葬儀での数珠の選び方/正しい葬儀のマナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

安心してお葬式をしたいなら・・・
日本最安値のセット料金で話題になり多くのテレビ・雑誌で取り上げられたのが シンプルなお葬式 です。
搬送や火葬の費用、式場使用料など全て含んだ定額プランで14万8000円。 まずは公式サイトの一番下から資料請求をしましょう。
→詳しくはこちら

近しい人との別れの儀式「お葬式」。

お葬式は故人との最後のお別れをする場です。
一番重要な事それは故人を悼む思いですが、故人と遺族の前に参列する儀式には決まり事であるマナーがあります。
今回は、その葬儀の中で人が仏にむかう時に使う唯一の仏具といわれる「数珠」。
その扱い方また宗派ごとの違いや念じ方などや葬儀のマナーについてご説明します。

1.数珠の由来と購入について

数珠イメージ

ご家庭にはたいてい1本くらいは数珠があるものです。
この身近な数珠にはどんな由来があるのでしょうか。

1-1.数珠の由来

本来数珠は魔除けとして利用されていたものです。
仏教の元となったバラモン教で用いられ、日本には飛鳥時代に伝来した最も身近な仏具です。
数珠という言葉は文字通り多くの珠を意味します。

この言葉の由来と言われているものは、もともと仏教の教えでは人間の煩悩は108個あるといわれており、数珠の数もその煩悩の数を珠にたとえられて、108個の珠が連なっているものだったようです。

数珠を持つ意味はこの人間の煩悩108個を珠の数を数えながら念仏を唱え煩悩を消して仏にゆだねて悟りを開く、これが数珠を持つ由来だったようです。
仏教徒は数珠をもちキリスト教徒は数珠のかわりにロザリオを持ちます。神聖な宗教道具の一つと言えるでしょう。

1-2.お葬式には数珠は必要なの?

f3f13004e631ff35ce4d74bbcfa40a26_s

お葬式に参列するとお焼香をしますが、故人に向かい合掌するときに数珠を手にかけ焼香することが決まりとなっておりその為数珠が必要です。
本来数珠は、念仏を数えるときに使われるものでしたが現在は参列者でこの使い方をされている在家(一般信者)は少ないと思います。

しかし、よく数珠を知るとこの珠一つにも大きな意味があることがわかります。

必要な仏具とはいえ葬儀の場においての使い方を間違えないためにはちょっとしたこころ配りや知識が必要です。
たまに、急いで参列されたせいか焼香のときなど数珠がなく周りから借りるなどの方もお見かけしますがこれは非常に失礼な対応となります。

数珠は人の分身ともいわれてきた仏具であり、本来は一人一人がご自分の数珠を持つもので、身内であっても貸し借りはタブーです。

訃報を聞きすぐご挨拶をという場合で数珠を持っていない場合は仕方ないこととされていますが、通夜を経ての本葬では数珠無しはマナー違反となります。
それは、本葬は最低でも一晩以上経ち参列するのもある程度時間の余裕があからです。

ただ、まず前提として、不幸ごとはいつ起きるかわかりません。
そのた、え社会人になればマナーとして礼服と1本はご自分の宗派に適した数珠をお持ちになった方が葬儀に参列するときなど恥ずかしい思いをせずにすむので、まだお持ちになっていない方はご購入されることをオススメします。

b428449ad419966dac09405f892ce279_s

実際、自分は何処でどのような数珠を購入したら良いかとお悩みの方も多いと思います。
数珠を選ぶ時最初に押さえていただきたいのはご自分の宗派についてです。

ご実家近くなら親御さんや親類にお尋ねになり先祖のお墓は何処か?また、何宗かおたずねになるのが1番早いです。
意外に戸惑うのが神道の方ですが、神道には数珠は不要です。

そして、ご自分の宗派が判明したら次はいよいよ数珠選びになります。
最近は、仏具店だけでなく、100円ショップやホームセンターでも簡単に数珠が変える時代となりました。
でも若い方など宗派ごとの違いや色や材質まで様々なものがありお一人で選ぶのが大変な時も有ると思います。

最初は、戸惑うことが多いと思いますので色々なアドバイスをいただける仏具店で購入されるのをお勧めします。
また、購入後の手入れも相談できるのが強みですね。

数珠は長く持つものです、珠が汚れや、また房がくたびれてきたときは仏具店に持ち込み相談しましょう。
糸の張り替えまた、新しい房に取り替えるなど宗派や数珠に相応しい対応をしていただけると思います。

2.数珠の失敗しない選び方について

数珠を購入するため仏具店に行かれて最初に聞かれるのは「お客様の宗派はどちらですか?」と「本連数珠」か「略式数珠」どちらにするのかを選択しなければなりません。

2-1.「本連数珠」「略式数珠」について

51aQ-ICWx9L._SY300_
「本連数珠」とは1番目にすることが多い長い数珠のことです。
宗派によっては「二連数珠(念珠)」・「二輪数珠(念珠)」と表す場合もあります。

先に挙げたように珠数108個の数珠を「本連数珠」と呼びます。
基本的に手に二重にかけて用いる数珠のことでご自分の宗派ごとに形状が少しずつ特徴があります。
本来はご自分の宗派に沿った本連数珠を1本お持ちになれば良いものだと思います。

次に「略式数珠」とは本連数珠に対してその珠数のみ減らしたものです。
本連数珠が正式で略式は故人・ご遺族に対して失礼にあたるというものではありません。
珠数108個に対してその珠数の2分の1に当たる54個の数珠で作られる数珠に対して使われている名称です。
しかし、最近は珠数をもっと減らした「22珠」「20珠」「18珠」という略式数珠もあります。

<< 次ページへ続きます >>
重要:本当に安心してお葬式をするなら
日本最安値のセット料金で話題になり多くのテレビ・雑誌で取り上げられたのが シンプルなお葬式 です。
搬送費用、火葬費用、式場使用料など一般的には追加費用とされてものも全て含んだ定額プランで14万8000円。 日本全国400か所で対応して貰うことができます。
→詳しくはこちら

人気記事ランキング


1 2 3 4 5 6

人気の検索キーワードTOP10


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket