一発解決!お葬式で喪主がやるべき事はこれ!

人間は皆、いずれ死を迎えます。しかし、命の期限は明確に示されてはいないので、いつ何時家族の死に直面するかは予測がつかず、実際に葬儀を体験してみて初めて知るようなことが沢山あるのではないでしょうか。

だからと言って、健康な内に自分や家族の葬儀の準備をしている人は少ないですよね。必ず通る道なのに、その時になって誰を喪主にしたら良いのかだったり、どのように挨拶すると良いのかなどと疑問が出てきて、悩んでしまいがちです。

現在では喪主は故人の配偶者がなるというのが一般的のようですし、喪主が行う挨拶はテンプレートが用意されている場合があり、一から自分で文章を組み立てる必要もないようです。

そこで今回は「お葬式の際に喪主が絶対に直面するやるべき事」について、詳しくご紹介いたします。

この記事を一読すれば、お葬式における喪主の心構えややるべき事がしっかりと把握出来ます。喪主を務めることになった場合は、このページを読んでぜひ滞りなく葬儀を執り行えるようになってください。また、喪主にならない場合でも、正しい知識を持つ喪主のサポート役として立ち回れるようになっていただければと思います。

— この記事の目次 —
1.喪主って一体誰がやるべきなの?
2.自分が喪主になったら絶対やらなくてはならない3つのこと
3.葬式の流れ、ちゃんと全部知っていますか?
4.喪主の心得るべきマナー
5.喪主の挨拶で気をつけておきたい3つのこと
6.葬式で弔問客が注意したいマナー3選
まとめ

続きを読む

火葬料金の相場は?葬儀費用を安く抑える方法教えます!

お葬式の費用っていうと高いイメージがあると思いますが、大体いくらぐらいかかるか知ってますか?日本消費者協会が行った調査によると、葬儀費用の全国平均はおよそ189万円(2014年)となっています。もちろんお世話になった大切な人のために立派な葬儀をしたいという気持ちはあるでしょうが、一方で出来るだけ負担を抑えたいという気持ちもあるでしょう。

もし、立派な葬儀で大切な人を見送ることが出来る上に、費用を抑えることが出来る方法があるとしたら、知りたくないですか?

葬儀の質を落とすことなく、少しでも費用を抑えたいのであれば、火葬の料金を抑えることで負担を減らすことが出来ます。民間の火葬場を利用した場合、火葬費用だけで高いところだと15万円程かかるところがある一方で、公営の火葬場の場合、地域によっては数千円で火葬場を利用できたりするんです。

この記事では、地域ごとの民間火葬場・公営火葬場を比較し、火葬の料金を安く抑える方法を紹介していきたいと思います。さらにそれ以外にも葬儀の費用を抑える様々な方法もご紹介。最後には番外編としてペットの火葬についても紹介しているので、一緒に暮らしている大切なペットがいる場合はぜひ参考にしてみてください。この記事を読んで、あなた自身への負担を減らしつつ、大切な人をしっかりお見送りする方法を知っておきましょう。

— この記事の目次 —
1.火葬の料金は平均いくらぐらい?
2.地域別火葬料金の比較
3.居住地以外で火葬はできる?
4.火葬に税金ってかかるの?
5.火葬式(直葬)ってなに?
6.さらに料金を安くできる3つの方法
7.【番外編】ペットの火葬料金
まとめ

続きを読む

葬儀の見積もりの読み方とポイントは?相場やカラクリ徹底解説!

葬儀の見積もりについてどういう印象を持っていますか?
「なんだか複雑でよく分からない…」
「不透明な感じがして不安」
こんなイメージの方は多いと思います。葬儀はさまざまな費用がかかりますし、葬儀サービスに関するトラブルは年間400~700件もあるとのことです(消費生活センター調べ)。大事な葬儀で後悔するような事態は避けたいですよね。そこで、ここでは葬儀の見積もりの読み方やポイント、相場やカラクリなどを解説いたします。適正な値段で、気持ちの良い葬儀を行うために、まずは見積書をしっかりとチェックしてみましょう!

— この記事の目次 —
1.葬儀の見積もりを取る方法
2.どうなっている?葬儀費用の見積もりの内訳
3.結局葬儀ってどれくらいかかるの?
4.葬儀スタイルによって見積もりは異なる
5.いい葬儀社・いい見積書の選び方
6.葬儀社によって見積もりはどう違うの?
7.番外・補助金申請
まとめ

続きを読む

一日葬って?流れや費用など気になる7つの疑問を徹底解説!

人生のうちでそれほど多くはないものの、たくさんのお金や時間、労力がかかるお葬式。大切な人が亡くなった時、しっかりとお別れをしたいものの、まとまったお金や時間が必要になるのも事実ですよね。費用を抑えつつ、しっかりとしたお葬式をあげられる1つの方法として、一日葬があります。最近では、故人の高齢化や多様な価値観に伴って、様々なかたちのお葬式がひらかれるようになってきました。ここでは、最近増えてきた一日葬について、その流れや費用の相場、注意点などを詳しくご紹介します。一日葬の特徴を知り、故人・親族・会葬者など様々な立場の方が満足のいくお葬式を行ってください。

— この記事の目次 —
1.一日葬って何?一般葬との違いとは
2.お葬式にかかる3種の費用・相場は?
3.一日葬が家族葬よりも安くできる理由とは?
4. 一日葬の3つのメリットとは?
5. 一日葬の4つのデメリットとは?
6.一日葬は非常識?イマドキの葬儀事情とは
7.一日葬で気を付けたいマナーや服装は?
まとめ

続きを読む

葬儀の受付が確認しておきたい守るべきマナーまとめ

葬儀を執り行う上で、重要な役割のひとつに「受付」があります。
葬儀に参列した方ならご存知でしょうが、記帳のお手伝いや香典をお預かりする役割を担っています。
「受付」の存在は知っているが、実際に受付を担当したことのある方は少ないのではないでしょうか?
また、受付を行う機会はそうそうあるものではありませんので、一度や二度の経験では完璧な受付のマナーを
習得することは難しいでしょう。
人の死は突然やってくるもの。いつか来るのは分かっているが、準備を万全にするのは難しいもの。
この記事では「葬儀の受付が確認しておきたい守るべきマナーまとめ」と題しまして、
いざというときに慌てずに葬儀の受付を執り行えるための手順とマナーをご紹介します。
大切な方を失って心の余裕がない中、葬儀を執り行うことは大変な労力を費やします。
傷心したご遺族や喪主の方をサポートし、余裕をもって故人を見送る手助けをする「受付」は大切な役割です。
適切なマナーを普段から身に着けておけば、突然頼まれた場合でも冷静に対応することが出来ます。受付自体はそれほど難しいものではなく、誰にでも行える役割です。しっかりとポイントを抑え、いざという時に備えておきましょう。
では、「葬儀の受付が確認するべきマナー」を順を追ってみていきます。

続きを読む

家族葬とは?費用を抑えて素敵な葬儀にするポイントを解説!

「家族葬」をご存知でしょうか?
家族で葬式を行う…もちろん、読んで字のごとくその通りなのですが、具体的に「家族葬」がどういった葬儀であるかを説明できる方は少ないのではないでしょうか。
人生の中で、葬儀を執り行う立場になることは少ないですし「別れ」は突然やってくるものです。
前もって葬儀について真剣に深く調べる方も多くないでしょう。
近年、葬儀のスタイルとして「家族葬」と呼ばれるものが急速に増えています
実際に葬儀を行う方の約半数がこの「家族葬」を行っているという現状があります。
その傾向は地方から都市部になればなるほど増加の傾向にあります。
実はこの「家族葬」には明確な定義は存在せず、故人の遺志やご遺族の意向によって変わってくるのです。
このページでは、「家族葬とは? 費用を抑えて素敵な葬儀にするポイントを解説!」と題しまして
今後さらに増加するであろう「家族葬」について執り行う際のポイント、メリットなどを詳しくご紹介いたします。

続きを読む

葬儀・葬式の流れマニュアル|突然の有事に慌てないための全知識

別れは突然訪れるものです。
そして、その別れはみな平等に訪れます。
超高齢社会へと突入している現在の日本において、「葬儀」や「葬式」はより身近なものになってくるでしょう。
すでに「葬儀」に参列されたことのある方は多くいらっしゃると思いますが、
実際に葬儀を取り仕切った方は少ないかもしれません。
葬儀を取り仕切るのは家長であったり、長男であったり様々ですが、生涯において取り仕切る立場になることなく終わる方もいらっしゃいます。
「私は長男や長女ではないし、誰かがやってくれるだろう」と思いがちですが、
「死」というものはいつも突然やってきます。
自分が取り仕切る代表、いわゆる「喪主」になる可能性はゼロではありません。
また「喪主」という立場にならなかったとしても、葬儀において代表の方をしっかりとサポートするために、
葬儀や葬式における手順や知識を蓄えておくことは人生において大変重要なことではないでしょうか?

家族や配偶者が亡くなった場合、誰しも気持ちが不安定になり目の前が真っ白になるかもしれません。
そういった状態で葬儀の流れや葬式の手配を考えるのは、心の余裕がないためうまく取り仕切ることに不安が残ります。
そんな気持ちが落ち込んでいる状態であっても大切な故人をしっかりと見送ることが喪主の役目であり、
その喪主をサポートするのが親族の務めとなります。

この記事では、「葬儀・葬式の流れマニュアル|突然の有事に慌てないための全知識」と題して、
いざというときにも、大切な故人を余裕をもって見送ることが出来るようにするために、
葬儀・葬式の流れや、ルール、一般常識などをまとめます。
葬儀や葬式での知識を今から蓄えることで、いざその時が訪れた場合に、冷静に対処できるようにしましょう。

— この記事の目次 —
1.臨終から葬儀終了まではこんな流れ
2.葬儀・葬式の種類5パターン
3.喪主になったら最初にすべき6つのこと
4.ご臨終から葬儀準備までの10ステップ
5.お通夜から葬儀までの6ステップ
6.通夜・葬儀の後にすべき4つのこと
7.まとめ

続きを読む

神道の葬儀にはじめて参列することになったら、確認しておきたい基本知識と作法まとめ

日本の葬儀の90%は仏式といわれますがそんななかで、パーセンテージは少ないですが、神道の葬儀もあります。
神道と仏式との一番の違いは、死後についての考え方です。

マナーの面でも、数珠も不要ですし香典袋の書き方についても仏式とは違ってきます。
そうした神道の葬儀にいざ参列するとなると、戸惑うことも多いでしょう。

そこで、神道の基本知識や葬儀の流れ、列席した時のマナーなどについて紹介します。いざというときのために、一読しておくことをオススメします。

続きを読む

小さなお葬式で葬儀/葬式を行う時の費用・料金プラン

ご家族との最後のお別れ「お葬式」。

最近は「終活」「エンディング」などという言葉と共に、ご自分の最後やご家族のとのお別れをご自分でプロディースすることが、めずらしい話でも、避けるべき話でもなくなりました。

むしろ「最後も自分らしく」というお気持ちの方が多いようです。

そこで今回は、インターネットやNHKなどメディアへのとりあげもあり話題になった「小さなお葬式」についてご紹介致します。

続きを読む

密葬とは?家族葬との違いから密葬の香典マナーまで完全解説

「密葬」という言葉を聞いてどのようなイメージを持つでしょうか。

文字通り「密かに葬る」と言えばそれまでですが、具体的にイメージできる人は少ないと思います。また近年急激に増加している、家族や親近者だけで執り行われる小規模な「家族葬」との違いもはっきり分からないというのが正直なところでしょう。

大切な人との永遠の別れは急に訪れるものですが、前もってお葬式のことを調べたりはしないもの。

今回は上記の表題にて、近年急速に増加している「密葬」について、「家族葬」との混同を正しつつ、そのメリットとデメリット、密葬を執り行う際の具体的な流れと各種マナーまで徹底解説したいと思います。

続きを読む