神道での葬儀をやる場合、実際に知っておいた方がいい6つの知識!

神道の葬儀に参列するとなると、神道とは何なのか、仏式の葬儀とはどう違うのか、守るべきマナーは何なのかなど、次々にわからないことが出てきて戸惑いがちですよね。

かといって準備にかけられる時間は限られていますし、あまり悩んでいる余裕もないのが余計に悩ましいところです。

 

しかしそれらはこのページを読んであらかじめ知識を得ることで解決することができます。

 

これから、「神道についてや、神式・仏式の葬儀の違いや、神道の葬儀に関するマナーや、神道の葬儀にかかる費用、神道の葬儀の流れ、神道の葬儀後、お墓はどうすればいいか」などを、丁寧に説明して行こうと思います。

 

このページをしっかりと読むことで、神道の葬儀に関する細かなことから主な流れ、マナーなどを深く知っていくことができます。

是非とも、神道の葬儀についての知識を深めていただきたいと思います。

 

— この記事の目次 —

1神道について

2ここが違う、神式葬儀と仏式葬儀

3神道の葬儀に関するマナー

4神道の葬儀の費用、どのくらいかかる?

5神道の葬儀のお墓について

6【番外編:神道について、より深く知ってみよう!】

7まとめ

続きを読む

お焼香のマナーは大丈夫?作法や順番などよくある疑問にお答えします

お焼香は、マナーを教わらずにいきなり本番になってしまうことが多く、けっこう緊張するものです。

静かな式場で読経が響く中、参列者が居並ぶ前でお焼香をするのですから、間違ったら恥ずかしいですよね。

 

その場で聞くことは難しいので、いざという時のためにお焼香のマナーは、知っておくにこしたことはありません。

この記事で正しいお焼香の作法や順番、宗派によるやり方の違いなどをしっかり理解してから、葬儀に臨みましょう。

 

— この記事の目次 —

1.お焼香の基本の意味を押さえておきましょう

2.お焼香の手順は必ず覚えておきましょう

3.もう迷わない!お焼香の順番

4.式場別焼香の作法はこれでOK!失礼のないお焼香の作法とは?

5. お焼香の作法は故人と自分の宗派、どちらに合わせる?

6.故人の自宅へ弔問したときのお焼香のマナーは?

7.仏教以外の葬儀でお焼香に相当するものは?

8.まとめ

続きを読む

通夜の挨拶で注意したいこと6つ!喪主のポイントと参列者のポイント

誰かが亡くなると、一般的な流れではまず通夜があり、その翌日に葬儀になります。

以前は、通夜は仮のものであり、葬儀・告別式が本式のものとされていました。

 

最近は時間的な都合もあり、通夜だけに参列する場合が増えています。

通夜だけに参列するのであれば、それは葬儀のかわりでもあり、相応の挨拶や態度が必要になります。

 

遺族にとっても、葬儀における挨拶と同様に、通夜においてもきちんとした挨拶が必要になってきました。

遺族にとっても参列者にとっても、どのような場面でどのような挨拶が必要になるのか、それぞれの例を交えて解説します。

 

— この記事の目次 —

1.通夜の流れと通夜の挨拶

2.喪主からの通夜の挨拶!ポイントと注意点とは?

3.参列者からの通夜の挨拶!ポイントと注意点とは?

4.通夜の挨拶も宗教によって変わる!

5.参列できない場合は通夜の挨拶ってどうする?

6.通夜の挨拶のマナー、一番大事なことはこれ!

7.まとめ

続きを読む

お焼香のやり方決定版!これで不安解消!宗教別の方法とマナー5選

皆さんは、お葬式の作法についてどのくらい把握していますか?

お葬式は、昔から長く行われてきたものであり、古くからのしきたりや作法がたくさんあります。

礼服に、お香典、お数珠、そしてお焼香などなど。

普段の日常生活では、意識することのない、慣れ親しみのない言葉や行動が溢れています。

 

サンコンさんの「お焼香での失敗話」は笑い話として有名ですが、いざお葬式の場で、お焼香のやり方に戸惑った人は少なくはないことでしょう。

特にお葬式では、気を使いますし、一人でお焼香に向かわないといけないので緊張してしまいますね。

 

そこで、ここでは、挙げられる限りのお焼香に関する疑問を解決するべく、基本的なやり方や宗教による作法の違いをまとめています。

お葬式前に一読すれば、不安になることはなくなるでしょう!

 

–この記事の目次–

1.お焼香って一体何なの?

2.もう一度確認しましょう!お葬式についての基礎知識

3.押さえておきたい、お焼香についての基礎知識

4.失敗しない!お焼香のやり方

5.お焼香のやり方、宗教でこんなに違うのです

6.お焼香のやり方、仏教以外でも違いはあるの?

7.恥を書かない、お焼香でのマナー5つ

8.まとめ

続きを読む

玉串奉奠の作法はコレ!神式葬儀で知っておきたいポイント6つ

日本の葬儀のほとんどは、仏式葬儀です。

いわゆるお坊さんにお経を読んでもらって、参列者が焼香をする、よくあるお葬式です。

けれど数は少ないものの、神道にのっとった葬儀、神式葬儀というものがあります。

特に最近、神式で葬儀をすると言うことが、以前よりも増えています。

 

神式の葬儀は仏式とはかなり違っており、戸惑うことも多くあるかもしれません。

何より一番違っているのが、神式葬儀では焼香しないと言うことです。

焼香はしませんが、かわりに行われるのが「玉串奉奠」です。

この「玉串奉奠」とはどんなことなのか、その意味や作法を解説します。

 

— この記事の目次 —

1.玉串奉奠の作法とその意味

2.神式葬儀の流れと玉串奉奠の作法

3.通夜祭までの玉串奉奠の作法

4.通夜祭での玉串奉奠の作法

5.葬場祭での玉串奉奠の作法

6.霊祭での玉串奉奠の作法

7.参列する側の玉串奉奠の作法

まとめ

続きを読む

神道の葬式を徹底解説!知っておけば安心できるマナーと流れ

初詣や結婚式、七五三、豆まきといったおめでたい行事で私たちの身近にある神社ですが、お葬式にも「神道(しんとう)式」があることをあまり知らない人も多いのではないでしょうか。

 

身内の方やご友人が亡くなられた時、神道式で葬儀を執り行うことになったら、どんな葬儀になるのか想像もつかない、あるいは不安に思うはずです。

どのような流れになって、どのようなことに注意したらいいのでしょうか。

 

私たちが普段から慣れている「仏式」とどのようなところが違っているのかなど、神道のお葬式に出席するにあたって、困らないように流れやマナーなどをご紹介します。

さらに、喪主になった場合の気になる費用についても、参考にしてみてください。

 

— この記事の目次 —

1.神道(しんとう)とは

2.神道式葬式と仏式葬式との違いは?

3.神道での葬儀の流れ

4.神道での葬儀の儀式のやり方

5.知っておきたい神道での葬式マナー

6.神道での葬式費用について

まとめ

 

続きを読む

死体安置所に安置する流れや場所による違い、自宅に安置する方法は?

突然家族が亡くなられたとき、葬儀までの流れはなかなかわかりづらいものです。

特にご遺体をどうするのか、どこに安置するのかというのは大きな問題です。

どの死体安置所に安置するかによって、料金や、遺族の面会のしやすさも変わってきます。

 

遺族によっては自宅に安置されたい方もいらっしゃいますし、意見も人によってさまざまです。

そこでここでは、死体安置所の違いによるメリット・デメリット、自宅で安置する場合の注意点、それぞれにかかる費用などをお伝えします。

いざというときのために、参考にしていただければと思います。

 

— この記事の目次 —

1.自宅で亡くなったときに死体安置所に安置するまでの流れは?

2.病院で亡くなったときに死体安置所に安置するまでの流れは?

3.葬儀社・民間の斎場の死体安置所に安置してもらうには?

4.公営斎場の死体安置所に安置してもらうには?

5.ご遺体を自宅で安置するときの注意点は?

6.ご遺体を安置してくれる民間のサービスとは?

7.直葬の場合の死体安置はどうする?

8.まとめ

 

続きを読む

弔電の文例まとめ・一般的な文例や社葬、宗教別、忌み言葉まで全網羅

弔電は、どうしても葬儀に参列できないときに、弔意を表すために送るものです。

ご遺族に失礼のないように、でもお悔やみの気持ちはしっかり伝えたいものですね。

また、弔電には普段使わない呼び名や、忌み言葉と言われる使用してはいけない言葉もありますので、気をつけておきたいところです。

 

この記事では故人と喪主、故人と弔電を送る方との関係によって違ってくる文例を、豊富に集めてあります。

他に仕事上での弔電の文例や、宗教や亡くなられた状態による違い、オリジナルな文章を書くときに気をつけるべきこともまとめてあります。

ご遺族の心に届く文章を、ぜひ探してみてくださいね。

 

— この記事の目次 —

1.続柄や関係性による弔電の文例の違いは?

2.友人や先生、お世話になった方への弔電の文例は?

3.仕事関係の方の場合は故人との関係で大きく変わる

4.亡くなられた状態による文例の違いは?

5.宗教の種類で使う言葉は違う

6.オリジナルな文章を付け足す場合は?

7.その他の場合の弔電の文例

8.まとめ

続きを読む

お葬式の参列について教えて!皆が気にしているマナーや流れを大解説

世の中にはいろいろな小さな疑問がありますよね。

例えば、「ティッシュは1箱160枚○○円か、1箱200枚△△円どちらがお得か?」。

例えば、「マンホールはなぜ丸いのか?」。

そういえば、お葬式の参列でも小さな疑問があったり。

 

しかも、それがたくさん。

そのような疑問を持つ方は多くいて、インターネット上ではお葬式の参列についての質問が多くされています。

 

ここでは、葬儀の参列に関する基礎知識やマナーなどを紹介していこうと思います。

この記事を読み終わったころには、きっとお葬式の参列で困ることもなくなるはずですよ!

 

— この記事の目次 —

1.お葬式の参列で最初に気になる3つの疑問

2.お葬式の参列マナー(見た目編)

3.お葬式の参列マナー(準備編)

4.お葬式の参列マナー(作法編)

5.お葬式に参列したら流れはこれ!

6.お葬式で絶対に使えるお悔やみ言葉

7.お葬式に参列してもらったら?このお礼が適切

8.お葬式の参列人数には、3つの謎がある!

9.まとめ

続きを読む

お通夜での線香のマナーや役割、御線香代の相場を一挙公開!

身内や同僚に不幸があった時、お葬式では多くの場合、葬儀の前日にお通夜が執り行われます。

故人との関係性が深い程、お通夜から参列する可能性が高くなりますよね。

 

長く生きていればそれなりに親しい方との別れを経験するとは言っても、それも恐らく数えられるくらいで、お通夜での振る舞い方を本当によく知っている一般の方はそう多くはないのではないでしょうか。

お通夜では弔問客が線香をあげることで、故人との別れを偲び、故人が安らかに眠れるよう祈りを捧げます。

 

今回の内容は、家族や親戚がお通夜で線香をあげて故人の霊を弔うこと、また一方で、弔問客にはどのようなマナーが求められているのかについて詳しくご紹介したいと思います。

例えば、線香の役割やお通夜に参列した時の身だしなみ、持参すべき御線香代についてなど知るべきことは多々挙げられます。

 

この記事を読んで、お通夜における線香の意味や故人との関わり、その他線香に関わる事柄について詳しくなっていただけたらと思います。

 

— この記事の目次 —

1. お通夜における線香の意味ってなに?

2. 一読すれば必ず役立つお通夜に関するマナー4選

3. 御線香代の相場と包む時に気をつけるべき事柄

4. 御線香代の表書きはどうする?

5. お通夜で気になる、あれやこれ

6. お通夜と線香に関する3つの小話

7. 大切なペットとのお別れ〜お通夜・葬儀〜

まとめ

続きを読む