急増する無宗教の葬儀とは!?無宗教の考え方や最適な葬儀を知ろう!

近年急増している無宗教の葬儀は、宗教や形式に囚われないので故人や遺族の想いを形にしやすい新しい形式の葬儀です。

葬儀といえば、なんとなく堅苦しいものというイメージがあるので、無宗教の葬儀が好まれるのかもしれませんね。

 

葬儀社によっては、無宗教葬儀に向いている様々なプランが用意されていますので、全て自分たちで決める必要はありません。

大切なのは、故人と遺族の気持ちですから納得できる葬儀を行いたいですよね。

 

しかし、全ての人がなんの障害もなく無宗教の葬儀を行えるわけではありません。

無宗教の葬儀にはメリットだけでなく、もちろんデメリットもありますので、無宗教の葬儀を検討されている方は、事前にしっかりと知識を習得しておきましょう。

 

— この記事の目次 —

1.無宗教葬儀とは

2.無宗教に最適な葬儀の種類

3.無宗教の葬儀の関して知っておくべき知識

4.無宗教の葬儀に関するマナー

5.無宗教のお墓について

6.無宗教の位牌・仏壇とは

7.無宗教の葬儀に関するよくある質問

まとめ

続きを読む

通夜と葬儀について知っている?日程や参列に超重要ポイントあり !

通夜と葬儀。

社会生活を営んでいれば、必ず直面することです。

 

ただ、意外に、「通夜と葬儀の違いさえもよくわかっていない・・・。」という人も。

けれど、通夜や葬儀にはそれよりもさらに深い疑問もたくさん存在するのです。

 

例えば、「故人との関係性がどの程度であれば参列するべきなのか?」、「日程はどのように決めればよいのか?」ちょっと不安になってしまいますね。

 

そこで、今回は、そのような疑問も含め、さまざまな通夜と葬儀に関する知識を紹介していこうと思います。

この記事を見終わった後は、通夜や葬儀にびくびくすることもなくなるのではないでしょうか?

 

— この記事の目次 —

1.通夜・葬儀・告別式、違いは?それぞれについて、詳しく解説!

2.通夜と葬儀の日程を決めるのは3つのポイント!

3.通夜と葬儀はどちらに参列する?それとも両方?

4.受付を頼まれた!やること迷子にならないために

5.通夜と葬儀の挨拶は?重要なのは・・・

6.案外気になる!?通夜と葬儀の流れや時間は?

7.通夜と葬儀のちょこっとマナー編

8.まとめ

続きを読む

散骨しようと思った時に知っておくべき7つのポイントとは?

いま、新しい埋葬の形として「自然葬」が人気となっています。

自然葬にはいくつもの種類があり、遺骨を埋葬し墓標の代わりに樹木を植える「樹木葬」が代表的ですが、遺骨を粉末化し海や山に撒く「散骨」を選ばれる方も年々増加しています。

 

亡くなったあとには火葬し、一定期間を経て「お墓」へ遺骨を納めるという考え方が、今までの日本では一般的で当たり前のことでした。

お墓を作らず(納めず)その遺骨を「散骨」するという自然葬について、それが受け入れられ拡まっている理由はどういうところにあるのでしょうか?

故人の遺志で「散骨」を行う場合、また自分が散骨を希望する場合に知っておくべきこととは?

 

○遺骨を撒くことに法律上の制限はあるの?

○「散骨」にはどのような届け出やルールが必要なの?

○「散骨」はどこでもできるの?禁止されてる場所はあるの?

○「散骨」するためには、どのくらいの費用がかかるの?

 

現代日本の「散骨」事情について調べました。

 

— この記事の目次 —

1.「散骨」が注目されている3つの理由

2.「散骨」を行う時に注意するポイント5つ

3.遺族間でのトラブルも!「散骨」を正しく理解

4.「散骨」にもこんなに種類が!その方法とルール

5.亡くなってから「散骨」するまでの流れを知ろう

6.「散骨」するにはいくらかかるの?

7.「散骨」で守るべき4つのルールとマナー

8.まとめ

 

続きを読む

神道のお葬式でも慌てない!!参列する時に知っておきたい7つのこと

日本人の約9割が仏教のお葬式を行うといわれていますが、神道のお葬式を行う方も少数ながら存在します。

昔は、神道と仏教の割合にそれほど差はありませんでしたが、近年は仏教が大半を占めている状況です。

 

仏教のお葬式に関する基本的な知識を有している方は多いですが、神道のお葬式となるとどうでしょうか?

神道のお葬式に参列した経験がある方は少ないはずです。

 

神道と仏教では、考え方から作法まで全く違うものなので、何も知らずにお葬式に参列してしまうと、仏教との違いにとても驚くでしょう。

驚くだけなら良いのですが、マナー違反になるようなことだけは絶対に避けたいですよね。

 

神道のお葬式に関して全てを知る必要はありませんが、神道と仏教の違いや基本的な作法だけでも、もしもの時に備えて知っておきましょう。

 

— この記事の目次 —

1.神道の葬式とは

2.神道の葬式の流れ(神葬祭1日目)

3.神道の葬式の流れ(神葬祭2日目)

4.神道の葬式にかかる費用

5.神道の葬式に関する豆知識

6.仏教とは違うことだらけ!神道の葬式マナー とは?

7.知っておきたい神道のお墓事情

8.神道の葬式に関するよくある質問

まとめ

続きを読む

葬儀のマナーは当然の心得!知っていれば必ず役立つ知識を紹介

人との付き合いではさまざまなことが大切になってきますよね。

コミュニケーション能力や清潔感や・・・。

 

恐らく、それらと肩を並べるであろうものは『マナー』。

やはり、マナーを身に付けていないと恥ずかしいですし、そもそも、マナーが身に付いていない人と付き合うのは、ご遠慮願いたくなります。

 

そのマナーが顕著にわかるのが葬儀です。

なんといっても葬儀には、香典や焼香などなど一癖ある難解なものが多々ありますからね。

その分、悩む人が多いのも事実です。

 

そこで、この記事では、悩みやすい葬儀のマナーについてお話します。

「すべてマスターしてやる!」とやる気の溢れている方にも、「少しややこしそう」と尻込みしている方にも、わかりやすく解説していきますよ!

 

— この記事の目次 —

1.まずは肩慣らし!葬儀の基礎知識

2.疑問率No.1!葬儀のマナー香典編

3.黒は強い味方!葬儀のマナー服装編

4.頼まれたら?葬儀のマナーで意外に悩む受付

5.焼香は宗派によっても変わるって!?

6.お悔やみ言葉にも避けられない葬儀のマナーがある!

7.葬儀のマナーの疑問集!

8.まとめ

続きを読む

素敵な偲ぶ会を開催しよう!マナーや流れなど7つの常識を徹底解説

「偲ぶ会」で思い浮かぶのは、テレビで目にする著名人が亡くなった際に執り行われている様子ですよね。

「著名人でない自分には偲ぶ会なんて関係ない」と思っていませんか?

最近では偲ぶ会は一般的になってきていますので、関係ないなどということはありません。

 

偲ぶ会は葬儀とは異なりますから、知識なしに参加すると恥をかいてしまうかもしれませんよ。

もちろん、一番大切なのは故人を想う気持ちですが、知識を持っていて損はありません。

 

そこで、今回は大人として知っておくべき偲ぶ会の基本をご紹介いたします。

もしもの時にも慌てず、故人にしっかりとお別れをしてくださいね。

 

— この記事の目次 —

1.偲ぶ会とは?まずは基本をおさえよう!

2.偲ぶ会の案内状

3.失礼のない返信方法とは?

4.失敗しないために!偲ぶ会に必要な準備とは

5.偲ぶ会の流れ

6.偲ぶ会の3つの常識とは

7.偲ぶ会のマナー

8.よくある質問

まとめ

続きを読む

キリスト教の葬儀へ参列することに・・・重要マナーを心得ている?

様々な文化が混ざり合っている日本。

寛容に思えて素敵な気もしますが、悩むのが葬儀の種類も多様なことです。

 

「仏式が主流だから~」。なんて、自分とは無関係のように思っていると大変。

最近は、仏式以外の葬儀も行う人が多いのですよ。

つまりは、いつほかの宗教の葬儀に呼ばれるかわからないということです。

 

そこで、今回は、その中から、キリスト教式の葬儀にまつわるお花料や献花などについて紹介していこうと思います。

これを見れば、あまり接する機会のなかったキリスト教式の葬儀も澄まして参列できるようになるはずです。

 

— この記事の目次 —

1.キリスト教の葬儀の基本編!

2.キリスト教ではお花料!香典と呼ぶなかれ!

3.場違いは恐怖を生む!キリスト教の葬儀の服装

4.キリスト教の葬儀、言葉も美しく

5.経験がなければわからない・・・キリスト教の葬儀の流れ

6.キリスト教の葬儀はお花が大切!

7.キリスト教の葬儀豆知識

8.まとめ

 

続きを読む

神式の葬儀はメジャー!?社会人として絶対必要な知識を知っている?

「葬儀に出席したことはありますか?」

多くの方は、1度はあるのではないでしょうか?

 

ただ、これに、一言加わると、意外と「NO!」という人も多いでしょう。

その一言が『神式の』という言葉です。

 

確かに、仏式の次にメジャーな葬儀と言えども、日本では一番手の仏式が多数を占めています。

神式の葬儀に接する機会が少ないということは、知識面においても不安がありますよね。

 

そこで、今回は、その少々不安要素のある神式葬儀について説明していこうと思います。

マナーや避けるべき言葉などの基本事項を始め、細かな疑問も解決できるはずです。

読み終わった頃には、神式葬儀についての不安もなくなっているはずです。

 

— この記事の目次 —

1.神式の葬儀のこれを知らなきゃ恥!な超基礎

2.神式の葬儀に参列するなら!知っておくべきお金編

3.間違えれば白い目必至!神式葬儀のマナー編

4.一言まで神経を!神式葬儀の言葉編

5.実は知らない!?神式の法要はなにがある?

6.4つのポイントでわかる!神式の葬儀と仏式の葬儀の違い

7.神式の葬儀でのこまごま疑問集めました!

8.まとめ

続きを読む

霊園を決める前に知っておきたい。後悔しない選び方とは

ひと昔前までは、当然のようにお墓は代々受け継がれてきました。

しかし、現在は核家族化や価値観の多様化によって、わざわざ遠方の代々の墓に入らなくても、新しく自分たちのために墓を建てる人も多くなりました。

 

そのようなときに真っ先に考えなくてはならないのが、墓を建てる場所、すなわち霊園です。

現在では、墓を建てる場所は「民間霊園」「公営霊園」「寺院霊園」の3種類あります。

それぞれ費用や環境、宗旨などの特徴もありますから、迷う人も多いのではないでしょうか。

 

霊園選びは、自分たちだけでなく、孫子にまで関わってくることですから、じっくり考えて選ぶようにしましょう。

ここでは、霊園を選ぶときのポイントやとくに東京の霊園事情などをご紹介します。

さらに、最近都市部で人気を集めている「あえて墓を作らない埋葬方法」についてもご紹介します。

 

— この記事の目次 —

1.霊園を下見するときの確認事項とは

2.霊園の種類と特徴とは<民間霊園>

3.霊園の種類と特徴とは<公営霊園>

4.霊園の種類と特徴とは<寺院霊園>

5.霊園に墓を建てるまでの流れ

6.東京の霊園事情とは

7.大きく変化している墓への考え方

まとめ

 

続きを読む

喪主になって慌てないために。押さえておきたいポイントとは

人の命は、いつ寿命を迎えるのかわかりません。

「まさか自分が喪主を務めるとは」というシーンも出てくるかもしれないのです。

また、ひと昔前には、冠婚葬祭は長男の役目でした。

しかし、子どもの数が減り、一人っ子も多くなった昨今では、自分の両親の葬儀で喪主を務めなくてはならないというケースも多くなってきます。

 

いくら葬儀社の人が手取り足取り誘導してくれたとしても、あとから「こうしておけば、もっとよかったのに」「喪主として、不備や失礼があっただろうか」と後悔することもあるかもしれません。

 

万が一、喪主を務めることになったときに困らないように「危篤」「葬儀の準備」「通夜」「葬儀・告別式」そして、葬儀後に喪主がやらなくてはならないことなど、大まかな流れにそった基礎知識をご紹介します。

「仏教式」「神道式」「キリスト教式」と細かい点で違うところがありますが、ここでは、もっとも一般的な仏教式での喪主のやるべきことをご紹介していきます。

 

— この記事の目次 —

1.喪主とは

2.臨終前に喪主がやるべきこととは

3.臨終後に喪主がやるべきこととは

4.通夜で喪主がやるべきこととは

5.葬儀~火葬場で喪主がやるべきこととは

6.葬儀後に喪主がやるべきこととは

7.四十九日法要で喪主がやるべきこととは

まとめ

 

続きを読む