家族葬とは?費用を押さえて私たちらしい葬儀を行う方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

安心してお葬式をしたいなら・・・
日本最安値のセット料金で話題になり多くのテレビ・雑誌で取り上げられたのが シンプルなお葬式 です。
搬送や火葬の費用、式場使用料など全て含んだ定額プランで14万8000円。 まずは公式サイトの一番下から資料請求をしましょう。
→詳しくはこちら

「家族葬」をご存知でしょうか?
家族で葬式を行う…もちろん、読んで字のごとくその通りなのですが、具体的に「家族葬」がどういった葬儀であるかを説明できる方は少ないのではないでしょうか。
人生の中で、葬儀を執り行う立場になることは少ないですし「別れ」は突然やってくるものです。
前もって葬儀について真剣に深く調べる方も多くないでしょう。
近年、葬儀のスタイルとして「家族葬」と呼ばれるものが急速に増えています
実際に葬儀を行う方の約半数がこの「家族葬」を行っているという現状があります。
その傾向は地方から都市部になればなるほど増加の傾向にあります。
実はこの「家族葬」には明確な定義は存在せず、故人の遺志やご遺族の意向によって変わってくるのです。
このページでは、「家族葬とは? 費用を抑えて素敵な葬儀にするポイントを解説!」と題しまして
今後さらに増加するであろう「家族葬」について執り行う際のポイント、メリットなどを詳しくご紹介いたします。

1.お葬式の種類

main_ippansou

まずはじめに、お葬式にはいくつかの種類が存在します。
大まかに分けると以下の二種類です。

1-1.遺族・親族だけでなく、故人を知る人たちとともに見送る葬儀

遺族などの近親者のみではなく、故人を偲ぶ多くの方が参列する比較的規模の大きな葬儀スタイルが以下のものです。

・一般葬

saidan21_200

一般葬とはごく標準に行わる一般的なお葬式のスタイルです。
宗教儀礼を中心とし、親族をはじめ、故人に生前関係のあった方々に参列していただき、進行するお葬式になります。
規模的な意味合いも含めて親族および知人、友人を含めた人数でのお葬式を「一般葬」と定義しています。

・社葬/合同葬

funeral1

社葬とは、法人(企業)が施主となり、主に会社によって営まれる葬儀スタイルです。
また、合同葬とは、故人の喪家としての葬儀と法人としての葬儀を一体合同に執り行う葬儀スタイルです。
社葬・合同葬ともに、会葬者の多い大規模な葬儀となります。
社葬とはことなりますが、社会的な著名人や有名芸能人などが亡くなった際に催されることの多い「お別れの会」なども大規模な葬儀スタイルになります。

1-2.遺族・身内だけで見送る葬儀

家族や限られた近親者のみで行う、ごく少数の方々で執り行う葬儀スタイルのものが以下のものです。

・家族葬

photo120113_01

<< 次ページへ続きます >>
重要:本当に安心してお葬式をするなら
日本最安値のセット料金で話題になり多くのテレビ・雑誌で取り上げられたのが シンプルなお葬式 です。
搬送費用、火葬費用、式場使用料など一般的には追加費用とされてものも全て含んだ定額プランで14万8000円。 日本全国400か所で対応して貰うことができます。
→詳しくはこちら

人気記事ランキング


1 2 3 4 5 6

人気の検索キーワードTOP10


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket