火葬の悩みを全て解決!もしもの時のために知っておきたい火葬知識総まとめ

どんな人でもいつかは必ず死が訪れます。

日本では昔から亡くなった人を火葬するのが一般的だとされています。しかし、火葬については身近なようであまり詳しく知っている方は少ないのではないでしょうか?

ここでは、火葬について詳しく説明していきます。

火葬の流れや、火葬に関しての法律、火葬時間や火葬場の稼働時間についても詳しく紹介しています。また、大人と子供での火葬時間の違いや、火葬場の仕組みや設備などもご紹介。

さらに、犬などのペットなどを火葬する場合はどうすれば良いのかについても解説します。

火葬に出席する場合は正しい服装やマナーを理解して、遺族の方に失礼のないようにしたいものです。

— この記事の目次 —
1.火葬ってなに?
2.おさえておきたい火葬の法律は?
3.火葬時間はどの位必要なのか?
4.犬やペットなどの火葬時間は?
5.火葬での基本的なマナー
6.火葬場の構造はどうなっているのか?
7.主な火葬場の稼働時間は?
まとめ

続きを読む

これだけ知れば安心!失礼のない訃報の知らせ方と対応7つのポイント

訃報の知らせを受けて返事をしなければならなかったり、訃報をしらせなければならない場面はいつかは誰にでもあることです。この時、正しい対応や知らせ方が分からずに困ってしまうということはありますよね?また葬儀の準備に追われ心身共に疲労してしまいます。

訃報の知らせは葬儀の準備の一部ですが、送り方を知っていればあせることもありません。今回正しいマナーに乗っ取った失礼のない訃報の知らせ方、返事の仕方を詳しく説明します。

これを知っておけばもしもの場面に直面しても正しく常識的な対応をすることが可能になります。ぜひこのページを読んで訃報の知らせに関する常識を身に付けましょう。またこれから訃報の知らせをする、知らせの返事をするという方もこのページを参考にして失礼のない適切な対応をしましょう。

— この記事の目次 —
1.そもそも訃報とは?
2.訃報を受けたときはどうしたらいいの?遺族に失礼にならないコツ
3.葬儀に行くときに知っておくべきマナー
4.訃報の知らせを受けたけどどうしても出席できない!葬儀に行けないときの対処法
5.訃報を知らせるときの注意すべきポイント3選
6.分かりやすい訃報の知らせを書くコツ!
7.新聞でよく見る訃報の知らせ。そのやり方とは?
まとめ

続きを読む

無宗教の葬儀がわかる!概要~供養、参列マナーまで絶対身に付きます

突然やってくる悲しい別れ。その辛さは計り知れないものがあります。その悲しみの中で、葬儀の準備や葬儀に参列するための準備などしなくてはいけないのはとても大変ですよね。

葬儀は、故人を偲び送り出すための大切な儀式です。宗教別などそのかたちはさまざまで、最近では「無宗教」のための葬儀も増えていると言われています。では、無宗教の葬儀ってどのようなものかご存知でしょうか?

無宗教の葬儀は、宗教や形式ににこだわらない自由なかたちの葬儀です。

ここでは、無宗教の葬儀の概要から参列する際のマナー、また、無宗教葬儀を行う際の注意点などについて詳しくご紹介していきます。

いざというときのために知っておいてよかったと思えるはずです。そして、大人としてのマナーも身につけることができると思いますので、ぜひ読んでみてください。

— この記事の目次 —
1.無宗教の葬儀(無宗教葬)を知っていますか?
2.宗教別による葬儀のちがい
3.無宗教の葬儀(無宗教葬)の概要
4.無宗教の葬儀(無宗教葬)に参列する際のマナー
5.一般的な葬儀後の供養や納骨など、無宗教の葬儀(無宗教葬)の場合どうなるのか?
6.無宗教の葬儀(無宗教葬)を行う際の注意点とは
7.さまざまなかたちの無宗教の葬儀(無宗教葬)
まとめ

続きを読む

自宅で行う葬儀「自宅葬」のメリットや費用、マナーまで徹底解説!

大切な人との別れは、ゆっくり親しい人たちだけで行いたい、最期は思い出のつまった自宅でゆっくり過ごさせてあげたい、でも今後の生活もあるので、費用はできるかぎりおさえたい、そんな思いはありませんか?

自宅葬はいま、そのような方たちに支持されています。

死は突然訪れることもあれば、長い看病の末にやってくることもあります。いずれにしても、残された人にとって、精神的なショックは大きいものです。その中であわてて葬儀の準備をしなければいけないというのはどれほど大変なことでしょう。

ここでは、自宅葬のメリットデメリット、費用やおさえておきたい注意点、マナーなどを網羅してご説明いたします。なんとなく気になっていた自宅葬をきちんと理解して、大切な人との別れに備えられるようになりますよ。

— この記事の目次 —
1.自宅葬とは?
2.自宅葬が見直されている理由って?
3.自宅葬にはこんなメリットデメリットが
4.気になる自宅葬の費用
5.自宅葬に必要な準備を知りたい
6.知っておきたい。自宅葬の注意点
7.おさえておきたい自宅葬のマナー
8.よくある質問
まとめ

続きを読む

東京の火葬場事情。1週間も待たされる!?その理由と対処法

「東京では、火葬まで1週間以上も待たされるらしい」とまるで都市伝説のようにささやかれているのをご存知でしょうか。通常なら通夜から火葬まで35日くらいで終わる葬儀ですが、都市部、とくに東京では火葬場を予約してから1週間待ち、10日待ちといった異常事態も少なくありません。決して都市伝説ではないのが東京の火葬場事情なのです。

火葬ができる日取りが決まらなければ、葬儀もできません。火葬までの間のご遺体をどうするかといった問題もご遺族にのしかかってきます。もし東京で親族が亡くなったとき、火葬するまでに時間がかかるとしたらどうしたらいいのでしょう。

ここでは東京都、とくに人口が集中する23区にスポットを当てて、東京の火葬場事情をご紹介します。さらに施設の特徴や費用の面、また最近注目されている「火葬式・直葬」について知っておきたい、知っておけば安心という情報もピックアップしました。人の死は、いつ訪れるかわかりません。その日が来る前に、心の準備だけでなく実務面でもバタバタすることなく、心穏やかに見送ることができるようにしておきたいものです。

— この記事の目次 —
1.東京の火葬場事情とは
2.火葬場待ちで生じる問題点とは
3.1週間も待てない!そんなときは
4.東京23区の火葬場と特徴
5.一般的葬儀で行われる火葬の流れとマナー
6.葬場で執り行う「火葬式・直葬」とは
7.これからの東京の火葬場はどうなる
まとめ

続きを読む

『枕飾り』って何?押さえておきたい葬儀のポイント7選

突然家族が亡くなった。初めて喪主を努めなければならない。そんな時あなたは何をどうしたらよいか戸惑うに違いない事は想像に難くないとは思いませんか?

突然の家族の死に際した場合、『枕飾り』から葬儀へ段取り良く進めるなんてとても今の段階では無理と思うでしょう。

そんな初めての『枕飾り』ですが、実際にやってみるとポイントさえ押さえておけば、さして難しいことではありません。同じ経験を持つ私が、はじめての葬儀でもまごつかないポイント7つを特に『枕飾り』にフォーカスして、ご紹介いたします。この記事を読んではじめての葬儀の不安を一掃し、突然の不幸に対処できるようにしておきましょう。

— この記事の目次 —
1.『枕飾り』って何?
2.ここでおさらい葬儀の手順
3.宗教によって違う枕飾り
4.枕飾りの5つのポイント
5.ここは押さえておきたい枕飾りの4大マナー
6.枕飾りが終わったら
7.自宅で臨終を迎えた場合
まとめ

続きを読む

もしもの時に慌てない!知っておきたい葬儀の基本と葬儀会館の選び方

「家族のもしもの時は葬儀会館にお願いすればいいだろう」と考えている方や年齢によっては「葬儀のことなんて考えたこともない」という方も多いと思います。

確かに家族が元気なのに葬儀について知るきっかけなんてなかなかありませんが、テレビで葬儀のシーンを見たときなどに「あれ?私何も知らない」「お金っていくら必要なんだろう」と不安になることはありませんか?

葬儀は葬儀会館にお願いするのが一般的です。必要なことは漏れなく取り仕切ってもらえますから、遺族に負担もかかりませんので安心です。

しかし、全ての葬儀会館が親身になって故人や遺族の意向に沿った対応をしてくれるとは限りません。「見積もり金額と比べて請求金額がかなり高額!!」なんていう金銭トラブルも耳にします。

今回はもしもの時に「困らない、騙されない」葬儀会館の選び方と知っておきたい葬儀の基本知識をご紹介します。基本知識だけあれば大丈夫!「もしもの時」に余計なトラブルに巻き込まれることなく、安心して故人を送り出せるようにしておきましょう。

— この記事の目次 —
1.葬儀会館とは
2.葬儀の流れ
3. 葬儀会館でできる葬儀の種類
4.葬儀会館でなくても葬儀はできる
5.葬儀会館を利用する場合の費用について
6.失敗しない葬儀会館の選び方
7.知っておきたい最低限の知識
まとめ

続きを読む

一発解決!お葬式で喪主がやるべき事はこれ!

人間は皆、いずれ死を迎えます。しかし、命の期限は明確に示されてはいないので、いつ何時家族の死に直面するかは予測がつかず、実際に葬儀を体験してみて初めて知るようなことが沢山あるのではないでしょうか。

だからと言って、健康な内に自分や家族の葬儀の準備をしている人は少ないですよね。必ず通る道なのに、その時になって誰を喪主にしたら良いのかだったり、どのように挨拶すると良いのかなどと疑問が出てきて、悩んでしまいがちです。

現在では喪主は故人の配偶者がなるというのが一般的のようですし、喪主が行う挨拶はテンプレートが用意されている場合があり、一から自分で文章を組み立てる必要もないようです。

そこで今回は「お葬式の際に喪主が絶対に直面するやるべき事」について、詳しくご紹介いたします。

この記事を一読すれば、お葬式における喪主の心構えややるべき事がしっかりと把握出来ます。喪主を務めることになった場合は、このページを読んでぜひ滞りなく葬儀を執り行えるようになってください。また、喪主にならない場合でも、正しい知識を持つ喪主のサポート役として立ち回れるようになっていただければと思います。

— この記事の目次 —
1.喪主って一体誰がやるべきなの?
2.自分が喪主になったら絶対やらなくてはならない3つのこと
3.葬式の流れ、ちゃんと全部知っていますか?
4.喪主の心得るべきマナー
5.喪主の挨拶で気をつけておきたい3つのこと
6.葬式で弔問客が注意したいマナー3選
まとめ

続きを読む

火葬料金の相場は?葬儀費用を安く抑える方法教えます!

お葬式の費用っていうと高いイメージがあると思いますが、大体いくらぐらいかかるか知ってますか?日本消費者協会が行った調査によると、葬儀費用の全国平均はおよそ189万円(2014年)となっています。もちろんお世話になった大切な人のために立派な葬儀をしたいという気持ちはあるでしょうが、一方で出来るだけ負担を抑えたいという気持ちもあるでしょう。

もし、立派な葬儀で大切な人を見送ることが出来る上に、費用を抑えることが出来る方法があるとしたら、知りたくないですか?

葬儀の質を落とすことなく、少しでも費用を抑えたいのであれば、火葬の料金を抑えることで負担を減らすことが出来ます。民間の火葬場を利用した場合、火葬費用だけで高いところだと15万円程かかるところがある一方で、公営の火葬場の場合、地域によっては数千円で火葬場を利用できたりするんです。

この記事では、地域ごとの民間火葬場・公営火葬場を比較し、火葬の料金を安く抑える方法を紹介していきたいと思います。さらにそれ以外にも葬儀の費用を抑える様々な方法もご紹介。最後には番外編としてペットの火葬についても紹介しているので、一緒に暮らしている大切なペットがいる場合はぜひ参考にしてみてください。この記事を読んで、あなた自身への負担を減らしつつ、大切な人をしっかりお見送りする方法を知っておきましょう。

— この記事の目次 —
1.火葬の料金は平均いくらぐらい?
2.地域別火葬料金の比較
3.居住地以外で火葬はできる?
4.火葬に税金ってかかるの?
5.火葬式(直葬)ってなに?
6.さらに料金を安くできる3つの方法
7.【番外編】ペットの火葬料金
まとめ

続きを読む

葬儀の見積もりの読み方とポイントは?相場やカラクリ徹底解説!

葬儀の見積もりについてどういう印象を持っていますか?
「なんだか複雑でよく分からない…」
「不透明な感じがして不安」
こんなイメージの方は多いと思います。葬儀はさまざまな費用がかかりますし、葬儀サービスに関するトラブルは年間400~700件もあるとのことです(消費生活センター調べ)。大事な葬儀で後悔するような事態は避けたいですよね。そこで、ここでは葬儀の見積もりの読み方やポイント、相場やカラクリなどを解説いたします。適正な値段で、気持ちの良い葬儀を行うために、まずは見積書をしっかりとチェックしてみましょう!

— この記事の目次 —
1.葬儀の見積もりを取る方法
2.どうなっている?葬儀費用の見積もりの内訳
3.結局葬儀ってどれくらいかかるの?
4.葬儀スタイルによって見積もりは異なる
5.いい葬儀社・いい見積書の選び方
6.葬儀社によって見積もりはどう違うの?
7.番外・補助金申請
まとめ

続きを読む