葬儀の流れが10分で分かる!今読むべき葬儀パーフェクトガイド

誰しもいつ亡くなるのかは分からないもの。

突然の訃報に接し深い悲しみに暮れているにもかかわらず、親族ましてや喪主ともなると、短い時間の中で各種手続きや葬儀の準備などやるべきことが次から次へと襲ってきます。

想像しただけでも大変そうですね。

 

亡くなってどのくらいで葬儀をするべきなの?

葬儀の予定がない今でもできることはあるの?

お通夜と告別式の違いは?

お葬式の気になる費用は?

 

今さら人には聞けない葬儀の流れを、皆さんが気になる7つのポイントに分けてご紹介しています。

いざという時に慌てないためにも、是非参考にしてください。

 

— この記事の目次 —

1.まずはここから!葬儀の流れにおける第一歩(ご臨終~ご遺体搬送)

2.葬儀の初期段階で覚えておくべき3つのポイント(ご遺体安置~ご納棺)

3.知っていると便利!お通夜・告別式の完璧ガイド

4.知らないと後悔するかも!故人との最後の別れ(出棺~火葬)

5.知っていて損はない!葬儀の流れの最終段階(初七日法要~ご納骨)

6.トラブルになりやすい!葬儀で気をつけるべき3つのポイント

7.知らないと怖い!葬儀の流れの中で必要な費用とは?

8.まとめ

 

続きを読む

花祭壇~故人の好きなお花でお見送り!注意点や価格、花の種類は?

花祭壇は、最近の葬儀では主流となっています。

著名人の葬儀では以前から、故人を象徴した美しい花祭壇が使用されていますね。

一般の私たちでも白木祭壇の時代から、菊中心の祭壇プラス、供花で華やかさを演出したものや、洋花をふんだんに使ったオリジナル花祭壇へとシフトしてきています。

 

では実際に花祭壇で葬儀を行うには、どういった点に注意したらよいでしょうか。

花祭壇のデザインや花の種類・価格、メリット・デメリットなどをまとめてみました。

また、花祭壇が得意な葬儀社さんの情報もお伝えしていますので、チェックしてみてくださいね。

 

— この記事の目次 —

1.花祭壇のメリット・デメリットは?

2.花祭壇の花の種類は?

3.花祭壇の相場はいくら?

4.花祭壇のデザインをイメージ通りにするには?

5.家族葬で花祭壇にするポイントは?

6.花祭壇が得意な葬儀社さんは?

7.葬儀後の花はどうなる?

8.まとめ

続きを読む

玉串奉奠に見る日本のお作法がまもる「家族と家と地域」の3つの節目

玉串奉奠と書いてタマグシホウテンと読みます。

玉串とは真榊(まさかき)の一穂に、紙垂(しで)というギザギザに折った和紙などを取り付けたもので、節目の儀式の際に神様に謹んで捧げる所作のことを玉串奉奠と言います。

あまり耳慣れず、読み方もわからなくなっている玉串奉奠にはどのような意味が込められているのでしょうか。

 

日本のお作法には神代の古来よりの慣(なら)わしがのこっていることが多いのですが、玉串奉奠が行われる理由はどんなものでしょうか。

玉串奉奠の歴史を紐解きながら、現代まで残っている意味を解きほぐし、人生の節目における儀式に際して、日本人として心を込めて行えるよう準備をしたいと思います。

 

— この記事の目次 —

1.玉串奉奠の作法が守っているモノ

2.玉串奉奠の作法が守る「人生」の節目

3.玉串奉奠の作法が守る「家」の節目

4.玉串奉奠の作法が守る「地域」

5.玉串奉奠の作法手順と儀式の流れ

6.玉串奉奠をする人の順番って決まっているんですか?

7.玉串奉奠の作法の意味は?

8.まとめ

 

続きを読む

四十九日法要の準備やマナーって? 気になる7つのポイント大公開

家族が亡くなり、何もわからないままに通夜や葬儀をすませ、ちょっと落ち着いたとします。

でもそれは、おそらく1週間くらいです。

なぜならすぐに、四十九日法要の準備が始まるからです。

 

葬儀社がすべて手配してくれた通夜や葬儀と違い、四十九日の法要はすべて遺族が手配します。

1ヵ月以上時間があると思ってはいけません。

実際に動けるのは週末などの休日だけだったりするのです。

少しでも段取りよく動けるように、どんな準備が必要でどんなやり方があるのか、とことん解説してみました。

 

— この記事の目次 —

1.四十九日法要って何をするの?

2.四十九日法要の準備って何?

3.四十九日法要の具体的な流れって?

4.四十九日法要の服装やマナーで注意ポイントは?

5.四十九日法要の費用はどれくらい?

6.四十九日法要に参列するならここに注意!

7.四十九日法要の後は何がある?

まとめ

続きを読む

家族葬の参列ってどうすればいい?断り方やマナーを知っておこう!

故人を送り出す葬儀のカタチとして、最近増えているという「家族葬」。

「家族葬」のイメージはどんなものですか?

「遺族だけで行うもの」「親しい人だけで行うもの」などが浮かびそうですが、遺族の範囲や、親しい人がどれくらいの関係を指すのか、家族葬の参列ってどこで区切ればよいのかよくわかりませんよね。

 

家族葬の場合、通夜にも葬儀にも基本的には遺族以外が参列することはありません。

ここでは、家族葬の参列について、遺族側の立場や、参列したい気持ちがある友人知人の立場で、遺族として案内はどうすればいいのか、参列しなかったらどうしたらいいのかなどをご紹介していきます。

 

訃報はある日突然知らされます。

いざという時に慌てないために、基本的なことを知っておくといいですね。

 

— この記事の目次 —

1.そもそも家族葬ってどういうもの?

2.家族葬の通夜は行うの?

3.家族葬の服装はなんでもいいの?

4.家族葬に参列する場合のマナー

5.参列できない場合はどうしたらいいんだろう?

6.遺族として家族葬の案内状はどうすればいいのか

7.遺族として家族葬に参列できなかった方への配慮

8.まとめ

続きを読む

告別式!いざという時に役立つ!知って得するマナ-6選をご紹介

告別式は、いつ遭遇するかわかりません。突然やってきます。

その時に、どうすればいいのか?告別式の知識がなければ困ってしまいます。

必要にせまられて、「もっと前もって教えてもらえばよかった」などと思うものです。

 

当日になって人には聞けないですよね!

現実に告別式がない時に、少し告別式のことを知っておきましょう!

正しい告別式の知識があれば、慌てず落ち着いて対処ができます。

備えがあれば、安心です。

 

そこで、今回は告別式についてご紹介します。

基本的な知識だけではなく、あなたが思っている告別式の疑問にお答えします。

 

また、必ず知っておくべきマナ-やお焼香の方法など、今さら聞けない事柄までご紹介しますので、いざという時に、きっと役に立ちます!

これを読むだけで、いつ告別式があっても大丈夫ですよ!

 

— この記事の目次 —

1.告別式とは何をするの?知っていそうで知らない3つの事柄

2.参列する時に、絶対に知っておくべき3つの常識

3.告別式の基本!服装と持ち物をチェックすることからスタ-トだ!

4.恥をかかずに対処ができる宗教別作法3つのポイント

5.初めての受付!自信をもって務めるための役に立つ4つの項目

6.会社関係の告別式でも困らない!知っておいて得するマナ-とは?

7.まとめ

続きを読む

大阪の火葬場の全てが分かる!知っておきたい8つの必読情報とは?

この日本の社会の中、普通に生活している人々で、火葬場の知識に詳しい人って、そういないと思います。

でも、人間誰もが嫌でも最後にお世話になる場所なんですよね。

 

ご不幸が起こってしまった場合、家族を亡くしたショックの中で、火葬場の手配をしろといわれても、何をすべきか分からずに右往左往してしまうことが当たり前です。

でも、大丈夫です。今の情報時代、気を落ち着けて慌てずにじっくり調べれば、全てがわかるようになっています。

 

今回は、ただの火葬場のご案内に留まらず、失敗しないための火葬に関する様々な注意点や知っておきたい事項までを、分かりやすくご紹介致します。

これらの情報をしっかりと頭に入れて、故人のための最後のセレモニーを素晴らしいものにしてあげてください。

故人がお亡くなりになってから、荼毘に付されるまでを網羅しておりますので、ご活用いただけましたら幸いです。

 

— この記事の目次 —

1 そもそも火葬場って、いったいどのようなところ

2 火葬場の設備って、どこでも同じなのですか?

3 利用する火葬場は、地域指定のみ?

4 直接に火葬場でするお葬式があると聞いたのだけど

5 火葬場でのマナーや忘れちゃいけないこんなこと

6 火葬場で行う最後の儀式、拾骨について知りたい

7 とっても便利な、火葬場併用の斎場

8 大阪府で火葬場を併設している人気の斎場をご案内!

まとめ

 

続きを読む

弔電のマナー大事典!失敗しない弔電・お悔み電報の送り方と文例とは

訃報はいつでも急に訪れるものです。

急な訃報で慌てて弔電を準備しなければならないのに、弔電のことをよく分かっておらず悩んでしまったことはありませんか?

 

よく無難に「一般的な弔電を送れば良いか」と考えがちですが、しかしながら故人との関係が会社でのお付き合いなのか、個人的なお付き合いなのかなどで弔電の送り方にちょっとした違いが出てきます。

 

このページではそんな弔電の悩みをしっかりと解決します。

一生のうち数回しか送らない弔電だからこそ、マナーや送り方の知識は乏しくなりがちです。

 

弔電を送るべきかどうか、弔電を送るタイミングや送り方、様々な故人との関係に合わせて使える文例をこのページで紹介します。

生前に大変お世話になった故人への、より一層あなたの弔意が伝わる弔電を送りましょう。

 

— この記事の目次 —

1. 弔電とは

2.弔電のマナー、相手に失礼のない弔電の送り方

3.より弔意を伝えるための弔電の文面について

4.弔電の申し込み方法

5.弔電を送るべきか悩んだ時は

6.弔電に関するよくある質問

7.まとめ

 

続きを読む

『小さなお葬式』を利用する前に!5分でわかるお得情報!

近年はなるべく費用を抑えた葬儀を希望する人が増えていると聞きます。

確かに先行きが見えない不景気の中、葬儀に多額の費用をかけるのは時代に合っていないように思います。

 

多様な葬儀スタイルの中から、最小人数・日程で葬儀を済ませたり、自然葬にするという選択肢だってあります。

故人やご遺族のご希望、状況にあった葬儀を行い、後で後悔のない葬儀にしたいですよね。

 

当サイトでは「小さなお葬式」を含めた格安葬儀社の徹底比較や、割引についてもご紹介します。

実際の「小さなお葬式」の利用者の「満足できた」「満足できなかった」と声も含めて料金体系・提携の葬儀場を使うシステムなどもご案内します。

 

身内の不幸というのは、惜しくも急に来てしまうこともあります。

自身の余命だって自分自身でさえわかりません。

 

しかし事前にこのページを確認してもらい、少しでも故人・ご遺族の望む形の葬儀に近づけて、後悔のない葬儀や終活へのお手伝いができればと思っています。

 

— この記事の目次 —

1.小規模なお葬式が増えているというのは本当?

2.「イオンのお葬式」「シンプルなお葬式」「小さなお葬式」の定額プランを徹底比較!

3.「小さなお葬式」に注目!

4.「小さなお葬式」のオプションサービスについて

5.「小さなお葬式」実際の利用者からの評判について

6.「小さなお葬式」を利用する際には何に気をつければいいのか?~費用の抑え方~

7.まとめ

続きを読む

神道の墓、知られていない5つの領域を解明したら凄すぎた!

日本では約8割の家が仏教式の葬儀を行います。

その仏教が日本にやってきたといわれる6世紀以前はどうしていたのでしょう?

 

もちろん、葬祭を行っていました。

古代の墓と言われる古墳もすでに存在していました。

仏教のお葬式のことはなんとなくわかるけれども、神道の葬祭やお墓ってどうなっているのでしょうか。

 

あまり知られていない神道の葬祭に繋がるお墓の「意味」「歴史」「納骨」「カタチ」「おくり名」という5つの内容について、歴史から現代的デザインやお作法までまとめてみました。

 

— この記事の目次 —

1.神道の墓、古墳よりスゴイ古代から存在した圧巻の姿とは

2.神道の墓、三つの意味を知って開運する!?

3.神道の墓の現在、カタチに込められた深い意味とは

4.神道の墓石に刻まれる五種類の文字とは

5.神道の納骨式で知っておくべき三つのこと

6.神道の墓参り、現代ルールとマナー

7.まとめ

 

続きを読む