家族葬とは?費用を押さえて私たちらしい葬儀を行う方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

家族葬は一般の葬儀の小型版ですから、手順に大きな違いはありません。
規模は小さくても宗教儀式を行う方もいれば、宗派・宗旨にとらわれない無宗教葬を希望する方もいます。
基本的には遺族が自由に葬儀スタイルを組み立てることが可能です。
以下は、一般的な家族葬の流れです。

8-1.臨終

病院の場合は、病院関係者の指示に従って退院の手続きを行います。

8-2.関係各所へ連絡

死亡したことを葬儀社、お寺、もしくは相談機関に伝えます。

8-3.ご遺体の安置

ご遺体を安置場所に搬送します。

8-4.葬儀業者との打ち合わせ

葬儀業者によってことなりますが、基本的な葬儀の具体的な内容を決めます。
通夜や葬儀の時間を決めたり、どこの火葬場にするか、お寺さんの手配をどうするか、無宗教にするか等を決めます。

8-5.お通夜、告別式日程の連絡

近親者、知人・友人またはお寺に通夜・告別式の日程を連絡します。
お寺さんによっては希望通り日程が組めない場合もありますので、臨機応変に対応します。

8-6.納棺

ご遺体を整え、着替えを行い棺に納めます。

8-7.お通夜

葬儀場まで寝台車でご遺体の搬送を行い、通夜を行います。

8-8.葬儀・告別式

お通夜終了後、告別式を行います。お花を棺に納めて、故人との最後のお別れをします。

8-9.式中初七日法要

告別式後、日程を繰り上げて初七日法要を行います。(地域によっては火葬後に行う場合もあり、状況によって行わない事もあります。)

8-10.火葬

出棺の際は、位牌・骨箱・遺影写真を持っていきます。
火葬場に到着したら、火葬許可書を提出して、霊柩車からお棺を出し、炉前に運びます。火葬してから葬儀・告別式を行う地域もございます。

8-11.お骨上げ

火葬場でのお骨上げの時間まで、休憩したり料理を食べたりして、時間を待ちます。
係員の指示に従って、お骨上げを行います。火葬場では骨箱のほかに、埋葬許可証を渡してくれますので、確認して受取ります。

9.家族葬は費用が安いのは本当か?

kyouka

9-1.一般葬に比べて約半分の費用

結論からいて、家族葬の費用は一般葬より安いといえます。
2010年に行われた日本消費者協会の『第9回葬儀についてのアンケート調査』の結果によると、過去3年間に「身内に葬儀のあった人」が葬儀にかけた費用の総額は、全国平均で1,998,861円(最高額:8,100,000円、最低額:200,000円)。
平均で200万円ほどの費用が一般葬ではかかる計算になります。

葬儀費用の内訳として

葬儀本体価格 約126万円
寺院価格 約50万円
飲食接待価格 約40万円

では、家族葬にした場合は葬儀本体価格が約40~50万円ほどになり、総額でも100万円未満になる場合が多いようです。
規模が小さくなるので会場費が安くなり、参列者が少ないため飲食接待価格が安くなります。

9-2.寺院費用は安くならない

osoushiki_obousan

注意するべき点は寺院費用は一般葬と変わりません
家族葬だからといって寺院へのお布施も半額、とはなりません。
ただしお布施は「気持ちの金額」ですので経済状況と常識的な金額を考慮してご自分で決める必要があります。

10.家族葬はこんな方におススメできます

-shared-img-thumb-DI_IMG_5771_TP_V

・あまり費用をかけずに、通夜と告別式を行いたい。

・故人が高齢で、参列者が少ない。

・身内だけで静かに葬儀を執り行いたい。

・故人がこじんまりしたお葬式を望んでいた。

まとめ

葬式3

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket