お通夜の服装のマナー|喪主・遺族・参列者の3つの立場で総チェック

お通夜では『故人への哀悼の意』を表すことが何より大事です。

そうした観点から、亡くなってすぐにおこなわれるお通夜では地味な平服で良いという話もありました。

 

しかし時代とともにお通夜の形態も変化しています。

それにともなって、お通夜の服装に対する考え方やマナーも変わってきています。

取り急ぎお通夜に平服で駆け付けたら、他の人は全て喪服で気まずい思いをしてしまうことにもなりかねません。

 

お通夜での服装はどうあるべきなのでしょうか?

ここでは喪主、遺族、参列者別に3つの立場から、現在に通じるマナーにかなったお通夜の服装について説明します。

 

— この記事の目次 —

1. 最初にお通夜についておさらいしましょう!

2. 喪服についても再確認しておきましょう

3. お通夜で気を付けたい喪主の服装のマナー

4. お通夜で遺族の服装のマナーをチェック

5. お通夜の参列者の服装はどうしたらいい?

6. お通夜の服装で気になる疑問はこうすれば良い

7. お通夜に参列する際に気を付けるべきマナーとは

8. まとめ

続きを読む

供花をいただいたらお返しはどうする?誰もが悩む6大疑問に答える

供花とはお葬式で故人の供養のために飾る花です。

供花は葬儀に参列しない人からも、参列する人からもおくられる可能性があります。

そこで気になるのは、お返しをどうしたらよいかです。

 

故人の供養のためとはいえ、供花をいただいたら、遺族としては何らかのお礼をしないと失礼なような気がします。

一方で、供花だけいただいた場合はお礼状をおくればそれで良いという話も耳にします。

 

そこでお葬式に供花をいただいた場合のお返しについて、お礼状やお返しの品物の相場やおくる時期など6つの項目で詳しく説明します。

 

— この記事の目次 —

1. そもそも供花とは?

2. お葬式に参列せずに供花だけを送られた場合はどうしたらいい?

3. 香典と供花をいただいた場合のお返しはどうする?

4. 供花のお礼状を出す方法は?

5. 供花のお返しには何を選べば良い?

6. 供花のお返しにのしを付ける?付けない?

7. 職場から供花をもらったらどうする?

8. まとめ

続きを読む

お悔やみのマナーは大丈夫?タイミングや言葉遣い、文例をご紹介!

訃報の知らせを受けたとき、とっさにお悔やみの言葉が出てくる人は、それほど多くないのではないでしょうか?

お悔やみのマナーが身についていないと、とっさの場面で失礼な言い方をしてしまったり、恥ずかしい思いをしたりすることもあるかもしれません。

 

ここでは、お悔やみのマナーについてお伝えしています。

お悔やみを伝えるタイミングや伝え方、言葉遣いの他に、お悔やみの言葉の文例もシーン別にご紹介しています。

 

使ってはいけない言葉についても触れていますので、一通り把握しておくことで、とっさの場面で慌てずに、落ち着いて、お悔やみの言葉が出てくる助けになればと思います。

 

— この記事の目次 —

1.お悔やみの言葉にはどんなマナーがある?

2.お悔やみの言葉の文例を教えて!

3.お悔やみはどういう風に伝える?

4.お悔やみを伝えるタイミングはいつ?

5.お通夜や葬儀・告別式に参列できない場合は?

6.喪中ハガキで訃報を知った時のマナーは?

7.まとめ

続きを読む

会社関係者の香典相場は?香典袋の書き方、中包みのマナーをご紹介!

働いていれば、勤め先の関係者の訃報を耳にすることも少なくありません。

香典金額は故人との関係の深さによって異なることを知っていても、いざとなったときに香典をいくら用意すればいいのか迷うことが多いのではないでしょうか。

 

この記事では、会社関係者の香典相場や、香典袋の書き方、中包みのマナーなどについてご紹介します。

また、香典を会社の人から頂いた場合のお礼の仕方についてもご説明します。

 

これを読めば、会社関係者に渡す香典について、ひととおりの知識が身につきます。

事前に香典に関する知識を持っていれば、いざというときにも落ち着いて対応することができます。

参考にしていただければ幸いです。

 

— この記事の目次 —

1.会社関係者の人が亡くなった場合、葬儀には参列する?

2.香典金額の相場を知っておこう①社内編

3.香典金額の相場を知っておこう②取引先編

4.宗教によって異なる表書き

5.香典袋の下段の名前を書くときのポイント3つ

6.知らないと恥ずかしい!中袋のマナー

7.会社から香典をもらったときの対応の仕方

8.まとめ

続きを読む

仮通夜でのふさわしい服装とは?/仮通夜の特徴、心構えなど

仮通夜という言葉をご存知でしょうか。

近年では仮通夜が行われること自体が減ってきたため、何をするのかわからないという方が多いのではないでしょうか。

いざ仮通夜に参加する際に、どんな服装をすれば良いのかわからずに戸惑ってしまうことがあるかもしれません。

 

この記事では、仮通夜におけるふさわしい服装や、仮通夜の特徴、心構えなど、知っておきたいポイントについてご説明します。

これを読めば、仮通夜についての知識が身に付き、周囲の人を不快にさせないきちんとした振る舞いができるようになります。

 

近年行われることが減ってきたとはいえ、仮通夜は大切な儀式の一つです。

いざという時にも対応できるようにしておきましょう。参考にしていただければ幸いです。

 

— この記事の目次 —

1.仮通夜って何?

2.仮通夜では何をする?

3.仮通夜でのふわさしい服装

4.仮通夜での服装を、男性・女性・子供に分けて解説!

5.メイクと身だしなみの注意点3つ

6.仮通夜に参列するときの心構えとマナー

7.仮通夜で気をつけたい言葉遣いとは?

8.まとめ

続きを読む

お葬式の礼儀はここがポイント|これだけで安心の6項目を徹底説明

不幸はある日突然に起こります。

人が亡くなるとお葬式が営まれます。

しかし、お葬式に参列する際に事前の準備をしておくことはできません。

 

また、お葬式では普段行き会わない遠い親戚や知り合いの人とも顔を合わせることになります。

失礼の無いように礼儀をわきまえた態度や行動をしなければなりません。

 

そこで、お葬式に参列するにあたり必要な礼儀について、服装や香典、挨拶の仕方など6項目の観点から詳しく説明します。

普段わかっているようで、いざとなると気になる礼儀について、ここで確認しておきましょう。

 

— この記事の目次 —

1.お葬式の礼儀って何のこと?

2. 礼儀に適ったお葬式での服装とは

3. お葬式の香典に関する礼儀はご存知ですか?

4. お葬式での挨拶で礼儀をつくすには?

5. 知っておくべきお葬式の焼香についての礼儀

6. お葬式の受付での礼儀とは

7. お葬式の儀式で必要になる礼儀は?

8. まとめ

続きを読む

お葬式にお金はいくら必要?かかるお金、もらえるお金の最新相場一覧

お葬式には意外とお金がかかるという話を耳にします。

「葬式費用ぐらいは貯めておく」という人も大勢います。

では、お葬式にはどのくらいのお金がかかるのでしょうか?

 

お葬式にかかるお金の相場を最新データでまとめてご紹介します。

そしてお葬式にかかるお金を節約するにはどうしたら良いかについても説明します。

 

一方、お葬式に参列する人が用意するお金が「香典」です。

これはお葬式をする側にとっては、もらえるお金になります。

お葬式の香典の相場についてもまとめて紹介します。

これでお葬式に関するお金がいくらくらいかかるのかがイメージできるようになります。

 

— この記事の目次 —

1. お葬式にかかるお金ともらえるお金の内訳とは

2. お葬式で葬儀業者に払うお金はいくら?

3. お葬式でお寺に支払うお金の最新相場を紹介

4. 仏教以外のお葬式にかかるお金はどうなっている?

5. お葬式にかかるお金を節約するにはどうする?

6. お葬式でもらえるお金の「香典」の最新相場

7. お葬式のお金で「香典」以外にもらえるお金って?

8. まとめ

続きを読む

枕花のマナーとは?注文の仕方・金額・お返しの作法などをご紹介!

通夜や葬儀には、生花がつきものです。

昔から人は、死者に花を手向け、お悔やみの気持ちを伝えてきました。

そんな通夜や葬儀に関する花にはいくつかの種類があり、枕花はその中の一つです。

 

この記事では、枕花とはどういったものなのか、意味や読み方、種類等をお伝えし、さらに注文の仕方や金額、お返しはどうするかなどの枕花のマナーを詳しく解説していきます。

枕花のマナーについて、この記事で疑問点を解消していただければ幸いです。

 

— この記事の目次 —

1.枕花の読み方や意味は?

2.枕花の種類にはどんなものがある?

3.枕花の送り方のマナーの基本は?

4.枕花を注文するときの流れやポイントは?

5.枕花の相場はいくら?

6.ネットのお勧め花ギフトをご紹介!

7.枕花をいただいたときのマナーは?

8.一本花やその他の葬儀の花を知ろう

9.まとめ

続きを読む

供花の意味・読み方・送り方・お礼は?正しい供花の作法を解説します

「供花」とはどういうものか、意味はご存知でしょうか?

弔事に関する言葉は仏教が元になっているものが多く、読み方が特殊だったりしてちょっと分かりにくいですよね。

この記事では最初に、「供花」という言葉の意味や読み方について解説いたします。

 

そして供花の数え方や種類、どこに・誰に・どうやって送るのかなど、供花の基本をお伝えします。

また、供花の相場や札名の書き方、辞退していたときの対応、受け取ったときのお礼の仕方についても詳しく見ていきましょう。

「供花」の意味を知り、正しい作法を身に着けていただければ幸いです。

 

— この記事の目次 —

1.「供花」の読み方や意味は?一基とは?

2.供花の種類にはどのようなものがある?

3.供花の注文の仕方や注意すべき点は?

4.供花の札名のマナーは?

5.供花の値段はいくら?供花代とは?

6.供花をいただく場合の作法は?

7.仏教に関する植物の豆知識をご紹介!

8.まとめ

続きを読む

葬儀会場の選び方!斎場との違いは?公営と民営、どちらを選ぶ?

葬儀を行う場所として、よく耳にするものに葬儀会場、斎場、葬祭場、セレモニーホール、寺院会館などがありますね。

これらは普段は使わないものですので、違いが分からない方も多いのではないでしょうか。

実際運営しているのは自治体や民間業者、寺院などバラバラで、設備や値段、サービスなども異なるのです。

 

この記事では「葬儀会場」とはどういったものなのか、公営と民営での違い、葬儀会場の選び方などを解説していきます。

また、東京・大阪・福岡での葬儀会場もいくつかご紹介いたしますので、参考にしていただければ幸いです。

 

— この記事の目次 —

1.葬儀会場と斎場の違いは?

2.公営の葬儀会場の特徴は?

3.民営の葬儀会場の特徴は?

4.寺院・教会・自宅で葬儀を行うには?

5.葬儀会場でのマナーは?

6.葬儀会場の調べ方は?

7.主要都市の葬儀会場をご紹介!

8.まとめ

続きを読む