神道の墓、知られていない5つの領域を解明したら凄すぎた!

日本では約8割の家が仏教式の葬儀を行います。

その仏教が日本にやってきたといわれる6世紀以前はどうしていたのでしょう?

 

もちろん、葬祭を行っていました。

古代の墓と言われる古墳もすでに存在していました。

仏教のお葬式のことはなんとなくわかるけれども、神道の葬祭やお墓ってどうなっているのでしょうか。

 

あまり知られていない神道の葬祭に繋がるお墓の「意味」「歴史」「納骨」「カタチ」「おくり名」という5つの内容について、歴史から現代的デザインやお作法までまとめてみました。

 

— この記事の目次 —

1.神道の墓、古墳よりスゴイ古代から存在した圧巻の姿とは

2.神道の墓、三つの意味を知って開運する!?

3.神道の墓の現在、カタチに込められた深い意味とは

4.神道の墓石に刻まれる五種類の文字とは

5.神道の納骨式で知っておくべき三つのこと

6.神道の墓参り、現代ルールとマナー

7.まとめ

 

続きを読む

お布施の渡し方や包み方って?渡すタイミングやマナーを徹底解説!

お布施をふくさに包んだり、お盆に乗せたりして渡すのがマナーと聞いているけれど、実際どっちの渡し方が正しいのか分かりませんよね。

包み方、渡し方は場所や状況によって変わります。

お布施の包み方は2種類あり、渡し方は自宅以外で渡す場会はふくさに包んで渡す、自宅で渡す場合は切手盆に乗せて渡すことが正しいマナーです。

 

しっかりと勉強なさっている方は自然と行っている、「お布施の渡し方と包み方」についてご紹介いたします。

難しく思いがちのお布施の包み方、渡し方のマナーも、しっかりと対策することで、当日は失礼のない、落ち着いた行動をすることができます。

このページを読んでぜひ、あやふやだったお布施の包み方や渡し方のマナーを覚えていただけたらと思います。

 

— この記事の目次 —

1.お布施の2つの包み方!奉書紙(半紙)または白い封筒に入れる

2.お布施の2つの渡し方!正しい渡し方でマナーを守ろう!

3.お布施をお盆に乗せる切手盆の渡し方って?

4.ふくさに包んでお布施を渡す渡し方って?

5.お布施を渡すタイミングはいつ?

6.お布施を渡すときは何を言えばいいの?

7.お車代、会食代はお布施?いつ渡すの?

8.お布施にまつわる3つの疑問!こんなときどうする?

9.まとめ

 

続きを読む

家族葬費用を格安に抑えるコツとは!?家族葬の仕組み徹底解説!

お葬式ってお金がどれくらいかかるかわからなかったり、たくさんかかるイメージがあったりすると思います。

ただでさえ家族が亡くなって精神的につらい状況なのに、金銭面の不安や負担は出来るだけ避けたいですよね。

 

ですが、いざ急に家族が亡くなってしまったら、冷静に対処できないのは当たり前で、必要だと言われて言われるままに費用がかさんだり・・・。

たくさん不安があると思います。

 

お葬式の仕組みと相場を知ってさえいれば、本当に必要なことなのか?提示された金額が妥当なものなのか?想定外の費用を後から請求されないか?など多くの不安を解消することができます。

 

今回は実例を挙げながら主に家族葬の仕組みについて徹底解説し、何にどれくらい費用がかかるのか、どの部分を削っても問題ないかなどについて、くわしくご紹介いたします。

 

ある程度事前に知識を入れておくことで、いざというときに冷静に対応することができます。

この解説を読んで家族葬を格安に抑えるポイントを覚えていただけたらと思います。

 

— この記事の目次 —

1.お葬式って種類がいっぱい!その違いとは?

2.費用の仕組みを知るために家族葬の流れを知ろう!

3.家族葬費用の仕組みを徹底分析!

4.家族葬費用の相場と内訳

5.家族葬費用以外にも準備が必要!葬儀後に予想される費用

6.家族葬費用の補填になる?香典や保険について

7.まとめ

 

続きを読む

絶対知っておきたい!香典の金額・書き方・渡し方・香典返しマナー

親戚や知人など、突然の訃報を受けて通夜や葬儀に参列することがあると思います。

ですが、そういった機会が頻繁にあるわけではないですよね。

 

急に対応しなければならないけれど、香典の用意や、香典を渡すタイミング、お悔やみの言葉など、基本的なマナーがわかっていないと慌ててしまいます。

香典については、金額や渡し方、表書きなど、基本的な知識があれば問題なく対応することができます。

 

今回はこれさえ知っておけば、恥をかかない、「香典の金額相場・書き方・渡し方・香典返しのマナー」について、詳しくご紹介します。

基本的な知識やマナーを知っておくことで、突然のタイミングでも落ち着いて対応することができます。

 

お悔やみの気持ちを深く伝えるためにも、このページを読んで、香典のことならもう大丈夫と思えるくらいマナーを身に付けていただきたいと思います。

 

— この記事の目次 —

1. そもそも香典ってなんのこと?

