お布施とは? お布施の意味もマナーも気になる7つの疑問を大公開

葬儀の時はもちろんその後の法要でも、仏式であれば僧侶に読経をお願いすることになります。

葬儀や法要の後で、僧侶に渡すお金をお布施と言います。

なぜお布施であって読経代金ではないのでしょうか。

 

お布施と言う言葉には、実はいろいろな意味が込められています。

知っている人もいれば知らない人もいるでしょうが、お寺との縁が薄くなる一方の昨今では、知らない人の方が大半でしょう。

 

お布施とはそもそも何なのか、どんな決まり事があるのか、金額の相場はなどなど、あいまいでわかりにくいことをまとめて調べてみました。

知っていてこそ納得できる、お布施についての7つのポイントをご覧ください。

 

— この記事の目次 —

1.お布施とはそもそも何?

2.お布施の金額はなぜ変わる?

3.お布施のマナーは3つのポイントを押さえよう!

4.お布施の渡し方にもマナーありです

5.わからないお布施ならわかりやすくしよう

6.こんなお布施もあります・派遣僧侶

7.お布施とはつまり相場が無いのです

まとめ

続きを読む

葬儀の返礼品について。意味や香典返しとの違いなど8つにわけて解説

葬儀では返礼品を渡さなければならないと聞いているけれど、返礼品の意味や香典返しとの違いなど、分からないことがたくさんありますよね。

かといって、返礼品の意味やマナーなどを知らないまま、葬儀で返礼品を用意してしまうと、参列者の方々に失礼な対応をしてしまいそうで、どうすればいいものかと悩むものです。

返礼品には、通夜返礼品、会葬返礼品、香典返し、身内への返礼品の4種類があり、それぞれ用意する品物や渡し方にはマナーがあります。

 

今回はしっかりと学習されている方であればソツなく行っている「葬儀で渡す返礼品の選び方や渡し方などの正しいマナー」について、くわしくご紹介いたします。

しっかりと学習しておくことで、返礼品を渡す相手に失礼がないように行動することができます。

このページを読んでぜひ葬儀で渡す返礼品の選び方や渡し方などの正しいマナーを覚えていただけたらと思います。

 

— この記事の目次 —

1.返礼品ってなに?4つの返礼品について解説!

2.葬儀参列者に対する返礼品の品物と渡し方は?

3.香典に対する返礼品の品物と渡し方は?

4.身内に対する返礼品の品物と渡し方は?

5.会葬返礼品に添えるお礼状とは?

6.香典返しに添える挨拶状とは?4つの疑問を解説!

7.返礼品にのしって付けるの?3つのポイントをご紹介!

8.こんなときどうする?葬儀の返礼品にまつわる4つの疑問を解説!

9.まとめ

続きを読む

通夜の大百科。香典、服装、マナーなど5つの疑問を全て解決

通夜は葬儀を前に行われる、故人との最後のお別れをする大切な儀式です。

喪主にとっても参列者にとっても慣れていることではないため、失礼の無いようにと気を使います。

 

特に喪主になりますと悲しんでいられないほど多忙になります。

参列者にとっても、服装や香典などについてどうしたらよいか気になることが出てきます。

 

通夜に関しての疑問のトップ5で第1位は、参列者が香典をいくらつつんでいったらよいかでした。

そこにマナー、服装が続き、次に遺族側の疑問で日程と段取りでした。

 

ここでは上記5大疑問の解答を詳しく説明します。

あわせて通夜の意味や、仏教以外の宗教ではどうするかなどもあわせて説明します。

以上で通夜に関するほとんどの疑問は解消されます。

 

喪主にとっても、参列者にとっても、地域や宗派による違いはあるものの、通夜についての約束事があります。

それさえ押さえておけば、後はご自身と故人との関係によって対応を選択すればよいのです。

雑多な事に気に使うことがなければ、静かに故人と最後のお別れをすることができますね。

 

— この記事の目次 —

1.通夜についてこれだけ押さえていれば完璧

2.通夜の香典の疑問トップ3はこれだ!

3.通夜のマナーの疑問トップ3はズバリこれ!

4.通夜の服装の疑問トップ3は難問です

5.通夜の日取りの疑問トップ3はやはりあの問題

6.通夜の主催者の疑問トップ3は悩みが深い問題ばかり

7.仏教以外のお通夜はどうなるか知っていますか?

8.まとめ

続きを読む

供花とは?相場や注文・お返しの方法、連名での送り方など解説します

供花とは、弔意を伝えるためにお花を贈ることを言います。

宗教的な儀式ではないので誰でも贈ることができるものです。

しかし、贈る際にはいくつか注意しなければならないことがあります。

 

この記事では、供花の注文・手配の仕方や相場、送るときに留意すべき点、お花の選び方、名前の表記の仕方などについて解説していきます。

また、贈られる側の遺族の疑問点として、供花へのお返しの方法・供花を並べる順番などの他、キリスト教の葬儀・神式の葬儀での供花についてもお伝えしています。

 

— この記事の目次 —

1.供花とはどういうもの?贈ってだめなものは?

2.供花の送り方は?どうやって頼めばよい?

3.供花の相場や支払い方法は?

4.名札の表記の仕方、供花を飾る順番は?

5.枕花・花輪・樒って?供花とどう違う?

6.供花・枕花のお返し方法は?

7.キリスト教・神式での供花・枕花って?

8.まとめ

続きを読む

死体安置所の利用と自宅安置、いざという時のための使える知識

「死体安置所」について考えたことはありますか?

身近な方が亡くなってしまう際、葬儀にかかる費用や手続きについてなど、するべきことが山のようにある中で積極的に考えたいことではないかもしれません。

 

故人の最期を病院で看取って亡くなった場合、病院の霊安室などは利用せず、必要な処置の後に直接ご自宅で安置をし、葬儀をなさる方も多いかと思います。

 

しかし、近年では集合住宅の増加などの理由で自宅以外での安置も増えてきているようです。

この記事では、故人が亡くなった場合の様々なご事情に合わせた「安置」の方法や値段、「死体安置所」を利用する場合の流れなどをご紹介します。

 

万が一の際になるべく慌てずにすむように、是非ご一読いただければと思います。

 

— この記事の目次 —

1.遺体の安置ってどこでできるの?それぞれの注意点や費用について

2.病院で入院中の家族が危篤になったら・・

3.家族が自宅で亡くなる場合はどうすればいいの?

4.警察署からご家族の遺体安置の連絡を受ける場合

5.死亡届の提出にあたって注意したいこと

6.安置(死体安置所)に関するよくある質問

7.まとめ

続きを読む

香典の相場金額は?会社、友人、親、孫、祖父母など8つにわけて解説

葬儀や法事には香典が必要だと分かっているけれど、一般的にはどのぐらいの金額を香典に包むのか、と香典の相場金額が分からなくて悩んでしまうことがありますよね。

とはいえ、相場が分からないまま香典を包んでしまうと、本当にこの金額で間違いないのか、包んだ金額が失礼にあたらないか、と心配になるものです。

 

香典に包む相場金額は、故人との関係性や年齢で異なります。

今回は熟知している方であれば当たり前に行っている、「葬儀や法事などの香典の相場金額」について、くわしくご紹介いたします。

しっかりと相場を知っておくことで、葬儀、法事当日は失礼のない対応をすることができます。このページを読んでぜひ葬儀や法事などの香典の相場金額を覚えていただけたらと思います。

 

— この記事の目次 —

1.香典にまつわる4つのマナーをご紹介!

2.親族の葬儀に包む香典の相場とマナーは?

3.職場関係の人の葬儀に包む香典の相場とマナーは?

4.友人・知人・近所の人の葬儀に包む香典の相場とマナーは?

5.法事に包む香典の相場とマナーは?

6.自分の親の葬式に包む香典にまつわる3つの疑問

7.3千円以下の少額香典を包む場合の3つの疑問

8.こんなときどうする?香典の相場にまつわる3つの疑問を解説!

9.まとめ

続きを読む

火葬の疑問にお答え!時間や温度、色がつく理由から歴史までご紹介!

近年では終活という言葉が流行るなど、高齢化が進むにつれて死への関心が高まりつつあります。

エンディングノートや葬儀に関する本も次々と発売されており、巷では火葬場が足りなくなるのでは、と言った声も聞かれるようです。

 

火葬・火葬場については今まではタブー視されることが多かったのですが、こういった流れの中で、だんだんと向き合う方が増えてきています。

この記事では、普段あまり耳にすることのない火葬場の仕組みや、火葬の歴史などについてお伝えしています。

この機会に火葬について知り、いつか必ず来る死に向き合う時間を、少しだけ作ってみてはいかがでしょうか。

 

— この記事の目次 —

1.火葬炉の仕組みや方法はどうなっている?

2.お骨上げの方法は?

3.火葬場事情~残骨灰は儲かる?

4.日本での火葬はいつから行われたの?

5.アメリカでの火葬事情は?

6.世界での火葬の歴史を知ろう

7.火葬や土葬だけじゃない!葬送の形

8.まとめ
続きを読む

お葬式の基本的な参列マナー、8つのポイントを押さえましょう!

お葬式の参列マナーは、社会人として身に付けておきたいものですよね。

 

しかし、訃報はある日突然訪れます。

お祝いごとのように、マナーを勉強したり、準備をする期間なんてありませんよね。

そんなとき慌てないためにも、基本的なマナーを押さえておきましょう。

 

ここでは、服装や香典の目安、会社関係、妊婦さんや子どもの参列などについてご紹介します。

基本的なマナーを押さえておけば、突然の訃報に慌てることもありませんし、社会人としてマナー違反を犯してご遺族に失礼をしてしまうこともありませんよ。

 

— この記事の目次 —

1.通夜と告別式、どっちに参列したらいい?

2.お葬式に参列するときの服装や持ち物は?

3.香典の目安と書き方は?

4.お葬式に参列したとき、気を付ける言葉は?

5.会社関係のお葬式、誰が代表で行く?

6.妊娠中のお葬式は行くべき?

7.小さな子どももお葬式に行くべき?

8.お葬式に参列できないときはどうしたらいい?

9.まとめ

続きを読む

失礼にならない喪服の装いとは?これで完璧!葬儀の服装マナー

喪服には格があり、葬儀にふさわしい服装・身だしなみがあります。

突然の訃報に慌てないためにも、社会人になったら喪服を1着は持っておきたいものです。

 

間違った服装をしてしまうと、遺族や故人に失礼にあたります。

大人のエチケットとして、身だしなみはきちんとしておきましょう。

 

ここでは、通夜・葬儀でのふさわしい服装、喪服のマナーについて詳しくご説明します。

喪服のマナーを知っておくことで、故人に礼を尽くしてお見送りすることができます。

基本的な服装の知識をぜひ身に付けていただきたいと思います。

 

— この記事の目次 —

1.そもそも喪服とは?

2.喪服には格がある!

3.喪服の身だしなみマナー6つ

4.喪服を着る際のその他の小物

5.通夜と葬儀では、服装は違うの?

6.子供の服装はどうしたらよい?

7.夏や冬の装いは?

8.まとめ

続きを読む

弔問とは?服装や挨拶はどうする?恥をかかない弔問のマナー

訃報の知らせを聞いた時、弔問に行くべきかどうか悩んだことはありませんか?

訃報の際には亡くなられた故人を思い、今すぐにでも会いに行きたいという気持ちでいっぱいになるかと思います。

 

しかし、すぐに駆け付けることだけが弔問のマナーとは限りません。

急な不幸の直後でご遺族の方々も何かと忙しく対応している可能性も、もちろんあります。

 

またご遺族の気持ちも整理できずにいることも考えられます。

この記事では弔問とは何か、いつ、どのように弔問すべきかを説明します。

 

自分が弔問に行くかどうか悩んだ時、また弔問に行く場合にはいつ、どのように行くべきかをしっかりと学んでいただき、故人にとってもご遺族にとっても失礼のない弔問のマナーを身につけましょう。

 

— この記事の目次 —

1.弔問とは

2.弔問に行くタイミングは?

3.弔問に行く際の服装や挨拶方法

4.弔問にいくべきかどうか?

5.弔問に関するよくある質問

6.遺族側の弔問者への対応

7.まとめ