葬儀の受付をおねがいされたら?マナーとして知るべき葬儀完全マニュアル

葬儀を執り行う上で、重要な役割のひとつに「受付」があります。
葬儀に参列した方ならご存知でしょうが、記帳のお手伝いや香典をお預かりする役割を担っています。
「受付」の存在は知っているが、実際に受付を担当したことのある方は少ないのではないでしょうか?
また、受付を行う機会はそうそうあるものではありませんので、一度や二度の経験では完璧な受付のマナーを
習得することは難しいでしょう。
人の死は突然やってくるもの。いつか来るのは分かっているが、準備を万全にするのは難しいもの。
この記事では「葬儀の受付が確認しておきたい守るべきマナーまとめ」と題しまして、
いざというときに慌てずに葬儀の受付を執り行えるための手順とマナーをご紹介します。
大切な方を失って心の余裕がない中、葬儀を執り行うことは大変な労力を費やします。
傷心したご遺族や喪主の方をサポートし、余裕をもって故人を見送る手助けをする「受付」は大切な役割です。
適切なマナーを普段から身に着けておけば、突然頼まれた場合でも冷静に対応することが出来ます。

受付自体はそれほど難しいものではなく、誰にでも行える役割です。しっかりとポイントを抑え、いざという時に備えておきましょう。
では、「葬儀の受付が確認するべきマナー」を順を追ってみていきます。

続きを読む

曹洞宗葬儀の一般的な流れと基本知識まとめ

普段の生活ではほとんどの方が意識していない宗派。
しかし、家の宗派について理解しておかなければ、遺族の方がお亡くなりになられた際どのように対応すれば良いかわからないですよね。
そこで今回は、禅の教えをよりどころに生きることを目指す坐禅をその教えの根本とした「曹洞宗」の葬儀の一般的な流れと基本知識をご紹介致します。

「曹洞宗」の家系の方はいざという時のために、是非メモに残しておいて下さい。

また家族でなくても、友人やお知り合いの方の葬儀出席の際にも是非お役立てください。
続きを読む

葬儀屋さんはどこを選ぶ?特色を解説した葬儀屋一覧まとめ

誰もがいずれは経験しなければならない大切な人との別れ。

悲しみをこらえ、亡くなった「大切な人」のために、最期のはなむけとして、よりよい葬儀をしてあげることが、残された者の役割ではないでしょうか。

今回は、葬儀屋についてご紹介。

訃報があってから葬儀屋について調べる時間はないといっても過言ではないため、何かあった時のために、是非一度確認しておくことをオススメします。
続きを読む

家族葬(DIY葬)で葬儀費用を10万円以下に抑えてわかった6つの教訓

お葬式は、家族や大切な人の「死」という現実と向き合い、弔う大切な儀式です。

その葬儀の種類には様々なものがあり、昨今では特に葬儀の「かたち」を選べる時代になってきました。

様々な葬儀の形がある中で、今回ご紹介するDIY葬とは、「Do It Yourself」葬の略で、つまりは「葬儀業者に頼らず、葬儀のすべてを自分たちの手で行う葬儀」のことです。

このページでは、家族葬(DIY葬)で葬儀費用を10万円以下に抑えるための教訓と題しまして、葬儀のかたちや低価格でDIY葬を行う上での教訓をご紹介していきたいと思います。
続きを読む

葬儀の服装や持ち物で恥をかかないためのマナーまとめ

人生必ず節目として行事がありますよね。

出産・結婚そして人生の幕引きでもある葬儀です。

出産や結婚とは異なり、よほどの場合を除いて葬儀の準備を事前にしておくという事は困難です。

今回は葬儀の際に慌てなくて済むよう、葬儀の際の服装・持ち物についてご紹介。

まだ礼服をお持ちでない方は是非購入時にご参考ください。
続きを読む

喪主の決め方と役割/喪主のやり方完全マニュアルまとめ

お葬式の際に、葬儀の役割として親族内から選ぶ「喪主」。

しかし、この喪主は何故必要なのか…誰がなればいいのか…それを知らない方は多くいます。

今回は、突然喪主を務めることになった方にご参考頂きたい、「喪主とは何か」「何故必要なのか」「喪主のやり方」などご紹介します。
続きを読む

密葬とは/密葬と家族葬との違いや流れと一般常識に付いてのまとめ

近年、葬式の形式も多様化の傾向があります。

特に家族葬や密葬などの「身内だけで小さく葬儀をする」葬儀を実施されるケースが多くなり、この背景には少子高齢化社会や交友関係の変化などがあげられます。

そこで今回、小さい葬儀の一つ「密葬」についてご紹介します。

身内の方に万が一のことがあった場合、「密葬」も視野に入れていらっしゃる方は、密葬に関する知識を頭の片隅にでも良いので入れておくことをオススメします。
続きを読む

社葬を行うとき、社葬に参列するときに知っておきたい一般常識まとめ

企業の創業者や功労者などが亡くなった際には、「個人だけの葬儀」だけで終わらせることができません。

そのように企業の発展に尽くされた創業者や役員、業務遂行中に亡くなられた社員の功績を讃えるためにも、企業がご遺族と一体となって追悼する行事が社葬です。

今回は「社葬」に関する知識をご紹介。

身内、もしくは会社の関係で社葬に関わる可能性がある方はぜひご一読下さい。

続きを読む

何を基準に選ぶ?葬儀社の選び方と人気ランキングのまとめ

お葬式における葬儀社の役割は大きくなっています。

葬儀社を簡単に選んでしまったらずっと後悔してしまうことになるかもしれません。

今回は、もしもの時のためにご参考頂きた「葬儀社の選び方」そして「葬儀社人気ランキング」をご紹介します。

数多く存在する葬儀社の中からいつ選ぶことはなかなか難しい事です。

心のこもった葬儀を行う為には大きい小さいなど規模にとらわれずに良い葬儀社を選ぶことが大切といえます。

万が一の時のことを考え事前にどのような葬儀形態がいいのかを家族と相談し、それに見合った葬儀社を選んで、担当者に相談しておくと、いざという時に慌てなくても対応出来ますよ。

続きを読む

お葬式の挨拶文例集とお葬式挨拶で確認しておきたい流れまとめ

いつ来るかわからない身内や友人、お世話になった方のお葬式。

出来れば来ないで欲しいものではありますが、自分が生きてる限り避けては通れないものですね。

さて、皆さんはいざお葬式で挨拶する立場なった際、どのようにしたらよいか考えたことはありますか?

お葬式は突然くるものであるますし、自分の身内や親しい友人がお亡くなりになったりした場合、悲しさで色々考えたりするのは無理だと思います。

そのため、故人に恥をかかせないためにも、そして自分が恥をかかないためにもしっかりと事前に確認しておきたいですね。

今回は、あなたがお葬式で挨拶が必要になった際、あなたと故人の関係に応じた例文集と確認しておきたい流れを紹介したいと思います。
続きを読む