2.香典袋を選ぶときに気をつけたい3つのポイント

3.表書きの知っておくべき基礎知識6つ

4.中袋、中包みの書き方

5.香典の金額はいくらが妥当なの?

6.香典は袱紗(ふくさ)に包んでもって行こう!

7.香典はどのタイミングでなんと言って渡したらいい?

8.香典をもらったら、お返しは必要?

9.まとめ

 

続きを読む

お線香のマナーに7つの鉄則。正しい本数やあげ方はこれで完璧!

突然の不幸で葬儀に参列したり、弔問に伺ったりすると、お線香をあげることになります。

でも、お線香って何本あげればよいのかご存知でしょうか?

大勢の人が集まる葬儀の場などでは、とたんに不安になります。

 

そもそもお線香をあげるマナーとしては何本が正しいのでしょうか?

実はお線香に関連したマナーとして、ネットで検索される断トツの1位がこの何本かについてのものです。

多くの人がとても気にされていることがうかがえます。

 

たしかに他人の真似をしようとしても、お線香を1本立てる人もいれば2本の人や3本の人もいます。これは不安になりますね。

 

実はお線香をあげるマナーはほぼ決まっているので、本来迷うことではありません。

知識として頭に入っていなかっただけなのです。ここで全てご説明しますのでご安心ください。

 

気になるお線香をあげる本数にしても宗派で決まっているのです。

その他のマナーについても詳しく説明します。

押さえるべき知識を7つの鉄則として順を追ってあげていきます。

 

お線香の正しいマナーといってもそれほど難しいものではありません。

一度覚えてしまえば、いつ、どんな場面に出くわしても安心して対応できます。

 

— この記事の目次 —

1. お線香の正しいマナーは1本?3本?あなたならどうする?

2. お線香の正しいマナーはどれ?立てる?横にする?それとも折る?

3. お線香の火はどうつけている?正解のマナーはたった1つ!

4. お線香の火の消し方のマナーも正解は1つだけ!

5. お線香をあげる時に鐘はどうする?鳴らすのは正しいマナー?それとも間違い?

6. 葬儀や法事では恥をかきたくない!お線香やお焼香の正しいマナーは?

7. お線香選びのマナーは2つのポイントを押さえれば大丈夫!

8. まとめ

続きを読む

清め塩の使い方は?食べていいの?忘れたときや処分の仕方まで解説!

葬儀で配られる、清め塩ってどんな使い方をするか知っていますか?

もらったはいいけれど使い方が分からなかったり、忘れてそのまま使わずに持っている、食べてしまったなんてこともあるのではないでしょうか。

 

この記事では、そんな清め塩についてのさまざまな疑問にお答えしていこうと思います。

 

また、清め塩の由来や盛り塩との違い、仏教と清め塩との関係や、風水での使われ方、葬儀での穢れに関する慣習や清め塩問題などの話題もありますので読んでみてくださいね!

 

— この記事の目次 —

1.清め塩の意味や由来は?穢れって何?

2.清め塩の歴史は?なぜ広まったの?

3.清め塩の使い方は?忘れたら?食べていいの?

4.”清め”の受け止め方はそれぞれ

5.清め塩問題って何?

6.塩は神聖なもの?清め塩への向き合い方の違いとは

7.塩は運気アップや厄払いにも使われる

8.まとめ

 

続きを読む

流行語大賞に学べ!終活にシフトしたR40が幸せ至極な3つの理由

「今年の新語・流行語大賞は何だろう?」

多くの人が興味をもって、予想などしていますね。

この新語・流行語大賞からブレークする言葉もあります。

 

例えば2012年にトップテンに入った「終活」。

今でこそ9割近い人が「終活」を知っていますが、5年前に知っていた人はたった1割でした。

今、それだけ関心を持たれているキーワードが終活です。

と同時に言葉だけが独り歩きする昨今でもあります。

 

あなたは終活の本当の意味を知っていますか?

「終活」に付きまとう暗さの原因は、人生の終末に向き合うというイメージにあります。

でも終活するということは「自分の幸せって本当は何なのか」に向き合うことなのです。

 

ここでは「自分と家族を幸せにする終活」について具体的な行動、始める時期を知り、すぐにワクワクして行動に移せるようわかりやすく解説します。

 

— この記事の目次 —

1.「終活」は2012年流行語大賞でブレーク!?

2. 2004年流行語大賞にならう「チョー気持ちいい」終活とは

3. 2007年流行語大賞「どげんかせんといかん」に学ぶ終活

4. 2008年流行語大賞の「アラフォー」になったら婚活から終活へシフトせよ!

5. 2011年流行語大賞ノミネートの「エンディングノート」で理想の未来を描け

6. 2017年流行語大賞「聖地巡礼」に学ぶ身の清め方

7. まとめ

続きを読む

直葬の認識、それで合ってる?知っておくべき知識や注意点とは!

皆さんは直葬について、どんなイメージをお持ちでしょうか。

「よく分からない」「安くて簡単にできる」「故人が成仏できるのか心配」「オプションをつけられて高くなりそう」「直葬は葬儀としてどうなの」など、いろいろあるでしょう。

しかし、直葬はやりようによっては読経してもらったり、戒名をつけたり納骨もできますし、お金をかけてオリジナルな葬儀にすることも可能なのです。

 

もちろんシンプル葬で安くすることもできます。

そして行うには事前に情報を集めたり、家族・親族に相談、見積もりを取るなどをすることが大事になってくるのです。

この記事では直葬についての知識や注意点などを通して、その理由をご説明していきますので、参考にしていただけると幸いです。

 

— この記事の目次 —

1.直葬とは?家族葬とはどう違う?

2.直葬のプランの流れはこうなっている

3.葬儀社を介さずに直葬をやる段取りは?

4.散骨にする場合の手続きや流れは?

5.直葬にかかる費用を解説します!

6.事前準備や見積もりでトラブル回避!

7.直葬でのマナーは普通の葬儀とどう違う?

8.まとめ

続きを読む

音楽葬で納得できるお見送りを!音楽葬のポイント7つを大公開

最近増えている葬儀の形式に、音楽葬があります。

言葉のとおり、音楽をBGMではなくメインにして、通夜や葬儀を執り行うことです。

故人が音楽を好きだった人ならば、その人の好きだった曲で送ってあげたいと思うのは、決して少なくないことだと思います。

 

一般的な葬儀でも、故人の好きだった曲をBGMに選んでくれることはあります。

では一般の葬儀と音楽葬は、いったい何が違うのでしょうか。

音楽葬とはどんな葬儀なのか、音楽葬にすることで問題があるとしたらどんなことなのか、音楽葬の後はどうするのか、そう言った疑問にまとめてお答えします。

 

— この記事の目次 —

1.音楽葬って何?

2.音楽葬はクラシックばかりじゃありません!

3.音楽葬の気になる費用は?

4.音楽葬でも会葬者には礼を尽くすのは同じです!

5.音楽葬を望むなら準備が一番大事!

6.音楽葬に参列するならここに注意!

7.音楽葬の後はどうすればいいの?

まとめ

続きを読む

遺影写真は自分で準備!DIY・セミオーダー・撮影会などすべて解説

遺影写真を手作りしたい、生前に自分らしい写真を準備しておきたい、という人は年々増えています。

証明写真のような暗い遺影ではなく、遺族が後で見たときに自然とその人のエピソードがこぼれるような、そんな写真が求められているのです。

この記事では、

 

・遺影写真を一から自分で作成したい

・生前に作ってもらって安く、満足いくものにしたい

・生前に気に入った一枚を撮影したい

 

といった方に選び方や作り方、値段、サービスの種類などの情報をお届けします。

遺影写真の処分法や、手ごろな写真が無いときの対処法などの疑問にもお答えしていますので、そちらも参考にしていただければ幸いです。

 

— この記事の目次 —

1.遺影写真の用意の仕方は3種類

2.遺影写真の選び方のポイント5つご紹介!

3.遺影写真の値段はいくらぐらい?

4.好みの遺影写真をDIYで作成する方法は?

5.セミオーダーで遺影写真を作るサービスは?

6.生前に撮影するサービスはどんなもの?

7.遺影写真のよくある疑問をズバリ解説します!

8.まとめ

 

続きを読む