最近よく聞く直葬!後で困らないための8つの必要な知識を徹底解説!

直葬とは、葬儀や通夜をせず、火葬だけで済ませてしまう葬儀のことです。

直葬の場合、ご臨終後、直ぐにご遺体を火葬場に搬送して火葬してしまうのでしょうか?

遺されたご家族としては、すこし寂しい気分になるかもしれません。

 

しかし、そんなことはありませんのでご安心ください。

お亡くなりになった後は、24時間以上の安置が義務付けられており、そのまま火葬ということはありません。

きちんとお別れもできますし、お坊さんにお経をあげていただく事もできます。

 

高齢化・核家族化が進んだ現在、これまでのような葬儀が必要なくなってきているのも事実です。

それに、経済的に厳しいご家庭も少なくないのも現状です。

 

まだ良く理解をされていない方々のために、今回は「直葬」をキーワードにしてみました。

その意味から注意点まで、滞りなく故人をお送りするまでの全てをわかりやすく説明しています。

最後まで読んでいただければ、誤解も解け、直葬を正面から考えていただけるようになっているものと信じております。

 

— この記事の目次 —

1 直葬って最近よく聞くけどどういう意味?

2 直葬の場合の葬儀の流れはどうなりますか?

3 直葬をするメリットってなんですか?

4 直葬をするデメリットってなんですか?

5 直葬が増えている背景って何ですか?

6 直葬の際に起こりうるトラブルはどんなことですか?

7 直葬で守るべきマナーを教えて下さい

8 直葬を行う場合の注意点を教えて下さい

まとめ

 

続きを読む

意外と知らない密葬の本当!流れ・マナーなど8つの知識を大公開!

密葬を行うのは、いったいどんな事情があるときなのでしょうか?

密葬を選ぶ時は、金銭的な問題ではなく、家族と故人の問題からきています。

 

密葬は、本来身内だけで行われる葬儀です。

ですので、ご遺族の意思とお身内以外の関係者との間で、気持ちの温度差が発生して、トラブルになるケースも少なくありません。

 

しかし、全てのことを想定して、きちんとした準備をしておくと、そんなトラブルも回避できます。

様々な事情で選択される密葬ですが、ずっと以前から問題なく行われているのです。

 

今回のテーマは「密葬」、そこで発生するトラブルや問題点、更にはマナーまでを網羅した内容になっています。

最後まで、読み終えていただいた時には、必ずや密葬における不安や疑問が解消されていることでしょう。

 

— この記事の目次 —

1 どんな葬儀を密葬というのですか?

2 密葬には規模の大小はあるのですか?

3 密葬の流れや費用がわかりません

4 密葬と一般の葬儀の違いはどのような点ですか?

5 密葬に参列する場合の守るべき常識事項

6 密葬を行う際のトラブル

7 密葬の際の遺族側・参列者側のマナー

8 密葬を行う上での注意点

まとめ

 

続きを読む

通夜と告別式の気になる3つの疑問を最新動向ふまえて徹底解説

誰かがお亡くなりになると、最初の儀式が通夜で、次いで葬儀式・告別式となります。

訃報を受けて、さて通夜と告別式のどちらに参列した方が良いのか、しなくても良いのか悩みませんか?

 

通夜は親しい人が参列するもの。

告別式は親しい人も関係者が参列するもの。

そういうイメージがあります。

 

ところが最近はそうでもないのです。

 

香典を通夜か告別式のどちらに、いくら持参すればよいのかも悩みます。

遺族であれば、通夜や告別式をどこでやるのがよいのかも気にかかります。

 

お葬式の内容も時代によって変わってゆくもの。

そこで最新の通夜と告別式の動向調査結果を紹介しつつ気になる疑問にお答えします。

 

通夜か告別式のどちらに参列するか適切な判断ができるようになります。

あとは心より故人の冥福をお祈りしましょう。

 

— この記事の目次 —

1.最初に通夜と告別式の正しい意味と違いを説明します

2.「通夜に参列するか告別式に参列するか?」他の人は最近こうしています

3.「通夜と告別式のどっちに香典を持っていく?」気になる最近の傾向を紹介

4.気になる香典の金額。最近の人たちが包んでいる金額を発表!

5.通夜に参列する際の3つのチェックポイントをおさえておこう

6.告別式に参列する際の3つのチェックポイントは大丈夫?

7.通夜と告別式の両方に参列できない場合に忘れてならない4つのこと

8.「通夜と告別式はどこでやる?」葬儀施設が圧倒的!

9.まとめ

続きを読む

公益社の葬儀がお得!大手の実力と理想の葬儀を安く行える方法とは?

特に関西では知らない人はいないというほど有名な公益社ですが、いざというときに安心してお任せできるサービスとお得に葬儀を行える方法があることはご存知ですか?

葬儀を行う機会は一生のうちで多くても数回ですから、たくさんある葬儀社のそれぞれのサービスについて詳しく調べることはあまりないですよね。

 

しかし、葬儀は一度の出費額が大きいので事前にお得な情報は仕入れておくべきなのです。

そこで、今回は知らないと損をする、公益社のお得なサービスや大手の葬儀社だからこそできる手厚いフォロー体制についてご紹介します。

 

— この記事の目次 —

1.公益社とは

2.公益社ができる葬儀の種類とは?

3.大規模な葬儀も公益社にお任せ!

4.公益社のお得な会員制度プレビオクラブって!?

5.知っておきたい費用のこと

6.葬儀社を比較検討する場合の重要ポイント

7.よくある3つの質問をご紹介!

8.まとめ

 

続きを読む

家族葬とは?流れやマナーなどポイント8つを全て徹底解説!

家族葬で葬儀を行うご遺族が増え、家族葬という言葉を耳にすることも多くなり、スタンダードな葬儀となりつつあります。

けれど、実際に家族葬のお知らせが来ると、家族葬には参列した方がいいのか、香典はどうしたらいいものかと悩むものです。

家族葬は、基本的には近所や仕事関係の方はお呼びせず、親戚や親しい友人のみで行い、身内以外の香典などもお断りすることが一般的です。

 

家族葬の流れやポイントを心得ている方であれば自然と行っている「家族葬の流れやポイント」について、くわしくご紹介いたします。

家族葬の流れやポイントを押さえてしっかりと対処することで、故人やご遺族に失礼のない家族葬を行うことができます。

このページを読んでぜひ家族葬の流れやポイントを学んで覚えていただけたらと思います。

 

— この記事の目次 —

1.家族葬にまつわる4つの疑問を解説!

2.家族葬の流れを9つにわけてご紹介!

3.家族葬にお呼びする人にまつわる3つ疑問を解説!

4.家族葬にかかる3つの費用ってどのぐらい?

5.家族葬には参列した方がいいの?

6.家族葬の香典にまつわる6つの疑問を解説!

7.家族葬の挨拶状が届いた後の正しい3つのマナー

8.家族葬にまつわる3つの疑問を解説!

9.まとめ

続きを読む

葬儀後いつどのように買ったらいい?位牌と仏壇の購入の秘訣!

急なことでバタバタと大変だった葬儀が終わり一息つく間もなく、やらないといけないことや用意しないといけないことがあり、葬儀後もしばらく忙しい状況は続きます。

 

忙しいだけでなく、葬儀で費用が大きくかかった後だけに、引き続きかかってくる様々な費用は出来るだけ抑えたいですよね。

そして、ただ費用面で安く済ませるだけではなく、手間を最小限に抑え、理想通りに物事を進めることができればそれに越したことはありません。

 

今回は葬儀後に購入が必要となる代表格「位牌」と「仏壇」の購入の秘訣を中心に詳しく解説していきます。

葬儀後の費用の負担を抑えつつも、故人やご自身の家にあった位牌や仏壇の選び方と買い方に関する知識を深めて頂ければと思います。

 

— この記事の目次 —

1.葬儀後もまだまだやらないといけないことがたくさん!

2.葬儀後に位牌は必要になるの?

3.種類がたくさん!位牌の種類と選び方

4.葬儀後に位牌はいつどこで買うのがベスト?

5.葬儀後に仏壇は必要になるの?

6.葬儀後の大きな買い物!仏壇の購入方法

7.まとめ

続きを読む

葬儀費用っていくらかかるの?知らなきゃ損する!仕組みと相場

人間だけでなく、生命があるものは生まれたからには必ず死を迎えます。

親兄弟子供・・・愛する人との別れはとても悲しいものです。

その最後のお別れを親しかった人達と一緒にお見送りするのが「お葬式」です。

 

しかし、亡くなられたショックで考えている余裕もなく、葬儀社のいうままにお葬式をして「ネットや広告より多額の請求が来た!」と大騒ぎになるという話をよく聞きます。

そうならないためにも自分が納得できるお葬式をしたいと思いませんか?そうなると「本当はいくらかかるの?」「相場っていくら?」という疑問がわいてきますよね。

 

この記事では「葬儀費用」を紹介します。

そして葬儀費用の内訳はどうなっているのかだけでなく、お葬式の流れや支払い方法までを、くわしく紹介します。

この記事を読むことによって、どんなお葬式をするのかを考えて、悔いのないお別れをしていただけたらと思います。

 

— この記事の目次 —

1.お葬式の前に知りたい3つのこと!

2.葬儀費用の「相場」を知ろう!

3.葬儀の「コーディネート」をしよう!

4.うっかりすると葬儀費用の「後から請求」で大変なことになることをチェック!

5.葬儀費用の「支払い方法」と困った時は!

6.葬儀費用「噂」の「安くあげる」のウソホント!

7.まとめ

 

続きを読む

お通夜の線香の3つのポイントと絶やしてはいけない理由を徹底解説

誰かが亡くなるとお通夜が最初の儀式になります。

お通夜で多くの人が感じる悩みの第1位は、線香をあげるマナーとなっています。

そのマナーの中で最も多いのが線香の本数で、何本が正しいのかわからないということです。

 

お通夜ならではの線香の意味付けもあるものですから、線香については混乱してしまいがちです。

 

ここではお通夜での線香の本数を含むあげ方やマナーについて、整理して詳しく説明します。

そもそも参列者があげる線香と、お通夜で絶やしてはいけない線香は別な意味があります。

一度わかってしまえばお通夜の線香で悩むことはなくなります。

 

— この記事の目次 —

1.お通夜の線香の意外な意味を知っていますか?

2.お通夜にあげる線香のマナーの3つのポイントはこれで大丈夫

3.お通夜の線香はこうするのが正解!

4.お通夜に線香を絶やさない理由は意外なことだった!

5.お通夜の線香の選び方3つのポイントをチェックしましょう!

6.お通夜が焼香の場合はどうするかわかっていますか?

7.線香だけではない?お通夜のしきたりも知っておきましょう

8.まとめ

続きを読む

通夜での挨拶はこれ!喪主、弔問者、受付の3ケース別の具体例

葬儀と違って通夜は、故人が亡くなられてすぐにおこなわれる儀式でもあり、喪主も参列者もなかなか気持ちの整理ができていません。

むしろ悲しみに沈んでしまっているところです。

そんな状態で迎える通夜で、どの様な挨拶を交わしてよいものか悩ましいものです。

 

何も言わないわけにもいかず、かといってマナーに反するようなことを口にしてはなりません。

何かお手本になるようなものがあれば、それを使って挨拶することが一番負担になりません。

 

そこで、様々なケースの通夜の挨拶の文例をまとめました。

通夜の挨拶は、そうそうバリエーションがある訳ではなく、だいたいは決まりごとの挨拶になります。

 

喪主などの主催者側と参列する側、それに受付を担当する人の3ケースに分けて挨拶の文例をあげています。

この中からご自身のケースに合うものを挨拶に使っていただければ大丈夫です。

 

通夜の場では、すべてが挨拶から始まります。

挨拶が上手くいけば、その後の通夜の儀式にスムーズに入っていくことができます。

 

— この記事の目次 —

1.通夜での挨拶をするのはこの3ケースだけ!

2.喪主に役立つ挨拶文例集①通夜の参列者への挨拶

3.喪主に役立つ挨拶文例集②通夜終了時の挨拶

4.通夜の参列者が知っておくべき3つの挨拶とは?

5.必見!通夜の受付担当者が知っておきたい挨拶2例

6.通夜の挨拶として送る弔電、手紙はこの4例

7.このまま使える!通夜の僧侶への挨拶3例

8.まとめ

続きを読む

告別式の7大マナーを知っている?服装・香典・時間など全てを解説!

告別式に参列することになったけれど、服装、会場に着く時間、挨拶、会場内でのマナーなど、どうすることが正しいマナーなのか分からないものですよね。

分からないから、と分からないまま行動してしまったり、適当に服装を着用してしまうと、マナー違反にあたる失礼な行動や服装をしてしまいそうで、どうしていいものかと悩むものです。

 

告別式のマナーは難しいものではありません。

告別式の服装は喪服、会場に着く時間は20分前、など、簡単なポイントを学んでおくだけで失礼のない服装や行動をすることができます。

 

今回はしっかりと学んでいらっしゃる方であれば自然と身につけていらっしゃる、「告別式でのマナー」について、くわしくご紹介いたします。

しっかりと対処しておくことで当日は失礼のない、恥ずかしくない服装や行動をすることができます。

このページを読んでぜひ告別式でのマナーを覚えていただけたらと思います。

 

— この記事の目次 —

1.告別式ってなに?告別式にまつわる5つの疑問

2.告別式での一般参列者の5つのマナー

3.告別式の服装の5つのマナー

4.告別式の髪型の3つのマナー

5.告別式の持ち物にまつわる3つの疑問やマナー

6.告別式に渡す香典の4つのマナー

7.告別式の受付係を頼まれたら?受付係の3つのマナーと心構え

8.告別式に遅刻してしまった!正しいマナーと対処方法は?

9.まとめ

続きを読む