といえます。ま

た、希望していないにもかかわらず、不必要なサービスを無理矢理押し付けてくる業者もありますので、慎重に選択することが大切です。

□ 対応が誠実で、ていねいであるか?

・事前の相談時から、遺族の立場にたって、寄り添い事情や希望などをしっかりと聞いてくれるか?
・電話での応対や直接対応での言葉づかいに誠実さはあるか?
・身だしなみは清潔で好感がもてるか?

□ 予算に応じてた葬儀を設定してくれるか?

・「セット」押し付けることなく、臨機応変に対応してくれるか?

□ 葬祭ディレクターはいるか?

・葬祭ディレクター技能審査(厚生労働省認定)に合格した葬儀のプロがいるか?
*「葬祭ディレクター」とは?:葬祭業界に働く人の知識と技能レベルを審査し、証明するための資格。

□ 料金体系が明確であるか?

・葬儀費用に関して「葬儀一式」という記載だけでなく、細かい内容まで説明されているか?
・内訳明細のある見積もり書をだしてもらえるか?
・葬儀終了後に見積もり額が割り増しされるようなことがないか?

□ 評判どおりの実績があるか?

・長期間にわたり地元で実績を積み、よい評判を耳にするか?

□ 個人情報守秘義務は遵守しているか?

・日本葬儀情報管理協議会認定制度「P・I・P」に認定されているか?
*「P・I・P」とは?:個人情報などを適正に管理するように啓発、普及することを目的とした日本葬祭情報管理協議会が認定する制度。

4.葬儀業者の種類について

葬儀業界は、近年新規参入の葬儀社が増加し、競争が過熱しております。

故人や遺族の希望や諸事情にそった、満足のいく葬儀プランを提案してくれる葬儀屋に出会うことがとても重要となります。

また、日々遺族の要望も多種多様化しており、それに合わせて葬儀屋もさまざまなカタチのサービスを提供するようになってきているので、前もって各葬儀屋の情報を収集し把握しておくことも大切です。

誰も望まない「その日」は、突然訪れます。大切な人が亡くなり、次から次へと決めなければならないことが出てきます。納得のいく葬儀を行うためにも、前もって下調べを行っておくことも必要です。

5.葬儀社比較の仕方

【画像】http://hacoa-wedding.com/monosashi.html

【画像】http://hacoa-wedding.com/monosashi.html

葬儀屋を比較する際の一番の目安は価格です。ただ単に表面上の価格のみを比較してもダメです。

なぜなら各葬儀屋の見積もり価格が同じ条件でないと意味がないからです。

各葬儀屋を同じ条件のモノサシで比較し検討するためには・・・

その1.複数の葬儀屋から見積もりを取ります。

その際に、次の3つの項目について、同じ内容の条件を各葬儀社に提示する必要があります。

①葬儀の場所(どの斎場を利用するか?)

②葬儀の規模(会葬者の来場予定人数はどれくらいか?)

③葬儀の内容(宗教やサービスの質は?)

開催する斎場が異なっていたり、会葬者の人数がまちまちでは正確な比較はできません。この3項目を統一して見積もりの依頼をするようにしましょう。

その2.葬儀費用を細分化します。

取り寄せた見積もり明細から、7項目に葬儀費用を細分化すると、さらに正確な比較をすることが可能となります。

①葬儀基本費用

項目②~⑦以外の費用は基本すべてこの中に含まれます。葬儀屋の利益の大半はこの部分からなり、その内訳は次のとおりです。

・枕飾り、納棺および遺体の衛生管理
・祭壇の準備および設営
・遺影の準備および設置
・通夜、葬儀、告別式の企画および進行管理
・会葬礼状等、印刷物の準備および手配
・斎場の斡旋および紹介
・僧侶、神主、神父(牧師)などの斡旋および紹介
・死亡届、火葬許可申請書などの提出手続きの代行
・死亡広告の手配
・斎場の内外の準備および受付の設置
・斎場内外および受付の撤収作業
・返礼品の手配
・通夜ぶるまい料理、葬儀弁当などの手配
・喪服の貸し出し
・供花、供物、花輪などの手配および装飾
・火葬場の手配および同行
・後飾りの設営
・・・などです。
②車両費用

<< 次ページへ続きます >>
重要:本当に安心してお葬式をするなら
日本最安値のセット料金で話題になり多くのテレビ・雑誌で取り上げられたのが シンプルなお葬式 です。
搬送費用、火葬費用、式場使用料など一般的には追加費用とされてものも全て含んだ定額プランで14万8000円。 日本全国400か所で対応して貰うことができます。
→詳しくはこちら

人気記事ランキング


1 2 3 4 5 6

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket