一回忌/一周忌の流れと金額の常識、参列する際の服装とマナーまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

安心してお葬式をしたいなら・・・
日本最安値のセット料金で話題になり多くのテレビ・雑誌で取り上げられたのが シンプルなお葬式 です。
搬送や火葬の費用、式場使用料など全て含んだ定額プランで14万8000円。 まずは公式サイトの一番下から資料請求をしましょう。
→詳しくはこちら

法要についてあまり知識がない方は多いと思います。

しかし、法要はほとんどが行うことであり、避けられないのが現状です。

そこで今回は一回忌/一周忌に関して解説します。

不安がある方は是非ご一読下さい。

1.法要の種類

【画像】http://www.kurashinotomo.jp/butsudan/houyou/knowledge/

【画像】http://www.kurashinotomo.jp/butsudan/houyou/knowledge/

 

まず始めに、法要の種類にはどのようなものがあるのか、説明していこうと思います。

1-1.忌日法要

死んだ日から数えて七七日(なななのか)、いわゆる四十九日まで、7日ごとに法要があり、その7回を忌日としています。

その後、命日から数えて100日後を百か日といいます。

初七日(しょなのか):7日目。遺族、親族、友人、知人などが参列し、僧侶の読経の後、焼香・会食をします。

二七日(ふたなのか):14日目。遺族中心で法要を行います。省略されることが多くなっています。

三七日(みなのか):21日目。遺族中心で法要を行います。省略されることが多くなっています。

四七日(よなのか):28日目。遺族中心で法要を行います。省略されることが多くなっています。

五七日(いつなのか):35日目。遺族中心で法要を行います。省略されることが多くなっています。

六七日(むなのか):42日目。遺族中心で法要を行います。省略されることが多くなっています。

七七日(なななのか):49日目。四十九日、満中陰とも言います。これまでの期間を中有や中陰と呼びます。遺族、親族、友人、知人などが参列し、僧侶の読経の後、焼香・会食をします。

百か日:100日目:卒哭忌(そっこくき)や出苦忌(しゅっくき)とも言います。遺族中心で法要を行います。省略されることが多くなっています。

1-2.年忌法要

何年かおきの命日に行います。

一周忌を除いた法要は、法要の回数-1の死後の年数に行い、人によっては五十回忌、百回忌をすることもあります。

三十三回忌か五十回忌を最後にすることが多く、最終の年忌にした法要を弔い上げや門切りと呼びます。これは、故人の霊が清浄したという意味を持ちます。

一周忌:1年目。遺族、親族、友人、知人などが参列し、僧侶の読経の後、焼香・会食をします。

三回忌:2年目。遺族、親族、友人、知人などが参列し、僧侶の読経の後、焼香・会食をします。

七回忌:6年目。遺族、親族で供養します。

十三回忌:12年目。遺族だけで行うのが一般的です。

十七回忌:16年目。遺族だけで行うのが一般的です。

二十三回忌:22年目。遺族だけで行うのが一般的です。

二十七回忌:26年目。遺族だけで行うのが一般的です。

三十三回忌:32年目。遺族だけで行うのが一般的です。

1-3.その他の法要

・開眼法要:仏壇や墓を購入したときに行う法要です。

故人の魂を向かい入れるという意味があります。他の宗派では仏壇開き、入魂式とも言います

納骨法要:墓に納骨するときに行う法要です。開眼法要と合わせて行われることもあります。

閉眼法要(抜魂法要):仏壇や墓を変えるときに行う法要です。開眼法要とは逆で魂を抜くという意味があります。

お盆法要:旧暦の7月15日、現代で言うと、8月13日からの4日間に行われます。先祖を供養する行事として伝わっています。

彼岸法要:春分、秋分の日をはさむ前後7日間に行います。寺や墓に参り、故人を供養し、仏壇を清め、精進料理やぼたもちを供えます。

2.法要の意味

【画像】http://www.osohshiki.jp/column/article/28/

【画像】http://www.osohshiki.jp/column/article/28/

 

それぞれの法要には意味が込められています。

では、具体的にはどんな意味があるのか見ていきましょう。

2-1.忌日法要

忌日:四十九日までは、故人は幽霊のような存在と考えられており、7日ごとに小さな生まれ変わりがあるとされています。故人が極楽浄土に行けるように祈ります。

初七日:故人が無事に三途の川を渡ることができるように供養するための法要です。

四十九日:故人が新しい世界に生まれ変わる日で、新しい生と古い生の区切りの日です。

百か日:個人が亡くなったことに関する悲しみに区切りをつける日とされています。

2-2.年忌法要

極楽浄土へ行った故人を精進の道へ導くための法要です。

一周忌の日をもって、喪が明けるとしています。

というわけで、法要についての説明をしていきましたが、ここからは本題の一周忌についての話に入っていきましょう。

3.一周忌をする日と場所の決め方

【画像】http://www.daijo-ji.org/butsudan.html

【画像】http://www.daijo-ji.org/butsudan.html

 

まず、日にちを決めてから場所選びをする場合が多いようです。

では、詳しくはどのように決めていくのでしょうか。

3-1.一周忌の日にち

基本的には、故人が死んで1年後の命日に行うとされています。

しかし、その日が平日という場合がありますよね。参列者は平日に仕事をしている人が多いため、その日を避けることが望ましいとされています。

<< 次ページへ続きます >>
重要:本当に安心してお葬式をするなら
日本最安値のセット料金で話題になり多くのテレビ・雑誌で取り上げられたのが シンプルなお葬式 です。
搬送費用、火葬費用、式場使用料など一般的には追加費用とされてものも全て含んだ定額プランで14万8000円。 日本全国400か所で対応して貰うことができます。
→詳しくはこちら

人気記事ランキング


1 2 3 4 5 6

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket