小さなお葬式で葬儀/葬式を行う時の費用・料金プラン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

安心してお葬式をしたいなら・・・
日本最安値のセット料金で話題になり多くのテレビ・雑誌で取り上げられたのが シンプルなお葬式 です。
搬送や火葬の費用、式場使用料など全て含んだ定額プランで14万8000円。 まずは公式サイトの一番下から資料請求をしましょう。
→詳しくはこちら

以上が、具体的なプランの内容となります。
別の会社を探すのも可能ですが、いろんな会社と連絡するのはとても大変ということもあり、「小さなお葬式」に是非まとめてお願いすることをオススメします。

7-2.「小さなお葬式」の海洋散骨(55,000円)

引用元:http://www.osohshiki.jp/sankotsu/

引用元:http://www.osohshiki.jp/sankotsu/

最近注目を浴びている「海洋散骨」も小さなお葬式では受け付けています。
ただし、家族が散骨するのではなくスタッフの方が散骨し後日、散骨証明書とアルバムを届けてもらう形となるためその点は注意して下さい。

「海洋散骨」のプランに含まれている内容は以下のとおりです。

・散骨代行:スタッフが代行してセレモニー、散骨、献花、献酒、黙祷を行います。
・粉骨作業:ご遺骨をパウダー化する作業
・骨壷処分:粉骨後の不要になった骨壷を処分
・写真撮影:散骨時の様子を写真に収めます。
・水溶性の袋:粉骨後、ご遺骨を包む水溶性袋
・献花用のお花:散骨の際の献花
・献酒用のお酒:散骨の際の献酒
・献水用のお水:お清めの為の献水
・散骨証明書:散骨証明書を後日お届けしてもらえます
・散骨アルバム:散骨の様子を撮影し、アルバムにまとめたもの

また、オプションとして「手元供養」があり、粉骨したご遺骨の一部をお手元で供養できるように専用のミニ骨壷やペンダントに入れて届けてもらえるプランもあります(1個21,000円)

仏壇の購入

引用元:http://www.osohshiki.jp/obutsudan/

引用元:http://www.osohshiki.jp/obutsudan/

代々受けつがえているお仏壇がすでにある場合は問題ものの、ない場合には購入する必要があります。
小さなお葬式ではメーカーから直接しいてているということもあり、通常販売されている価格の最大63%OFF。
また、インターネット販売に特化していることもあり、良心的な価格設定となっています。

お仏壇の種類は「スタンダード仏壇」と「ハイグレード仏壇」の2種類。

・スタンダード仏壇:一律86,000円(税込)
・ハイグレード仏壇:一律99,900円(税込)

全てのお仏壇には必要な仏具が一式付いていてのこの価格は非常に安く、色やデザインも自由に選ぶことができます。
届いてからすぐに使えるということで、小さいお葬式に葬儀と一緒に注文される方も多いようです。

お位牌の購入

引用元:http://www.osohshiki.jp/obutsudan/

引用元:http://www.osohshiki.jp/obutsudan/

本位牌は、一律21,000円となっており、種類は現代的なモダン位牌、一般的な塗位牌と唐木位牌の3種類あります。
文字入れは無料、また送料無料となっているので、こちらも一緒にご注文されることをオススメします。

8.その他に発生する費用について

小さなお葬式に対してだけでなく、実は他にもいろいろと支払いは発生します。
そのためそのような別途発生する費用も考えて葬儀費用を計算をすることをオススメします。

8-1.飲食代について

お通夜や告別式を行う場合、葬儀の規模に関係なく飲食代が発生することが多いです。

通夜式でのあと参列いただいた方への通夜振る舞いは約540円/人~
告別式の後のお斎は約3,000円/人〜

上記が目安となっています。
そのため、葬儀にかかった費用を小さいお葬式にお支払いする費用だけではないことは心積もりしておくことをオススメします。

8-2.香典返しについて

香典返しは、参列者全員に配ります。
価格の平均は2,500円〜3,000円のものにする方が一般的に多い様です。

9.「小さなお葬式」の知っておきたいお役立ち情報

9-1.「小さなお葬式」に資料請求すると5000円割引

資料請求すると通常の価格から5,000円割引となります。

・小さな火葬式:193,000円(税込)→188,000円(税込)
・小さな一日葬:343,000円(税込)→388,000円(税込)
・小さな家族葬:493,000円(税込)→488,000円(税込)
・100名までのお葬式:643,000円(税込)→638,000円(税込)

9-1.「小さなお葬式」の早割

掛け捨てにはなりますが、申込み時に500円支払うだけで、小さなお葬式の葬儀が通常よりもさらにお得に行うことができます。
コンビニ、カード、代金引換、銀行振込のいずれかの方法で支払いが完了すると、入金後、30日後から早割が利用可能となり、ご家族、ご親戚、三親等まで早割を使用できるというとてもおトクなサービスです。

もちろん、小さなお葬式が提携している葬儀場すべてに提供されます。

早割の仕組み

引用元;http://www.osohshiki.jp/plan/reduce/

引用元;http://www.osohshiki.jp/plan/reduce/

入金後から「30日後」「1年後」「2年後」の3段階のの割引額があり、「小さなお葬式」が最大割引”66,000円”となります。
早割は高齢の方に失礼ではないかと考えてしまうかもしれませんが、実際に自分の親のためにお申し込みされている方は非常に多く、もしものために、お申し込みしておくことをオススメします。

【最大割引価格】
・小さな火葬式:193,000円(税込)→最大割引適用後→ 168,000円(税込)
・小さな一日葬:343,000円(税込)→最大割引適用後→ 303,000円(税込)
・小さな家族葬:493,000円(税込)→最大割引適用後→ 443,000円(税込)
・100名までのお葬式:643,000円(税込)→最大割引適用後→ 593,000円(税込)

また、2年後〜3年30日までに+500円支払うと+3年間、最大割引のまま延長されるためお申し込みされた方は注意して下さい。

10.「小さな火葬式」での注意点

10-1.細かい費用が別途発生

小さなお葬式の会社に対して払う金額においては追加料金が発生しません。
しかしこの「小さなお葬式」に対して支払う金額は、葬儀本体に対してだということをご認識ください。
お葬式は葬儀本体のみで成り立つものではありません。

ご葬儀では寺院手配や参列する方への香典返し。また通夜振る舞いやお斎などの飲食はすべて別料金となります。
そのため、ある程度別で費用が発生することは心積もりしておく方がよいでしょう。

10-2.新しいお葬式のスタイルを理解してもらえない場合も

新しい葬儀のスタイルへの認知が高い地域なら問題ないものの、地方に行くと新しい葬儀のスタイルを受け入れられない可能性も考えられます。
また、家族内では合意を得ているものの、親戚などには、「きちんとお別れしたかったのに機会を設けていなかった」と非難される場合も想定されます。

このようなトラブルが発生しないためにも、前々から、家族や親戚など身内で「小さな火葬式」を行うことについて事前に話し合っておくことをオススメします。

「小さなお葬式」のまとめ

いかがでしたでしょうか?
メディアでも取り上げられている「小さなお葬式」のプランを見て非常にわかりやすく、良心的な価格ということもあり関心をお持ちになれた方も多いと思います。

<< 次ページへ続きます >>
重要:本当に安心してお葬式をするなら
日本最安値のセット料金で話題になり多くのテレビ・雑誌で取り上げられたのが シンプルなお葬式 です。
搬送費用、火葬費用、式場使用料など一般的には追加費用とされてものも全て含んだ定額プランで14万8000円。 日本全国400か所で対応して貰うことができます。
→詳しくはこちら

人気記事ランキング


1 2 3 4 5 6 7

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket