葬儀の受付で必須のマナーとは?受付係の役割も徹底解説!

みなさん、葬儀の受付でのマナーはしっかり身についていますか?

参列者としてのマナーはもちろんですが、受付係を頼まれることもあるかもしれません。

葬儀に参列することはあっても、受付係を頼まれることは滅多にありませんが、受付係は葬儀では欠かせない存在です。

 

ここでは、受付係が何をするのか、役割や流れ、マナーについてご紹介します。

参列者として受付をする場合の流れやマナーにも触れています。

 

受付係を頼まれた時には、参列者がどういうことをするのかを思い出すことで、よりスムーズに役割をこなせるのではないでしょうか。

 

— この記事の目次 —

1.葬儀の受付の基本が知りたい!

2.葬儀の受付係を頼まれたらどうする?

3.葬儀の受付係の必見マナー!【受付準備編】

4.葬儀の受付係の必見マナー!【受付実践編】

5.葬儀の受付係の必見マナー!【その他】

6.葬儀の受付で参列者が知っておきたい4つのこと!

7.まとめ

続きを読む

お葬式で写真は撮ってよい?マナー違反にならないための注意事項

近年ではSNSが普及したことや家族葬の増加などにより、お葬式の場で写真を撮影することに対する意識がずいぶん変化してきています。

お葬式に参列した際に、写真を撮ってもよいのか、またどの程度ならマナー違反ではないのか迷われた方も多いのではないでしょうか。

 

この記事では、お葬式と写真撮影の関係についてご説明します。

世代や地域によって考え方が異なるため、揉めないためにマナーを守りながら撮影することが大切です。

 

これを読めば、どこに配慮すればよいのかがわかり、安心して写真を撮影することができるようになるでしょう。

遺族や参列者に配慮しながら、記録に残すために素敵な写真を撮りましょう。

参考にしていただけましたら幸いです。

 

— この記事の目次 —

1.お葬式では写真撮影してもよい?

2.お葬式で写真を撮る目的とは

3.揉めないためのポイント3つ

4.お葬式での写真撮影の心得

5.遺族から撮影係を頼まれたら?気をつけるべきポイントとは

6.気をつけたい!参列者が行う写真撮影のマナー

7.よくある疑問を解消しておこう!お葬式のシーン別撮影ポイント

8.まとめ

続きを読む

葬儀の時間はどれくらい?時間の目安、タイプ別の流れをご紹介!

葬儀の時間がどれくらいかかるのか、把握している人は少ないのではないでしょうか。

人生の中で葬儀を行う立場になることは数えるほどしかないでしょうから、いざ、その立場になったときに「こんなに長時間拘束されるものなんだ?!」と驚くこともあるかもしれません。

 

ここでは、葬儀の時間を決めるときの基準や、一般的な葬儀、家族葬、直葬ごとに、時間の流れなどをご紹介します。

葬儀の時間に関するマナーについても触れていますので、葬儀を行う喪家としてだけではなく、参列者としての心構えとしても参考にしていただければ幸いです。

 

— この記事の目次 —

1.葬儀にかかる時間の目安はどれくらい?

2.葬儀の時間帯は決まりがある?

3.一般的な葬儀の時間の流れが知りたい!

4.家族葬の時間の流れは?

5.直葬の時間の流れも知りたい!

6.葬儀の時間に関するマナー

7.まとめ

続きを読む

訃報を受けたらどうする?気になる7つのわからないを解消します

誰もが突然接することになる訃報。

あなたは訃報を受けても落ち着いて対処できるでしょうか。

一般に訃報を受けたらどうしたらよいかわからないのは以下の7点です。

 

そもそも訃報の意味

失礼にならない受け答え

訃報をメールで受けた時の対応

すぐに駆け付けなければいけないかの判断

都合などで駆け付けられない場合の対処法

訃報を受けた際に気を付けるべきマナー

訃報を受けた時のお悔みの仕方

 

そこで訃報を受けたら気になる上記7点について詳しく説明します。

すでに訃報を受けて上手く対応できずに気になっている人もご安心下さい。

この記事を読んでしっかりフォローしましょう。

 

— この記事の目次 —

1. そもそも訃報とはどういうものでしょうか?

2. 訃報を受けたらどうしたら良いでしょうか?

3. 訃報をメールで受けたらどうしますか?

4. 訃報を受けたら駆け付けるべきでしょうか

5. 弔問に行けない場合の対応策とは?

6. 訃報を受けたら確認すべき3つのマナー

7. 訃報を受けたら確認しておきたいお悔やみの挨拶例

8. まとめ

続きを読む

東京都の斎場を徹底解析!公営・民営・寺院、それぞれご紹介!

葬儀を行う場所といえば、斎場ですね。

斎場の定義は曖昧で、葬儀ができて火葬設備も整っているところを斎場と言うのが一般的ですが、ここでは、火葬場を併設していない施設も含めてご紹介します。

また、「セレモニーホール」や「葬儀場」「ファミリーホール」などさまざまな名称がありますが、それらも葬儀を執り行う施設ということで合わせてご説明していきます。

 

東京都には、斎場が数多くあります。

公営、寺院、民営別にご紹介していきますので、お住いの近くにどういう施設があるのか、万が一、身内が亡くなった時はどこが利用しやすいのか、利用する際のメリットとデメリットについても触れていますので、今後の参考にしていただければ幸いです。

 

— この記事の目次 —

1.斎場ってそもそもどういう場所?

2.東京都の公営斎場一覧!

3.東京都の寺院斎場一覧!

4.東京都23区の民営斎場一覧!

5.東京都23区外の民営斎場一覧!

6.斎場と火葬場が同じ敷地にある施設をもっと詳しく!!

7.それぞれのメリットデメリットが知りたい

8.まとめ

続きを読む

大阪市立鶴見斎場の利用法は?アクセスや宿泊施設などご案内します

大阪市の鶴見斎場は、火葬場が併設されている公営斎場です。

1933年に開設しましたが2006年に改装され、綺麗で環境面にも配慮した斎場となっています。

 

常設祭壇はありませんので、仏教だけでなく神道やキリスト教の葬儀にも対応可能です。

この記事では、鶴見斎場の営業日や営業時間、施設内容やアクセス、式場・火葬場の利用法・利用料金・注意点などについてお伝えしていきます。

また、鶴見斎場近くのホテルや葬祭場もご案内いたします。

 

— この記事の目次 —

1.鶴見斎場の基本情報は?

2.鶴見斎場のアクセスは?

3.鶴見斎場の遺体安置室を利用するには?

4.鶴見斎場の式場を利用するには?

5.鶴見斎場で火葬をするには?

6.鶴見斎場近くのホテルは?

7.鶴見斎場近くの葬祭場は?

8.まとめ

続きを読む

告別式の流れが全部わかった!内容と所要時間や6つの疑問に答えます

告別式については、よく知らないとかわからないという人が多いです。

それもそのはずで、告別式に参列しているのに葬儀に参列しているなんてことになっていて困惑することもあります。

どこまでが葬儀で、どこからが告別式なのか流れの中でもハッキリしていません。

 

そこで多くの人が気になる告別式の意味と流れについて詳しく説明します。

実は意外にも告別式の歴史は浅いのです。

そして告別式とお通夜の関係について3点、告別式についての疑問点の3点についてお答えします。

 

— この記事の目次 —

1. 告別式の意外な歴史知ってますか?

2. お葬式の流れの変遷を知ると今の告別式がわかる!

3. なぜ葬儀と告別式が一体化したの?

4. 告別式の流れを時間でチェック

5. 告別式とお通夜、3つの「どっち?」にお答えします!

6. ここが知りたい!告別式での3つの疑問

7. 仏式以外の告別式の流れって知っていますか?

8. まとめ

続きを読む

お葬式に花をおくる場合の種類や相場など7項目で徹底解説します!

お葬式で弔意をこめて花をおくる場合の花のことを供花といいます。

お葬式に参列する場合でも、参列しない場合でも花をおくることがあります。

しかし実際にお葬式に花をおくることになったら、どんな種類の花をどこに依頼すれば良いのかご存知でしょうか?

 

また、相場はいくらくらいなのかも参考までに知っておきたい所です。

お葬式に花をおくる場合のマナーとか、宗教による違いも気になります。

 

そこでお葬式に花をおくることを考えている人に必要となる全ての情報をお知らせします!

是非参考にしてください。

 

— この記事の目次 —

1. お葬式におくる花について誰もが知りたい3つの疑問

2. お葬式におくる花はどんな形が良いか?

3. お葬式におくる花はどこに依頼すれば良いの?

4. お葬式におくる花の相場を知っていますか?

5. お葬式に花をおくる場合に気を付けるマナーとは?

6. お葬式におくる花の宗教による違いとは?

7. お葬式におくる花のもう一つの形とは?

8. まとめ

続きを読む

真言宗のお焼香やお線香の作法は?数珠の持ち方・おりんの回数も解説

仏式の葬儀に参列したときにはお焼香を、故人や遺族の自宅に弔問したときにはお線香を焚く機会がありますね。

お焼香やお線香を焚くときの作法は、宗派によって異なり、場合によってはその宗派の中の流派によっても違うことがあります。

 

この記事では、日本の主要な仏教(八宗)の一つである真言宗の作法について解説していきたいと思います。

また、弘法大師空海が開いた真言宗について、お焼香やお線香の作法だけでなく、葬儀の流れや歴史・教義などもざっくりとお伝えしますので、真言宗への理解を深めるきっかけにしていただければ幸いです。

 

— この記事の目次 —

1.真言宗の基礎知識・真言宗とは?

2.真言宗の葬儀の流れは?

3.焼香・線香の意味や基本的なやり方は?

4.お焼香の順番や種類は?

5.真言宗の焼香や線香の作法は?

6.真言宗の数珠の特徴や作法は?

7.真言宗のお経や法具はどんなもの?

8.まとめ

続きを読む

二七日とは?読み方や意味、お布施や供物など遺族が知るべき全情報!

法要(法事)にはさまざまなものがありますが、言葉遣いや読み方が難しいうえに意味もよく分からない、という方が多いのではないでしょうか。

そんな法要の一つに「二七日」があります。これは「ふたなのか」と読み、死後四十九日までの間に行われる、計7回の法要(中陰の七仏事)に含まれるものです。

 

この記事では、二七日の意味や執り行い方、お布施の金額などについて詳しくお伝えします。

また、これに関連して初七日や四十九日についても解説いたします。

 

— この記事の目次 —

1.二七日の意味や流れは?

2.二七日の準備はどうする?

3.二七日法要での僧侶への対応は?

4.浄土真宗での二七日の意味は?

5.初七日法要の流れや作法は?

6.四十九日の間はどう過ごす?

7.四十九日法要の流れや作法は?

8.まとめ

続きを読む