告別式の服装の基本やマナー、ちょっとした疑問を徹底解明します!

告別式に参列するときの服装は、喪服なら問題ないと思っている人は多いと思います。

しかし、夏でもジャケットが必要なのか、冬のコートはどんなものを着ればいいのか、寒い時はタイツでも良いのか、子どもはどういう服装をすればいいのかなど、告別式のタイミングによってはいろいろな疑問があるのではないでしょうか?

 

ここでは、告別式の服装の基本のほかに「こういう場合はどうしたらいいのかしら?」と思うちょっとした疑問についてお伝えしていますので、参考にしていただければ幸いです。

 

— この記事の目次 —

1.告別式の服装は喪服が基本!

2.告別式の服装、男性編

3.告別式の服装、女性編

4.告別式の服装、男女共通編

5.告別式の服装、子ども編

6.告別式以外の服装は?

7.まとめ

不祝儀とは?不祝儀袋のマナーや疑問をすべて解説いたします!

冠婚葬祭で、「祝儀・不祝儀」ってときどき目にする言葉ですね。

祝儀とは、婚礼の儀などのお祝い、またはそのときに贈る金品などです。

では不祝儀とはなんでしょうか。

逆の意味合い、つまり弔事に使われそうなのは予想がつきますね。

 

この記事では、不祝儀という言葉の意味や読み方、実際の使われ方、不祝儀のマナーなど、不祝儀に関する疑問にすべてお答えできるようまとめてあります。

不祝儀に関して迷ったときに、お役立ていただければ幸いです。

 

— この記事の目次 —

1.不祝儀とは?不祝儀袋の種類は?

2.不祝儀袋の書き方は?

3.複数人や会社で包む場合の書き方は?

4.不祝儀袋の包み方やお札の入れ方は?

5. お香典の相場はいくら?

6.字が書けない・・・そんな時は?

7.不祝儀についてのその他の疑問にお答え!

8.まとめ

続きを読む

お葬式での挨拶が全てわかる!/喪主の挨拶、孫による弔辞など

喪主になったらお葬式で挨拶する場面は多々あります。

喪家側になる経験はそう多くありません。

初めてのことになると、誰もがどうしていいかわからなくなって戸惑ってしまうものではないでしょうか。

 

この記事では、お葬式における喪主の挨拶例から、近年増えてきている故人の孫による弔辞の仕方、参列者がお悔やみの挨拶をするときの言い方などについてご説明します。

これを読めば、お葬式でどのように挨拶をしたらいいかが明確にわかるようになるでしょう。

 

故人をきちんと見送るためにも、しっかりとした挨拶ができるように準備をしておきましょう。

挨拶は、事前の準備があればそれほど難しいことではありません。

いざというときに慌てないためにも、この記事を読んでぜひ参考にしてください。

 

— この記事の目次 —

1.お葬式における喪主の挨拶

2.通夜での喪主の挨拶文例をご紹介

3.告別式での喪主の挨拶文例をご紹介

4.近年増えている!故人の孫が弔辞を読むときの挨拶の仕方

5.お葬式の挨拶で注意したいポイント3つ

6.参列者がお葬式で遺族の方にかける言葉

7.知っておきたい!宗教によってお悔やみの挨拶は異なる

8.まとめ

続きを読む

弔電の送り方がよく分かる!気をつけるべきマナー・文例・料金相場

お葬式に参列出来ない場合には弔電を送りますが、実際に送った経験のある方は少ないのではないでしょうか。

いざやろうとしても、「そもそもどうやって送ればいいのか」「宛先や差出人の名前はどうするのか」「どんな内容にすればいいのか」と基本的なことがわからずに悩んでしまうのではないでしょうか。

 

この記事では、弔電の送り方や気をつけるべきマナー、文例、料金相場についてご紹介します。

これを読めば、基本的な弔電の送り方がよく分かるようになります。

 

訃報は突然やってきます。

時間がない中で焦ってしまうこともありますが、それでもマナーを守って心のこもったお悔やみの電報を打ちたいものです。

いざというときに慌てないためにも、弔電の送り方について基本的な知識を身に付けていただければ幸いです。

 

— この記事の目次 —

1.弔電とは

2.弔電の送り方➀有名どころから格安サービスまでご紹介!

3.弔電の送り方➁タイミングはいつが適切?

4.弔電の料金相場を知っておこう

5.弔電の書き方マナー 3つ

6.弔電の文例をご紹介

7.弔電の送り方について、迷いやすいポイント3つ

8.まとめ

続きを読む

弔問のマナー/服装、持ち物、挨拶の仕方、線香のあげ方を解説!

弔問とは、訃報を聞いて遺族のもとを訪ねてお悔やみの言葉を述べることをいいます。

お葬式には参列するけれども通夜前に駆けつけるケースや、所用によりお葬式に参列できなかった時に後日自宅に訪問するケースなどがあります。

通夜の前に弔問に伺うかどうかは、故人との関係性によって変わります。

 

いざ弔問しようとしたときに、どんな服装で行けばいいのか、供物や香典は持って行くのか、どのように挨拶をすればいいのか、線香のあげ方のマナーはどうか等、迷うことが多いのではないでしょうか。

この記事では、服装や持ち物、挨拶の仕方、線香のあげ方など、弔問時のマナーについて徹底的に解説します。

これを読めば、弔問のマナーがわかり、遺族に失礼のない振る舞いができるようになります。

 

大切な人の死によって遺族は大きなショックを受けています。

遺族の気持ちを思いやりながら、お悔やみの気持ちを伝えたいものです。

参考にしていただければ幸いです。

 

— この記事の目次 —

1.弔問とは

2.訃報を受けたときの対応の仕方を3つご紹介!

3.弔問のマナー/服装編

4.弔問のマナー/持ち物編

5.弔問のマナー/挨拶・言葉編

6.弔問のマナー/当日の流れ編

7.弔問時のマナー/お線香のあげ方編

8.まとめ

続きを読む

三七日ってどんな法事?読み方や意味、準備すべきことをお教えします

仏教のほとんどの宗派では、死後四十九日で成仏するとされています。

そして死者の成仏・供養のために、一定の期間を置いて法事が行われるのです。

三七日はそのうちの一つで、死後21日に営まれるものです。

 

この記事では三七日の意味や由来、お供え物などの事前の準備から、服装、お布施の相場や当日の僧侶の対応、弔問時のマナーまでまとめてお伝えしていきます。

また、初七日法要や神道・キリスト教での法事に相当する儀式についても解説いたします。

※記事中で「法事」「法要」という2種類の言葉を使っていますが、厳密には、「法事」は会食などを含む行事のこと、「法要」は法事で行う儀式のことを指します。

 

— この記事の目次 —

1.三七日の読み方や意味は?

2.あの世の裁判ってどんなもの?

3.三七日の準備や当日の流れは?

4.お布施やその他のお礼の額、僧侶への対応は?

5.三七日に弔問するときのマナーは?

6.初七日法要はいつ行う?

7.神道やキリスト教の法事ってどんなもの?

8.まとめ

葬儀の受付で必須のマナーとは?受付係の役割も徹底解説!

みなさん、葬儀の受付でのマナーはしっかり身についていますか?

参列者としてのマナーはもちろんですが、受付係を頼まれることもあるかもしれません。

葬儀に参列することはあっても、受付係を頼まれることは滅多にありませんが、受付係は葬儀では欠かせない存在です。

 

ここでは、受付係が何をするのか、役割や流れ、マナーについてご紹介します。

参列者として受付をする場合の流れやマナーにも触れています。

 

受付係を頼まれた時には、参列者がどういうことをするのかを思い出すことで、よりスムーズに役割をこなせるのではないでしょうか。

 

— この記事の目次 —

1.葬儀の受付の基本が知りたい!

2.葬儀の受付係を頼まれたらどうする?

3.葬儀の受付係の必見マナー!【受付準備編】

4.葬儀の受付係の必見マナー!【受付実践編】

5.葬儀の受付係の必見マナー!【その他】

6.葬儀の受付で参列者が知っておきたい4つのこと!

7.まとめ

続きを読む

お葬式で写真は撮ってよい?マナー違反にならないための注意事項

近年ではSNSが普及したことや家族葬の増加などにより、お葬式の場で写真を撮影することに対する意識がずいぶん変化してきています。

お葬式に参列した際に、写真を撮ってもよいのか、またどの程度ならマナー違反ではないのか迷われた方も多いのではないでしょうか。

 

この記事では、お葬式と写真撮影の関係についてご説明します。

世代や地域によって考え方が異なるため、揉めないためにマナーを守りながら撮影することが大切です。

 

これを読めば、どこに配慮すればよいのかがわかり、安心して写真を撮影することができるようになるでしょう。

遺族や参列者に配慮しながら、記録に残すために素敵な写真を撮りましょう。

参考にしていただけましたら幸いです。

 

— この記事の目次 —

1.お葬式では写真撮影してもよい?

2.お葬式で写真を撮る目的とは

3.揉めないためのポイント3つ

4.お葬式での写真撮影の心得

5.遺族から撮影係を頼まれたら?気をつけるべきポイントとは

6.気をつけたい!参列者が行う写真撮影のマナー

7.よくある疑問を解消しておこう!お葬式のシーン別撮影ポイント

8.まとめ

続きを読む

葬儀の時間はどれくらい?時間の目安、タイプ別の流れをご紹介!

葬儀の時間がどれくらいかかるのか、把握している人は少ないのではないでしょうか。

人生の中で葬儀を行う立場になることは数えるほどしかないでしょうから、いざ、その立場になったときに「こんなに長時間拘束されるものなんだ?!」と驚くこともあるかもしれません。

 

ここでは、葬儀の時間を決めるときの基準や、一般的な葬儀、家族葬、直葬ごとに、時間の流れなどをご紹介します。

葬儀の時間に関するマナーについても触れていますので、葬儀を行う喪家としてだけではなく、参列者としての心構えとしても参考にしていただければ幸いです。

 

— この記事の目次 —

1.葬儀にかかる時間の目安はどれくらい?

2.葬儀の時間帯は決まりがある?

3.一般的な葬儀の時間の流れが知りたい!

4.家族葬の時間の流れは?

5.直葬の時間の流れも知りたい!

6.葬儀の時間に関するマナー

7.まとめ

続きを読む

訃報を受けたらどうする?気になる7つのわからないを解消します

誰もが突然接することになる訃報。

あなたは訃報を受けても落ち着いて対処できるでしょうか。

一般に訃報を受けたらどうしたらよいかわからないのは以下の7点です。

 

そもそも訃報の意味

失礼にならない受け答え

訃報をメールで受けた時の対応

すぐに駆け付けなければいけないかの判断

都合などで駆け付けられない場合の対処法

訃報を受けた際に気を付けるべきマナー

訃報を受けた時のお悔みの仕方

 

そこで訃報を受けたら気になる上記7点について詳しく説明します。

すでに訃報を受けて上手く対応できずに気になっている人もご安心下さい。

この記事を読んでしっかりフォローしましょう。

 

— この記事の目次 —

1. そもそも訃報とはどういうものでしょうか?

2. 訃報を受けたらどうしたら良いでしょうか?

3. 訃報をメールで受けたらどうしますか?

4. 訃報を受けたら駆け付けるべきでしょうか

5. 弔問に行けない場合の対応策とは?

6. 訃報を受けたら確認すべき3つのマナー

7. 訃報を受けたら確認しておきたいお悔やみの挨拶例

8. まとめ

続きを読む