男性用の喪服はスーツでよい?失礼のない喪服の選び方や着こなしは?

男性が喪服を選ぶときにまず迷うポイントは「スーツは喪服の代わりになるのか?」「礼服と喪服は違うのか?」といったところが多いです。

男性は普段の生活でスーツを着る方が多く、いつも着ているスーツやワイシャツ、ネクタイや靴が弔事でも使えるのならそれに越したことはないですよね。

また、スーツはスーツ専門店やデパートの他、ユニクロなどでも取り扱いがあります。喪服を買うにはどこが一番良いのでしょうか。

 

この記事では、礼服・喪服・スーツはどう違うのかや喪服の選び方・相場、小物について、どこで買うのがよいか、レンタル喪服などについてお伝えしていきます。

格好良く、失礼のない喪服の着こなしを身に着けましょう。

 

— この記事の目次 —

1.男性の礼服・喪服・スーツの違いとは?

2.夏や冬の葬儀での男性の喪服は?

3.弔事での男性のワイシャツや小物の注意点は?

4.男性の喪服の選び方や相場は?

5.男性の喪服はどこで買う?

6.男性用喪服のレンタルの仕方は?

7.男性の和装の喪服のマナーは?

8.まとめ

続きを読む

訃報を受けたらどんな挨拶をしたら良い?12の挨拶の具体例をご紹介

訃報を受けるのは予期せぬ時がほとんどです。

そんな時に、とっさにどのような挨拶で受け答えをしたら良いのか混乱してしまいます。

普段から心の整理をしておかないと言葉に詰まることになってしまいそうです。

 

そこで訃報を受けた際の挨拶の仕方について、具体的な例をあげながら説明します。

また訃報を受けた際に、うまく受け答えができないこともあるかもしれません。

そうした際の対処の仕方について、どうしたら良いか4通りの方法をあげて説明します。

 

— この記事の目次 —

1. 訃報と挨拶についてのおさらい

2. 訃報を受けた際の挨拶はどう言えば良いの?

3. 身内から訃報を受けた際の3つの挨拶例

4. 知人や仕事関係から訃報を受けた際の挨拶3パターン

5. 訃報でうまく挨拶できなかった場合はどうしたら良い?

6. メッセージ・手紙・弔電で改めて伝えるお悔やみの挨拶例

7. 後日改めて伝えるお悔やみの挨拶はどうしたら良い?

8. まとめ

続きを読む

葬式場の基本が全部わかる!葬式場とは/葬式場の種類、選び方のコツ

一昔前は自宅でお葬式をあげることが一般的でしたが、近年では、葬式場で執り行われることが多くなりました。

もしもの際には、慌ただしい中で葬式場をすぐに決めなければなりません。

 

しかし、葬式場にはどんな種類のものがあるのか、またそれぞれにはどんなメリットやデメリットがあるのかなどの特徴についてご存知でしょうか。

いざ探そうと思ったときに、どんな葬式場を選べばいいのかわからない方は多いのではないでしょうか。

この記事では、葬式場とは何かについてご説明した上で、葬式場の種類や特徴、選び方のコツについてご紹介します。

 

これを読めば、今までよくわからなかった葬式場選びについての正しい知識が身に付くようになります。

万が一のときに備えて、事前に情報を集めてしっかり理解しておきましょう。

参考にしていただければ幸いです。

 

— この記事の目次 —

1.葬式場の基本知識を知っておこう!

2.葬式場と葬儀社の関係を紐解いてみよう

3.葬式場には公営のものと民営のものがある!①

4.葬式場には公営のものと民営のものがある!②

5.火葬場併設の葬式場を利用するという選択肢

6.葬式場選びのコツ3つ

7.首都圏での葬式場の状況は

8.まとめ

続きを読む

供花を送る・受け取る時のマナー/基本から小さな疑問まで徹底解説!

花は生活する上で昔から欠かせないものです。

一生を終えるときにも祭壇を花で飾り、死者を弔います。

弔事で祭壇周りに飾る花のことを、供花(きょうか、またはくげ)と言います。

 

この供花は一般的には、故人と血縁関係にある方や、生前付き合いのあった方が送るものです。

しかしただ送ればよいというものではなく、そこには送る側・受け取る側ともにマナーがあります。

 

この記事では、供花の意味や送り方、お礼の仕方や飾り方などについて詳細に解説いたします。

供花のことで疑問を感じたときに、お役立ていただければ幸いです。

 

— この記事の目次 —

1.供花の意味や種類は?

2.供花を送る方法は?

3.供花料の相場はいくら?

4.連名で送るとき・辞退しているときのマナーは?

5.供花を受け取る側のマナーは?

6.会社・ビジネスでの供花のマナーは?

7.その他の供花の疑問についてお答え!

8.まとめ

続きを読む

葬儀の供花|種類や相場・マナーなど全てがわかる8項目を徹底解説!

葬儀に参列することになり「供花」として故人に花を供えたい時に、気になり心配になる事があります。

葬儀の供花はいつ、どうやって手配したら良いのか、名札をどう書くか、マナーはどうなのかなどです。

かかる費用はいくらかも知っておきたいものです。

 

また、葬儀で供花をおくられた側でも、お返しはどうしたらよいか、葬儀後に供花をどう処理するかなど知りたいことがあります。

そこで葬儀の供花について、これだけ知っておけば大丈夫と言う8項目について、詳しく説明していきます。

 

— この記事の目次 —

1. 葬儀と供花の読み方と意味は?

2. 葬儀で供花をおくる際の3つのポイントとは?

3. 宗教によって供花の種類が違うって本当?

4. 葬儀での供花の名札の書き方とマナーってご存知?

5. 葬儀の供花の価格相場はいくら?

6. 葬儀の供花を注文する際に大切なことは?

7. 葬儀での供花の飾り方はどうする?

8. 葬儀で供花をおくられたらどうする?

9.まとめ

続きを読む

略式喪服とは?身だしなみとマナー/シーン別の相応しい喪服を解説!

略式喪服はどんな場面で着るのに相応しい喪服かはご存知でしょうか?

通夜や葬儀・告別式、その他法事など、社会人になったら、どの場面でどんな喪服を着て行けばいいのかを知っておく必要があります。

自分の服装マナーが正しいかどうかわからないと、不安になってしまいますし、何より遺族を始めとして周りの人たちに不快な思いをさせてしまうことになります。

 

この記事では、略式喪服とはどんな服装のことを言い、どんな場面で着用するものなのかについてご説明します。

また、喪服を着るときの身だしなみについても詳しくご説明します。

 

これを読めば、喪服の格式や、シーン別の相応しい喪服、着こなしやマナーなどについて、一通りの知識が身に付きます。

マナーを守って喪服を着ることで、故人や遺族に対して敬意を表すことができます。

いざとなったときに慌てないためにも、喪服についての知識をしっかりと身に付けましょう。

 

— この記事の目次 —

1.喪服には3つの格式がある!

2.略式喪服ってどんなもの?

3.シーン別・相応しい喪服はコレ!①

4.シーン別・相応しい喪服はコレ!②

5.弔事における喪服のルール

6.小物にも気を配ろう!

7.喪服を着るときの、身だしなみの基本

8.まとめ

続きを読む

告別式の受付を頼まれたら?心構えや服装、受け答えなど徹底解説!

告別式の受付係は最初に参列者をお迎えする重要な役割を担っています。

年齢を重ねるごとに、急な葬儀の依頼というのは増えていくものです。

 

告別式の受付係を頼まれたら、具体的に何をしたらいいのか、また参列者へどう受け答えをしたらよいのかなど不安に感じる人は多いのではないでしょうか。

この記事では、受付係をするにあたっての心構えから相応しい服装について、また具体的なお仕事内容と受け答えの仕方について、徹底的に解説しています。

これを読めば、受付係とは何に気をつけたらいいのかがわかるようになり、安心して告別式に臨めるようになります。

 

当日は葬儀社から指示があるとはいえ、何の準備もしていないと慌ててしまいます。

しっかりと事前に準備をして、大切な故人を静かにお見送りしたいですね。

参考にしていただければ幸いです。

 

— この記事の目次 —

1.告別式の受付係の仕事とは

2.受付係としての心構え

3.告別式の受付係のお仕事①

4.告別式の受付係のお仕事②

5.告別式の受付係のお仕事③

6.告別式の受付を依頼されたときの相応しい服装とは?

7.告別式の受付係を頼まれたときの、気になる疑問!

8.まとめ

続きを読む

通夜に参列した際の記帳マナーとは?書き方や代理参列の場合も解説!

通夜に参列すると、受付では必ず記帳します。

しかし、通夜や葬儀に参列する機会はそれほど多くありません。

 

夫婦や会社の一員として参列したときの、正しい記帳の仕方はご存知でしょうか。

また、上司や夫、友人などの代理で参列したときにどう記帳すればいいのか、戸惑うことも多いのではないでしょうか。

 

この記事では、通夜における記帳の仕方やマナーについてご説明します。

多くの人が迷う受付での香典の渡し方やお悔やみの言葉のかけ方など、受付の基本についても一緒にご紹介します。

 

これを読めば、記帳の基本的な方法から、代理参列の際の書き方についてもわかるようになります。

記帳のマナーについて、いざ参列する際に慌てないためにも、日頃から正しい知識を身に付けておきましょう。

参考にしていただければ幸いです。

 

— この記事の目次 —

1.通夜における記帳の意味とは

2.受付・記帳の流れを知っておこう

3.記帳の仕方の基本を知っておこう!

4.代理で通夜に参列した場合の記帳マナーとは

5.受付で気をつけること3つ

6.香典の渡し方のポイント

7.通夜での気になる疑問点を解説!

8.まとめ

続きを読む

斎場・葬儀場・火葬場の違いと利用法を分かりやすく解説いたします!

急にお葬式を営まなければならなくなったとき、あるいは生前にお葬式の準備をするときに、まずネットで調べてみる方は多いのではないでしょうか。

そのときに、見慣れない言葉が並んでいて戸惑われる場合があると思います。

特に、葬儀や火葬を行う施設には斎場、葬儀式場、式場、葬儀場、葬祭場、火葬場、聖苑、セレモニーホールなどさまざまな名称があります。

 

これらにはどのような違いがあるのでしょうか?

この記事では、これらの違いを分かりやすくお伝えいたします。

また、この中の特に「斎場」について、施設や利用法、メリット・デメリットなどを詳しく解説していきます!

 

— この記事の目次 —

1.斎場とは一体どういうもの?

2.斎場の施設内容と特徴を見てみましょう

3.メリットの大きい公営斎場とは?

4.民営斎場とはどんなもの?

5.斎場はどうやって選ぶ?

6.斎場についてのその他の疑問にお答え!

7.海外の斎場にはどんなものがあるの?

8.まとめ

続きを読む

葬儀の花輪の手配や値段とマナー、3大疑問、代替手段を総まとめ

訃報を受けた際に、花輪をおくろうと思うと様々な疑問がたくさん浮かんできます。

葬儀に花輪をおくるにはどうすれば良いか

葬儀の花輪はいくらかかるのか

花輪は供花とは違うのか

花輪をおくれば香典に包む金額は少なくても良いか

などなどです。

 

ここでは葬儀の花輪について徹底的に説明します。

葬儀に花輪をおくる際に知っておくべきマナーについても説明します。

 

しかし、最近の葬儀では以前のような花輪は減ってきています。

そこで花輪にかわるものにはどんなものがあるかについても紹介します。

 

— この記事の目次 —

1. 葬儀の花輪についておさらい

2. 現在の葬儀の花輪の種類をチェック

3. 葬儀に花輪をおくるにはどうする?

4. 花輪と供花は同じか違うのか?

5. 最近の葬儀で花輪を見かけない理由とは

6. 葬儀の花輪は今後どうなる?

7. 葬儀の花輪について誰もが気になる疑問ビッグ3

8. まとめ

続きを読む