葬儀のマナーや作法、急なお葬式でも安心の全知識解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

安心してお葬式をしたいなら・・・
日本最安値のセット料金で話題になり多くのテレビ・雑誌で取り上げられたのが シンプルなお葬式 です。
搬送や火葬の費用、式場使用料など全て含んだ定額プランで14万8000円。 まずは公式サイトの一番下から資料請求をしましょう。
→詳しくはこちら

日本には様々な宗派の葬儀があり、急なお葬式で戸惑う方は多いのではないでしょうか。
特に死と直面することが少ない若い世代の場合なおさらです。

そこで今回は、葬儀のマナーや作法などお葬式に関する知識を徹底解説。
葬儀のマナーや作法も時代とともに変化しているため、若い世代だけでなく、お葬式のマナーについて理解がある方も今一度ご確認下さい。

1.お葬式について

引用元:http://f-kodaira.ohnoya.co.jp/funeral-living/livingfuneral.shtml

引用元:http://f-kodaira.ohnoya.co.jp/funeral-living/livingfuneral.shtml

日本にといて、最も多いのが「仏式葬儀」となります。
全体の94%を占め、残りを神式葬儀である「葬場祭」、キリスト教葬儀、無宗教葬儀などとなります。

さらに仏式には、一般葬といわれるものから家族葬、一日葬、直葬、社葬など様々な葬儀方法があります。
最近では「自由葬」なども注目されており、新しい葬儀形態の場合は厳しいマナーや作法などないのですが、それ以外の仏式、神式、キリスト教などでは、それなりにルールや作法があります。

以下で仏式、神式、キリスト教葬儀についてそれぞれご説明します。

2.仏式の葬儀について

引用元:http://web.joumon.jp.net/blog/2012/07/1426.html

引用元:http://web.joumon.jp.net/blog/2012/07/1426.html

仏式葬儀は、先ほど述べたように日本の葬儀の約94%と言われおり、日本でもっともなじみがある葬儀です。

宗派によって多少の違いはありますが、通夜をし葬儀・告別式なりを行い、僧侶の読経とともに故人の冥福を祈る儀式です。

仏式葬儀において知らないと不安なのは、

・焼香の仕方
・通夜の参列の仕方
・通夜振る舞いのマナー
・香典の書き方
・金額の包み方
・持参の仕方

などが挙げられます。

また、通夜の服装、本葬儀の服装なども知っていないと浮いてしまいがちになりますからマナーや作法は侮れません。
まずは、身近な仏式葬儀から確認してみましょう。

2-1. 通夜とは?

葬儀の始まりは亡くなった瞬間から始まります。
遺体は湯灌(ゆかん)・清拭、死化粧をし納棺をし通夜の準備に入ります。

通夜とは、生前、故人と親しくしていた人達が、一晩中灯りを共にし、お香を絶やさずに行うのが始まりです。

「故人の霊をなぐさめ、邪霊の侵入を防ぐため」に、故人と一緒に過ごすという意味を持っていますが、最近では仕事などの都合から葬儀・告別式よりも、夕刻から始まり1~2時間程度で終える通夜(半通夜)に参列するのが主流となっています。

通夜の法要からお葬式・告別式まで、遺族は喪服で臨むのがマナーとされています。

席順のマナーは、祭壇・棺に向かって右側に喪主、そこから縁の濃い順に着席するのが、一般的です。
僧侶が着席し、通夜は僧侶の読経から始まり、読経が終わると喪主、親戚、一般弔問客と焼香をします。
会葬者の焼香が終わると、僧侶の故人を悼んでの法話があり、通夜の儀式は終了します。

2-2.通夜での作法

通夜での作法は、まず、通夜の時間内に遅れないように早めに家を出ましょう。
受付にてお悔やみを述べ、香典を渡し記帳をします。

あらかじめ。ふくさに包んで持参した香典を渡す場合は、丁寧に両手を添えて渡しましょう。
香典は、むきだしで持って歩かず、ふくさに包んで持参するのがマナーです。

記帳後は祭壇のある部屋へ行き入室。
遺族が参列者のあいさつを受けている場合は、並んでお悔やみを述べます。

その時のお悔やみの言葉は「この度はご愁傷様でした。心からお悔やみ申し上げます。」などが一般的です。
夜の場合は受付などがないケースもありますので、この場合は、香典は焼香の折に祭壇に供えます。

席次が決められていない場合は、前の方から詰めて着席し案内に従って順番に焼香します。
(焼香の具体的な手順については、後に説明します。)
焼香が終わると「通夜振舞い」の席へ案内されます。

2-3.「通夜振る舞い」について

参列者に食事が振る舞われることを「通夜振る舞い」と呼ばれ故人をしのぶ場として設定されます。
この「通夜振る舞い」に参加するかどうかの基準は、判断に迷うところでしょう。

通夜振る舞いの趣旨としては、故人をしのぶ場として通夜の後に用意される食事会のことで、形式は地方によっても異なり、料理やお酒を振舞う所もあれば、お菓子などを持ち帰るだけの地域もあったり、また、お茶だけを振舞う場合もあると言われます。

<< 次ページへ続きます >>
重要:本当に安心してお葬式をするなら
日本最安値のセット料金で話題になり多くのテレビ・雑誌で取り上げられたのが シンプルなお葬式 です。
搬送費用、火葬費用、式場使用料など一般的には追加費用とされてものも全て含んだ定額プランで14万8000円。 日本全国400か所で対応して貰うことができます。
→詳しくはこちら

人気記事ランキング


1 2 3 4 5 6

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket