弔問とは?服装や挨拶はどうする?恥をかかない弔問のマナー

訃報の知らせを聞いた時、弔問に行くべきかどうか悩んだことはありませんか?

訃報の際には亡くなられた故人を思い、今すぐにでも会いに行きたいという気持ちでいっぱいになるかと思います。

 

しかし、すぐに駆け付けることだけが弔問のマナーとは限りません。

急な不幸の直後でご遺族の方々も何かと忙しく対応している可能性も、もちろんあります。

 

またご遺族の気持ちも整理できずにいることも考えられます。

この記事では弔問とは何か、いつ、どのように弔問すべきかを説明します。

 

自分が弔問に行くかどうか悩んだ時、また弔問に行く場合にはいつ、どのように行くべきかをしっかりと学んでいただき、故人にとってもご遺族にとっても失礼のない弔問のマナーを身につけましょう。

 

— この記事の目次 —

1.弔問とは

2.弔問に行くタイミングは?

3.弔問に行く際の服装や挨拶方法

4.弔問にいくべきかどうか?

5.弔問に関するよくある質問

6.遺族側の弔問者への対応

7.まとめ

5分でわかる!訃報を後で知った場合の適切な対応をシンプルに説明!

家族や近い親戚、親しい友人などであれば、すぐに訃報が届きます。

 

しかし最近は家族葬などの小さい規模の葬儀が増えてきていることもあり、葬儀からしばらくたって訃報を後で知ることもあるでしょう。

その場合の対応はご遺族とのやり取りになります。

 

考慮すべきマナーは色々あります。

また、訃報を後で知った場合の対応はお葬式に参列することよりも弔意の表し方に選択肢が多くなるので、ご自身の選んだ対処方法で合っているのか、判断が難しいですよね。

 

この記事では訃報を後で知った場合の適切な弔意の表し方について、実際の文例なども含めてケースバイケースの対処方法をご案内します。

 

故人やご遺族との関係によっても適切な対処方法は微妙に異なります。

訃報を後で知った場合の対応で後悔しないために、是非ご一読いただければと思います。

 

— この記事の目次 —

1.まずは電話でお悔やみの気持ちを伝えましょう

2.お悔やみ状・メールを送付する

3.訃報を後で知った場合の香典の送り方

4.訃報を後で知った場合の供花・供物の送り方

5.弔問時のマナーと注意点とは?

6.訃報を後で知った場合に関する質問

7.まとめ

お焼香のやり方決定版!6原則で回数や宗派の違いなど疑問が解消

お焼香の正しいやり方は知らなくても、周りの人のお焼香のやり方に合わせて何となく済ませていませんか?

お焼香をする時は大勢の中ですることがほとんどなので、何とかなりますね。

でも、お焼香の順番が先頭になったりしたらどうしますか?やはり不安になります。

 

そこでお焼香の正しいやり方と必要な知識を全て説明しますので、参考にしてみてください。

特に必要な知識を6つの原則にまとめましたので、この機会に覚えてしまいましょう。

 

これで、お焼香のやり方で不安に思ったり周りの人の仕草を横目でみながら真似する必要はなくなります。

これからは、故人を弔う気持ちをしっかり込めてお焼香をすることができるようになります。

 

— この記事の目次 —

1.お焼香のやり方キホンのキを知っていますか?

2.お焼香の6宗派別のやり方の違いを総ざらい

3.お焼香のやり方の4つのチェックポイントを確認しよう

4.お焼香のやり方の3つの立場による違い(遺族・血縁・一般)はこれだけ

5.お焼香のやり方で押さえておくべき4点はこれ

6.もっとお焼香のやり方を知るための基礎知識3点はこれ

7.仏教以外ではお焼香はどのようなやり方なのか知っていますか?

8.まとめ

通夜の服装のマナーとは?10分で分かる通夜の服装の一般常識!

通夜の服装は喪服を着用することが一般的と聞いているけれど、喪服を着用することはマナー違反とも聞いて、どっちが通夜の正しい服装なのか分かりませんよね。

現在の通夜には喪服を着用することが一般的です。

 

通夜の服装は一般的には喪服を着用しますが、地味な色のスーツ、地味な平服などの格好でも構わず、服装や身だしなみの決まりやマナーがあります。

しっかりと心得ていらっしゃる方は正しく着用されている、「通夜の服装のマナー」についてご紹介いたします。

 

間違った選び方をしがちな通夜の服装も、しっかりとポイントを抑えることで、通夜当日は故人やご遺族に失礼のない、正しい服装をすることができます。

このページを読んでぜひ、通夜の正しい服装やマナーを覚えていただけたらと思います。

 

— この記事の目次 —

1.通夜の服装はどんなものがマナーなの?

2.男性が通夜に着用する服装やマナーは?

3.女性が通夜に着用する服装やマナーは?

4.子供や赤ちゃんが通夜に着用する服装やマナーは?

5.通夜の夏服ってどんな服装を選べばいいの?

6.通夜の冬服ってどんな服装を選べばいいの?

7.喪服やダークスーツがない!通夜で着用OKな3つの服装

8.通夜の服装にまつわる3つの疑問!こんな服装はNG?

9.まとめ

続きを読む

イオンのお葬式の評判は?口コミや値段、サービス内容など一挙解説!

葬儀社紹介業で有名なのは、「小さなお葬式」「イオンのお葬式」「シンプルなお葬式」などですね。

その中でもイオンのお葬式は、高品質・低価格を謳っていることが特徴で、他の2つの紹介業者が価格を売りにしているのとは一線を画しています。

 

しかしイオンは本当に高品質なのでしょうか?

また、品質を保つために行っているのはどういったことで、それは成果を上げているのでしょうか。

 

この記事では、イオンのお葬式の実際の評判や品質、問題点、葬儀プランの種類や値段、寺院紹介・永代供養・ペット葬などについて一挙解説いたします!

 

— この記事の目次 —

1.イオンのお葬式の口コミや評判は?

2.イオンのお葬式の価格一覧

3.イオンのお葬式での戒名やお布施の金額は?

4.イオンは品質を保証してくれるのか?

5.イオンのお葬式の永代供養や終活って?

6.イオンのお葬式のペット葬は信頼できる?

7.イオンのお葬式は問題点あり?

8.まとめ

続きを読む

喪服のレンタルって使ったことある?お得なシステムを5分で解説!

訃報は、急に入ることも多いですよね。

しかし、葬儀に伴う喪服や香典の準備、仕事を休む手配をしたり、マナーを確認したり・・・悲しみに暮れる間もなく、準備することは多岐に渡ります。

 

葬儀の準備の中で、今回は「喪服のレンタル」について取り上げてみます。

最近は色んなものをレンタル(シェア)する価値観が広まっています。

 

衣料品、旅行用品、電化製品、自転車などの【もの】からシェアハウス【住まい】、SNS【情報】など、実に様々な種類があります。

 

また、ご自身の喪服を購入予定だったり、すでに購入済だったりする方でも、購入時と体形や好きなデザインが変わってしまったり、長年着るうちに生地が傷んできたりする状況も考えられると思います。

 

少しでもお葬式の準備への負担が軽減できればと思い、「喪服のレンタル」を利用する場合のメリットやデメリット、費用などについても記載しています。

是非ご一読いただければと思います。

 

— この記事の目次 —

1.まずは喪服について知ろう!喪服に格式ってあるの?

2.自分の喪服を持っていなかったら?レンタルという選択!

3.喪服のレンタルを利用する際のメリット・デメリットについて

4.インターネットの喪服のレンタル会社と目安の値段について

5.インターネットで喪服のレンタルをする場合の種類やサイズ

6.着物の喪服をレンタルする場合

7.インターネットの喪服のレンタルを利用するにあたっての流れ

8.まとめ

 

続きを読む

喪主は誰が務めるべき?「喪主になったらやること」大事典

これまで葬儀に参列したことがあっても、喪主を務めた経験のある方は限られるのではないでしょうか。

しかし家族が亡くなったとき、葬儀を取り仕切る立場になる可能性はゼロではありません。

家族が亡くなったとき、頭が真っ白になってしまうかもしれません。

 

そんなときでも、大切な故人をお見送りするため、葬儀はきちんと進行していく必要があります。

そもそも喪主は誰が務めるべきなのか?もし喪主になったら何をしたらいいのか?これらに必要な知識と葬儀の流れについて詳しくご説明します。

 

葬儀の基本的な流れや知識を知っておくことで、いざその時が来たときに冷静に対処できるようになっておきましょう。

この記事を読み、喪主としてのマナーを身に付け、遺族の代表者として大切な故人をしっかりと見送ることができるようになっていただきたいと思います。

 

— この記事の目次 —

1.喪主の意味と決め方

2.喪主になったら最初にやること6つ

3.葬儀準備で押さえておきたい5つのポイントとは?

4.通夜における喪主のお仕事

5.葬儀で気をつけるべき喪主のマナーは?

6.葬儀後は何をすればいい?

7.まとめ

 

続きを読む

家族葬のマナー、失礼にならない小さな葬儀のための7つのポイント

第一生命経済研究所が2013年に出した『終活~遺したいものと、伝えたいこと』によると、新聞で「家族葬」とはじめて書かれたのは2000年だそうです。

同研究所が調べた意識調査では、お葬式を「故人の霊を弔う儀式」と考えた人は少なく「故人とお別れする儀式」と答えた人が7割弱を占めたということです。

 

お葬式に関する費用が、バブル期の見栄や体裁へのこだわりで高騰する事への反発や、身近な人だけに送られる質素なお葬式を望む人が増えてきた事など、現代の人々の価値観や感覚は変化してきました。

これが家族葬が選ばれるようになってきた原因ととらえることができます。

 

しかし、家族葬という言葉のイメージが先行して、その定義などはそれほど一般化しているわけではありません。

そのために立場の異なる関係者が故人を送る気持ちの表し方や家族葬のイメージの食い違いから、はからずも礼儀を欠いてしまい、会社関係やご近所関係でトラブルになることもあります。

というわけで、ここでは失礼にならない家族葬のあり方についてのポイントをまとめていきます。

 

— この記事の目次 —

1.家族葬のマナーについてのチェックリスト【遺族側】

2.家族葬の引き出物、お供え、お返しなど家族葬にかかる費用【遺族側】

3.家族葬のマナー違反でトラブルにならない挨拶状、会社、ご近所通知【遺族側】

4.家族葬のお通夜・告別式の流れ【遺族側】

5.家族葬の供花、お供え、弔電の常識【参列者側】

6.家族葬の香典の考え方【参列者側】

7.家族葬のマナーとして参列する?しない?【参列者側】

8.まとめ

続きを読む

訃報の伝え方と連絡内容を徹底解剖!電話・メールのマナーと文例集

別れは突然やってきます。

家族に不幸があった場合に、まず最初にやらなければならないことは、お世話になった親族や友人などの関係各所に家族の死を伝えることです。

 

遺族として訃報を知らせる立場になったとき、誰にどの順番でお知らせすればいいのか、どういう内容を伝えればいいのか、わからないことが多いのではないでしょうか。

また、訃報を受けた場合にも、お悔やみの気持ちを伝えたくても、適切な言葉が思い浮かばずに慌ててしまうこともあるかもしれません。

 

ここでは、訃報を伝える範囲や順番、ケース別の文例集と、訃報を受けた側がお悔やみを伝えるときの返信の仕方について、徹底解剖します。

連絡マナーを知っておくことで、落ち着いてスマートに対応することができるようになります。

突然の有事にも慌てず準備を進めることができるよう、訃報のマナーをぜひ身に付けていただきたいと思います。

 

— この記事の目次 —

1.そもそも訃報とは?

2.訃報を知らせるときの3つのポイント

3.電話での訃報の伝え方

4.失礼にならない訃報メールのコツ

5.訃報を受けた際の注意すべきポイント

6.訃報を受けたときのお悔やみマナー

7.葬儀に行けない場合の3つの対処法とは?

8.まとめ

 

続きを読む

家族葬のお通夜は参列すべき?喪主側・参列者側の立場から徹底分析

知り合いのお葬式が「家族葬」の場合、お通夜に参列してもいいのか、しない方がいいのか、迷いますよね。

また葬儀を行う喪主側も「家族葬」だから参列者が来ないと思っていたのに、急な参列に対して困ったりする場合も耳にします。

 

「家族葬」という名前のお通夜の場に、家族ではないのに参列して迷惑かなと思ったり、反面お通夜に参列しないのも義理を欠くとも思ったり、判断が難しい場合があると思います。

 

「家族葬」とはどういうものなのかを理解し、参列する側と参列される喪主側の双方の立場を良く知っていれば、参列の是非の判断や、香典などもどうするかなどについて判断がしやすくなると思います。

今回は「家族葬」における喪主側、参列者側の双方の立場から、お通夜への参列の判断基準や供花や香典に関わることを中心に詳しく解説していきます。

 

双方の立場から「家族葬」について詳しく知ることで、行くかどうか迷っている「家族葬」のお通夜への対応方法がわかるようになります。

また参列する場合、しない場合の注意点についても知識を深めて頂けると思います。

 

— この記事の目次 —

1.「家族葬」っていったいどんなお葬式?

2.喪主側が「家族葬」を行う前に注意すべき4つのこと

3.参列したほうがいい?しないほうがいい?判断基準とは?

4.喪主側必見!予期せぬ参列者の対応方法とは?

5.供花、香典などのポイントを解説

6.喪主側が「家族葬」を終えてから想定すべき3つのこと

7.まとめ

続きを読む