葬儀での数珠の選び方/正しい葬儀のマナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

安心してお葬式をしたいなら・・・
日本最安値のセット料金で話題になり多くのテレビ・雑誌で取り上げられたのが シンプルなお葬式 です。
搬送や火葬の費用、式場使用料など全て含んだ定額プランで14万8000円。 まずは公式サイトの一番下から資料請求をしましょう。
→詳しくはこちら

次に「略式数珠」とは本連数珠に対してその珠数のみ減らしたものです。
本連数珠が正式で略式は故人・ご遺族に対して失礼にあたるというものではありません。
珠数108個に対してその珠数の2分の1に当たる54個の数珠で作られる数珠に対して使われている名称です。
しかし、最近は珠数をもっと減らした「22珠」「20珠」「18珠」という略式数珠もあります。

これは男性用・女性用ともに言えることですが、珠数が多い数珠は概ねその作られる数珠の珠の大きさが小さく逆に珠数が少ない数珠は一つの珠が大ぶりの珠でお持ちになるようです。
参列にさいしては房を下にして片手にかけてお使いください。

2-2.男性用と女性用の違いについて

1-10

次は数珠を持つ場合の男女での違いです。

厳密には決まりなどはありませんが一般に男性用は一つ一つの珠が大玉で、それに比べて女性用は珠が小ぶりにできている程度で透明な「水晶」は男性・女性どちらでもお持ちになれます。
一般に男性用は「黒檀」など暗い色目の珠をもたれることが多いですが、絶対という決まりは厳密にはないものです。

ただ、数珠には房がついています。
その房のなかに「紐房」と呼ばれる、細い組紐のような房がついている数珠があります。
この「紐房」がついている数珠は男性用となっています。

2-3.数珠の材質について

数珠の珠は木製・石など様々な材質から作られています。
数珠の珠について最も尊ばれているのは「菩提樹」です。
これは、お釈迦様が菩提樹の下で悟りを得たという話からだと思われます。

ただ、「菩提樹」にこだわらず最近のパワーストーンの流行から貴石で数珠を作られる方も多く材質は持つ方のお好みで決められていいようです。

2-4.木製・石の数珠

木の材質は先にご紹介した「菩提樹」をはじめ黒檀、紫檀、白檀、つげなどが一般的です。
また、木製の珠をそのまま丸く加工するだけでなく珠に梵字など彫り物をして仕立てられる数珠もあります。

石の材質での主流は水晶・珊瑚・白珊瑚・瑪瑙・白瑪瑙・赤瑪瑙・オニキスなど割に昔から用いられているのがこれらですがその他には真珠やローズクオーツ女性のアクセサリー感覚で美しく仕立てられている数珠もあります。

3.数珠の珠についての基礎知識

475f6e68ca9c47890b18a98df583a58c_s

数珠の珠についてその細かい部位一つにも意味があるものです。
主玉と呼ばれる連なる珠の他にも房や紐にも意味があります

3-1.数珠の珠について

nenjyu01_img

本連数珠なら108個の珠を「主珠」(おもだま)と呼びます。
そしてこの「主珠」より一番大きい珠が「親珠」(おやだま)または「母珠」(もしゅ)となります。
この「親珠」は阿弥陀如来・釈迦如来を表してておりまた。「主珠」が連なる間に4つほど「主珠」より少し小さい珠を合わせてあります。
これが「四天珠」(してんだま)です。

一つの数珠の中に珠が四つ有れば「四天珠」(してんだま)で二つだと「二天珠」(にてんだま)略式数珠の場合はこの「二天珠」は省かれている場合もあります。

3-2.珠の形状と房について

珠について

珠の形状は、大きく3種類に分けられます。

・丸珠
一番に多く見られる、球形の珠。

・みかん珠
数珠に仕立てたときに、輪の大きさに対し珠を大きくするこができます。
果物のみかんの形になぞらえたもので、横から見ると丸珠をすこし横に広げ珠がみかんを並べているように見えるためこの様によばれています。

・平珠(そろばん珠)

みかん珠を少つぶした様なそろばんの珠に似ているためこの名がつきました。
ただし、この平珠は天台宗で主に使われる数珠ですが最近では、他の宗派でもいられています。

また、数珠は当然珠の中に紐を通して作られますが、この紐にも意味があるのをご存じでしたでしょうか?
この紐は「観音菩薩」を表すといわれています。

房について

nenju-tisiki-4

数珠にはこのように珠の数から始まり多くの意味をもっているものですが数珠にかならずついている「房」にも種類があります。
厳密になると僧侶と檀家でも持つ色などに決まり事があったようですが、最近は、宗派ごとに決まり事があるだけのようですね。

丸い球形の梵天が付いた梵天房、切りっぱなしではなく手まりのように丸くかがったものをかがり梵天房とよびます。
一般的によくみられる形状のもので、切り房とも呼ばれますが数珠上部で束ねしたに向けて房を切って垂らす頭付き房
四本・六本・八本の紐を編んだ形の紐房(男性のみ)組紐のように細い房です。

ほとんどの場合正絹で仕立てられているものが多いです。
房はお好みで色や形状をお選びになることができます。

3-3.通夜と本葬また法事に持参する場合の数珠

無題

通夜と本葬では持つ数珠も変えた方がいいのでしょうか?迷ったことはありませんか?

<< 次ページへ続きます >>
重要:本当に安心してお葬式をするなら
日本最安値のセット料金で話題になり多くのテレビ・雑誌で取り上げられたのが シンプルなお葬式 です。
搬送費用、火葬費用、式場使用料など一般的には追加費用とされてものも全て含んだ定額プランで14万8000円。 日本全国400か所で対応して貰うことができます。
→詳しくはこちら

人気記事ランキング


1 2 3 4 5 6

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket