神道の葬儀に参列するなら、覚えておくべき基本知識と作法まとめ

日本の葬儀の90%は仏式といわれますがそんななかで、パーセンテージは少ないですが、神道の葬儀もあります。
神道と仏式との一番の違いは、死後についての考え方です。

マナーの面でも、数珠も不要ですし香典袋の書き方についても仏式とは違ってきます。
そうした神道の葬儀にいざ参列するとなると、戸惑うことも多いでしょう。

そこで、神道の基本知識や葬儀の流れ、列席した時のマナーなどについて紹介します。

いざ神道の葬儀に参加したときに慌てないためにも、一読しておくことをオススメします。

続きを読む

葬儀での数珠の選び方/正しい葬儀のマナー

近しい人との別れの儀式「お葬式」。

お葬式は故人との最後のお別れをする場です。
一番重要な事それは故人を悼む思いですが、故人と遺族の前に参列する儀式には決まり事であるマナーがあります。
今回は、その葬儀の中で人が仏にむかう時に使う唯一の仏具といわれる「数珠」。
その扱い方また宗派ごとの違いや念じ方などや葬儀のマナーについてご説明します。
続きを読む

家族葬って私が参列してもいいの?判断するポイントをまとめました

ここ最近、宗教や冠婚葬祭に対する考え方の多様化が進む中でさまざまな葬儀が執り行われるようになりました。
通常行われる一般葬に加え、密葬、音楽葬や自由葬、自然葬、生前に行う生前葬など種類は様々あります。

その中で近年増えているのが「家族葬」
冠婚葬祭にかける費用が減っている現在、この「家族葬」を選択する人も増えているようです。

名前だけは何となく聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか?
しかし実際にどのようなものが家族葬で、一般葬と何が違うのか?
果たして自分が参列していいものか分からないといった声も多いのも事実です。

続きを読む

通夜の服装や持ち物など、知らないと恥をかく一般常識まとめ

お通夜や葬儀の受付や遺族に『この度はご愁傷様です』と、ハッキリ明瞭に言葉に出すのは近年ではマナー違反にとられることもあるのはご存知ですか?

また、急なお通夜で服装はどんなものがいいのか?持ち物は?と、急ぐあまり身だしなみが失礼にはなっていないでしょうか。

そこで今回は、通夜の服装や持ち物、お通夜に関する一般常識までまとめてみました。

社会人としていつ何が起こってもマナー良く参列できるようにするために、しっかりおさえておきましょう。

続きを読む

葬儀の受付をおねがいされたら?マナーとして知るべき葬儀完全マニュアル

葬儀を執り行う上で、重要な役割のひとつに「受付」があります。

葬儀に参列した方ならご存知でしょうが、記帳のお手伝いや香典をお預かりする役割を担っています。

 

「受付」の存在は知っているが、実際に受付を担当したことのある方は少ないのではないでしょうか?

また、受付を行う機会はそうそうあるものではありませんので、一度や二度の経験では完璧な受付のマナーを

習得することは難しいでしょう。

 

人の死は突然やってくるもの。いつか来るのは分かっているが、準備を万全にするのは難しいもの。

この記事では「葬儀の受付が確認しておきたい守るべきマナーまとめ」と題しまして、いざというときに慌てずに葬儀の受付を執り行えるための手順とマナーをご紹介します。

 

大切な方を失って心の余裕がない中、葬儀を執り行うことは大変な労力を費やします。

傷心したご遺族や喪主の方をサポートし、余裕をもって故人を見送る手助けをする「受付」は大切な役割です。

適切なマナーを普段から身に着けておけば、突然頼まれた場合でも冷静に対応することが出来ます。

 

受付自体はそれほど難しいものではなく、誰にでも行える役割です。しっかりとポイントを抑え、いざという時に備えておきましょう。

では、「葬儀の受付が確認するべきマナー」を順を追ってみていきます。

続きを読む

曹洞宗葬儀の一般的な流れと基本知識まとめ

普段の生活ではほとんどの方が意識していない宗派。
しかし、家の宗派について理解しておかなければ、遺族の方がお亡くなりになられた際どのように対応すれば良いかわからないですよね。
そこで今回は、禅の教えをよりどころに生きることを目指す坐禅をその教えの根本とした「曹洞宗」の葬儀の一般的な流れと基本知識をご紹介致します。

「曹洞宗」の家系の方はいざという時のために、是非メモに残しておいて下さい。

また家族でなくても、友人やお知り合いの方の葬儀出席の際にも是非お役立てください。
続きを読む

葬儀屋さんはどこを選ぶ?特色を解説した葬儀屋一覧まとめ

誰もがいずれは経験しなければならない大切な人との別れ。

悲しみをこらえ、亡くなった「大切な人」のために、最期のはなむけとして、よりよい葬儀をしてあげることが、残された者の役割ではないでしょうか。

今回は、葬儀屋についてご紹介。

訃報があってから葬儀屋について調べる時間はないといっても過言ではないため、何かあった時のために、是非一度確認しておくことをオススメします。
続きを読む

家族葬(DIY葬)で葬儀費用を10万円以下に抑えてわかった6つの教訓

お葬式は、家族や大切な人の「死」という現実と向き合い、弔う大切な儀式です。

その葬儀の種類には様々なものがあり、昨今では特に葬儀の「かたち」を選べる時代になってきました。

様々な葬儀の形がある中で、今回ご紹介するDIY葬とは、「Do It Yourself」葬の略で、つまりは「葬儀業者に頼らず、葬儀のすべてを自分たちの手で行う葬儀」のことです。

このページでは、家族葬(DIY葬)で葬儀費用を10万円以下に抑えるための教訓と題しまして、葬儀のかたちや低価格でDIY葬を行う上での教訓をご紹介していきたいと思います。
続きを読む

葬儀の服装や持ち物で恥をかかないためのマナーまとめ

人生必ず節目として行事がありますよね。

出産・結婚そして人生の幕引きでもある葬儀です。

出産や結婚とは異なり、よほどの場合を除いて葬儀の準備を事前にしておくという事は困難です。

今回は葬儀の際に慌てなくて済むよう、葬儀の際の服装・持ち物についてご紹介。

まだ礼服をお持ちでない方は是非購入時にご参考ください。
続きを読む

喪主の決め方と役割/喪主のやり方完全マニュアルまとめ

お葬式の際に、葬儀の役割として親族内から選ぶ「喪主」。

しかし、この喪主は何故必要なのか…誰がなればいいのか…それを知らない方は多くいます。

今回は、突然喪主を務めることになった方にご参考頂きたい、「喪主とは何か」「何故必要なのか」「喪主のやり方」などご紹介します。
続きを読む