弔問客とは?その際のマナーとは?絶対知っておくべき七の心得!

人間誰しも死ぬことは避けられないものです。しかし自分ではなく家族や大切な人の死となると、その人たちが大切であればあるほど、考えたくないものですよね?それでもいつかは生じるお葬式、お葬式自体は葬儀社で行うことができます。ご遺族の方、来場してくださる弔問客の皆様にも、喪失の悲しみ以上の悲しみを増やさず、精神的な負担を減らす手助けというのは、実はほんのちょっとしたマナーや注意すべき点を知っていることで可能になります。今回は突然の事態の時にも思いやりとマナーを守って執り行いや参列がつつがなく終わるように、弔問客への対応と弔問客側が守るべきマナー等全般を詳しくご紹介いたします。きちんと知ることで危急の際にも取り乱すことなくお葬式を終わらせ、大切な人が居なくなった悲しみは癒えぬまでもせめてそっと悲しみに寄りそうことはできます。このページを読んで弔問客への対処や弔問客側からの心遣いを覚えていただけたら幸いです。

— この記事の目次 —
1.そもそも弔問客とは?
2.弔問客への対応とマナーって?もしもの時に困らないために…
3.弔問客側が知っておくべきマナーとは?節度と思いやりある対応を忘れずに
4.通夜振舞いの時弔問客の方々を誘導すべき?
5.見られています…!弔問客が斎場での立ち居振る舞いなどで気を付けるべきところ
6.喪主側が弔問客に対してお返しする言葉やご挨拶など知っておくと良い点
7.弔問客側がご遺族やご親戚の方々に対してお掛けする言葉やご挨拶など知っておくと良い点
まとめ

続きを読む

葬儀の受付が確認しておきたい守るべきマナーまとめ

葬儀を執り行う上で、重要な役割のひとつに「受付」があります。
葬儀に参列した方ならご存知でしょうが、記帳のお手伝いや香典をお預かりする役割を担っています。
「受付」の存在は知っているが、実際に受付を担当したことのある方は少ないのではないでしょうか?
また、受付を行う機会はそうそうあるものではありませんので、一度や二度の経験では完璧な受付のマナーを
習得することは難しいでしょう。
人の死は突然やってくるもの。いつか来るのは分かっているが、準備を万全にするのは難しいもの。
この記事では「葬儀の受付が確認しておきたい守るべきマナーまとめ」と題しまして、
いざというときに慌てずに葬儀の受付を執り行えるための手順とマナーをご紹介します。
大切な方を失って心の余裕がない中、葬儀を執り行うことは大変な労力を費やします。
傷心したご遺族や喪主の方をサポートし、余裕をもって故人を見送る手助けをする「受付」は大切な役割です。
適切なマナーを普段から身に着けておけば、突然頼まれた場合でも冷静に対応することが出来ます。受付自体はそれほど難しいものではなく、誰にでも行える役割です。しっかりとポイントを抑え、いざという時に備えておきましょう。
では、「葬儀の受付が確認するべきマナー」を順を追ってみていきます。

続きを読む

家族葬とは?費用を抑えて素敵な葬儀にするポイントを解説!

「家族葬」をご存知でしょうか?
家族で葬式を行う…もちろん、読んで字のごとくその通りなのですが、具体的に「家族葬」がどういった葬儀であるかを説明できる方は少ないのではないでしょうか。
人生の中で、葬儀を執り行う立場になることは少ないですし「別れ」は突然やってくるものです。
前もって葬儀について真剣に深く調べる方も多くないでしょう。
近年、葬儀のスタイルとして「家族葬」と呼ばれるものが急速に増えています
実際に葬儀を行う方の約半数がこの「家族葬」を行っているという現状があります。
その傾向は地方から都市部になればなるほど増加の傾向にあります。
実はこの「家族葬」には明確な定義は存在せず、故人の遺志やご遺族の意向によって変わってくるのです。
このページでは、「家族葬とは? 費用を抑えて素敵な葬儀にするポイントを解説!」と題しまして
今後さらに増加するであろう「家族葬」について執り行う際のポイント、メリットなどを詳しくご紹介いたします。

続きを読む

葬儀・葬式の流れマニュアル|突然の有事に慌てないための全知識

別れは突然訪れるものです。
そして、その別れはみな平等に訪れます。
超高齢社会へと突入している現在の日本において、「葬儀」や「葬式」はより身近なものになってくるでしょう。
すでに「葬儀」に参列されたことのある方は多くいらっしゃると思いますが、
実際に葬儀を取り仕切った方は少ないかもしれません。
葬儀を取り仕切るのは家長であったり、長男であったり様々ですが、生涯において取り仕切る立場になることなく終わる方もいらっしゃいます。
「私は長男や長女ではないし、誰かがやってくれるだろう」と思いがちですが、
「死」というものはいつも突然やってきます。
自分が取り仕切る代表、いわゆる「喪主」になる可能性はゼロではありません。
また「喪主」という立場にならなかったとしても、葬儀において代表の方をしっかりとサポートするために、
葬儀や葬式における手順や知識を蓄えておくことは人生において大変重要なことではないでしょうか?

家族や配偶者が亡くなった場合、誰しも気持ちが不安定になり目の前が真っ白になるかもしれません。
そういった状態で葬儀の流れや葬式の手配を考えるのは、心の余裕がないためうまく取り仕切ることに不安が残ります。
そんな気持ちが落ち込んでいる状態であっても大切な故人をしっかりと見送ることが喪主の役目であり、
その喪主をサポートするのが親族の務めとなります。

この記事では、「葬儀・葬式の流れマニュアル|突然の有事に慌てないための全知識」と題して、
いざというときにも、大切な故人を余裕をもって見送ることが出来るようにするために、
葬儀・葬式の流れや、ルール、一般常識などをまとめます。
葬儀や葬式での知識を今から蓄えることで、いざその時が訪れた場合に、冷静に対処できるようにしましょう。

— この記事の目次 —
1.臨終から葬儀終了まではこんな流れ
2.葬儀・葬式の種類5パターン
3.喪主になったら最初にすべき6つのこと
4.ご臨終から葬儀準備までの10ステップ
5.お通夜から葬儀までの6ステップ
6.通夜・葬儀の後にすべき4つのこと
7.まとめ

続きを読む

神道の葬儀にはじめて参列することになったら、確認しておきたい基本知識と作法まとめ

日本の葬儀の90%は仏式といわれますがそんななかで、パーセンテージは少ないですが、神道の葬儀もあります。
神道と仏式との一番の違いは、死後についての考え方です。

マナーの面でも、数珠も不要ですし香典袋の書き方についても仏式とは違ってきます。
そうした神道の葬儀にいざ参列するとなると、戸惑うことも多いでしょう。

そこで、神道の基本知識や葬儀の流れ、列席した時のマナーなどについて紹介します。いざというときのために、一読しておくことをオススメします。

続きを読む

小さなお葬式で葬儀/葬式を行う時の費用・料金プラン

ご家族との最後のお別れ「お葬式」。

最近は「終活」「エンディング」などという言葉と共に、ご自分の最後やご家族のとのお別れをご自分でプロディースすることが、めずらしい話でも、避けるべき話でもなくなりました。

むしろ「最後も自分らしく」というお気持ちの方が多いようです。

そこで今回は、インターネットやNHKなどメディアへのとりあげもあり話題になった「小さなお葬式」についてご紹介致します。

続きを読む

密葬とは?家族葬との違いから密葬の香典マナーまで完全解説

「密葬」という言葉を聞いてどのようなイメージを持つでしょうか。

文字通り「密かに葬る」と言えばそれまでですが、具体的にイメージできる人は少ないと思います。また近年急激に増加している、家族や親近者だけで執り行われる小規模な「家族葬」との違いもはっきり分からないというのが正直なところでしょう。

大切な人との永遠の別れは急に訪れるものですが、前もってお葬式のことを調べたりはしないもの。

今回は上記の表題にて、近年急速に増加している「密葬」について、「家族葬」との混同を正しつつ、そのメリットとデメリット、密葬を執り行う際の具体的な流れと各種マナーまで徹底解説したいと思います。

続きを読む

葬儀のマナーや作法、急なお葬式でも安心の全知識解説

日本には様々な宗派の葬儀があり、急なお葬式で戸惑う方は多いのではないでしょうか。
特に死と直面することが少ない若い世代の場合なおさらです。

そこで今回は、葬儀のマナーや作法などお葬式に関する知識を徹底解説。
葬儀のマナーや作法も時代とともに変化しているため、若い世代だけでなく、お葬式のマナーについて理解がある方も今一度ご確認下さい。
続きを読む

家族葬とは?費用を押さえて私たちらしい葬儀を行う方法

「家族葬」をご存知でしょうか?
家族で葬式を行う…もちろん、読んで字のごとくその通りなのですが、具体的に「家族葬」がどういった葬儀であるかを説明できる方は少ないのではないでしょうか。
人生の中で、葬儀を執り行う立場になることは少ないですし「別れ」は突然やってくるものです。
前もって葬儀について真剣に深く調べる方も多くないでしょう。
近年、葬儀のスタイルとして「家族葬」と呼ばれるものが急速に増えています
実際に葬儀を行う方の約半数がこの「家族葬」を行っているという現状があります。
その傾向は地方から都市部になればなるほど増加の傾向にあります。
実はこの「家族葬」には明確な定義は存在せず、故人の遺志やご遺族の意向によって変わってくるのです。
このページでは、「家族葬とは? 費用を抑えて素敵な葬儀にするポイントを解説!」と題しまして
今後さらに増加するであろう「家族葬」について執り行う際のポイント、メリットなどを詳しくご紹介いたします。

続きを読む

神道の葬儀に参列するなら、覚えておくべき基本知識と作法まとめ

日本の葬儀の90%は仏式といわれますがそんななかで、パーセンテージは少ないですが、神道の葬儀もあります。
神道と仏式との一番の違いは、死後についての考え方です。

マナーの面でも、数珠も不要ですし香典袋の書き方についても仏式とは違ってきます。
そうした神道の葬儀にいざ参列するとなると、戸惑うことも多いでしょう。

そこで、神道の基本知識や葬儀の流れ、列席した時のマナーなどについて紹介します。

いざ神道の葬儀に参加したときに慌てないためにも、一読しておくことをオススメします。

続きを読む