神道の葬儀にはじめて参列することになったら、確認しておきたい基本知識と作法まとめ

日本の葬儀の90%は仏式といわれますがそんななかで、パーセンテージは少ないですが、神道の葬儀もあります。
神道と仏式との一番の違いは、死後についての考え方です。

マナーの面でも、数珠も不要ですし香典袋の書き方についても仏式とは違ってきます。
そうした神道の葬儀にいざ参列するとなると、戸惑うことも多いでしょう。

そこで、神道の基本知識や葬儀の流れ、列席した時のマナーなどについて紹介します。いざというときのために、一読しておくことをオススメします。

続きを読む

小さなお葬式で葬儀/葬式を行う時の費用・料金プラン

ご家族との最後のお別れ「お葬式」。

最近は「終活」「エンディング」などという言葉と共に、ご自分の最後やご家族のとのお別れをご自分でプロディースすることが、めずらしい話でも、避けるべき話でもなくなりました。

むしろ「最後も自分らしく」というお気持ちの方が多いようです。

そこで今回は、インターネットやNHKなどメディアへのとりあげもあり話題になった「小さなお葬式」についてご紹介致します。

続きを読む

密葬とは?家族葬との違いから密葬の香典マナーまで完全解説

「密葬」という言葉を聞いてどのようなイメージを持つでしょうか。

文字通り「密かに葬る」と言えばそれまでですが、具体的にイメージできる人は少ないと思います。また近年急激に増加している、家族や親近者だけで執り行われる小規模な「家族葬」との違いもはっきり分からないというのが正直なところでしょう。

大切な人との永遠の別れは急に訪れるものですが、前もってお葬式のことを調べたりはしないもの。

今回は上記の表題にて、近年急速に増加している「密葬」について、「家族葬」との混同を正しつつ、そのメリットとデメリット、密葬を執り行う際の具体的な流れと各種マナーまで徹底解説したいと思います。

続きを読む

葬儀のマナーや作法、急なお葬式でも安心の全知識解説

日本には様々な宗派の葬儀があり、急なお葬式で戸惑う方は多いのではないでしょうか。
特に死と直面することが少ない若い世代の場合なおさらです。

そこで今回は、葬儀のマナーや作法などお葬式に関する知識を徹底解説。
葬儀のマナーや作法も時代とともに変化しているため、若い世代だけでなく、お葬式のマナーについて理解がある方も今一度ご確認下さい。
続きを読む

家族葬とは?費用を押さえて私たちらしい葬儀を行う方法

「家族葬」をご存知でしょうか?
家族で葬式を行う…もちろん、読んで字のごとくその通りなのですが、具体的に「家族葬」がどういった葬儀であるかを説明できる方は少ないのではないでしょうか。
人生の中で、葬儀を執り行う立場になることは少ないですし「別れ」は突然やってくるものです。
前もって葬儀について真剣に深く調べる方も多くないでしょう。
近年、葬儀のスタイルとして「家族葬」と呼ばれるものが急速に増えています
実際に葬儀を行う方の約半数がこの「家族葬」を行っているという現状があります。
その傾向は地方から都市部になればなるほど増加の傾向にあります。
実はこの「家族葬」には明確な定義は存在せず、故人の遺志やご遺族の意向によって変わってくるのです。
このページでは、「家族葬とは? 費用を抑えて素敵な葬儀にするポイントを解説!」と題しまして
今後さらに増加するであろう「家族葬」について執り行う際のポイント、メリットなどを詳しくご紹介いたします。

続きを読む

神道の葬儀に参列するなら、覚えておくべき基本知識と作法まとめ

日本の葬儀の90%は仏式といわれますがそんななかで、パーセンテージは少ないですが、神道の葬儀もあります。
神道と仏式との一番の違いは、死後についての考え方です。

マナーの面でも、数珠も不要ですし香典袋の書き方についても仏式とは違ってきます。
そうした神道の葬儀にいざ参列するとなると、戸惑うことも多いでしょう。

そこで、神道の基本知識や葬儀の流れ、列席した時のマナーなどについて紹介します。

いざ神道の葬儀に参加したときに慌てないためにも、一読しておくことをオススメします。

続きを読む

葬儀での数珠の選び方/正しい葬儀のマナー

近しい人との別れの儀式「お葬式」。

お葬式は故人との最後のお別れをする場です。
一番重要な事それは故人を悼む思いですが、故人と遺族の前に参列する儀式には決まり事であるマナーがあります。
今回は、その葬儀の中で人が仏にむかう時に使う唯一の仏具といわれる「数珠」。
その扱い方また宗派ごとの違いや念じ方などや葬儀のマナーについてご説明します。
続きを読む

家族葬って私が参列してもいいの?判断するポイントをまとめました

ここ最近、宗教や冠婚葬祭に対する考え方の多様化が進む中でさまざまな葬儀が執り行われるようになりました。
通常行われる一般葬に加え、密葬、音楽葬や自由葬、自然葬、生前に行う生前葬など種類は様々あります。

その中で近年増えているのが「家族葬」
冠婚葬祭にかける費用が減っている現在、この「家族葬」を選択する人も増えているようです。

名前だけは何となく聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか?
しかし実際にどのようなものが家族葬で、一般葬と何が違うのか?
果たして自分が参列していいものか分からないといった声も多いのも事実です。

続きを読む

通夜の服装や持ち物など、知らないと恥をかく一般常識まとめ

お通夜や葬儀の受付や遺族に『この度はご愁傷様です』と、ハッキリ明瞭に言葉に出すのは近年ではマナー違反にとられることもあるのはご存知ですか?

また、急なお通夜で服装はどんなものがいいのか?持ち物は?と、急ぐあまり身だしなみが失礼にはなっていないでしょうか。

そこで今回は、通夜の服装や持ち物、お通夜に関する一般常識までまとめてみました。

社会人としていつ何が起こってもマナー良く参列できるようにするために、しっかりおさえておきましょう。

続きを読む

葬儀の受付をおねがいされたら?マナーとして知るべき葬儀完全マニュアル

葬儀を執り行う上で、重要な役割のひとつに「受付」があります。

葬儀に参列した方ならご存知でしょうが、記帳のお手伝いや香典をお預かりする役割を担っています。

 

「受付」の存在は知っているが、実際に受付を担当したことのある方は少ないのではないでしょうか?

また、受付を行う機会はそうそうあるものではありませんので、一度や二度の経験では完璧な受付のマナーを

習得することは難しいでしょう。

 

人の死は突然やってくるもの。いつか来るのは分かっているが、準備を万全にするのは難しいもの。

この記事では「葬儀の受付が確認しておきたい守るべきマナーまとめ」と題しまして、いざというときに慌てずに葬儀の受付を執り行えるための手順とマナーをご紹介します。

 

大切な方を失って心の余裕がない中、葬儀を執り行うことは大変な労力を費やします。

傷心したご遺族や喪主の方をサポートし、余裕をもって故人を見送る手助けをする「受付」は大切な役割です。

適切なマナーを普段から身に着けておけば、突然頼まれた場合でも冷静に対応することが出来ます。

 

受付自体はそれほど難しいものではなく、誰にでも行える役割です。しっかりとポイントを抑え、いざという時に備えておきましょう。

では、「葬儀の受付が確認するべきマナー」を順を追ってみていきます。

続きを読む