死体安置所に安置する流れや場所による違い、自宅に安置する方法は?

突然家族が亡くなられたとき、葬儀までの流れはなかなかわかりづらいものです。

特にご遺体をどうするのか、どこに安置するのかというのは大きな問題です。

どの死体安置所に安置するかによって、料金や、遺族の面会のしやすさも変わってきます。

 

遺族によっては自宅に安置されたい方もいらっしゃいますし、意見も人によってさまざまです。

そこでここでは、死体安置所の違いによるメリット・デメリット、自宅で安置する場合の注意点、それぞれにかかる費用などをお伝えします。

いざというときのために、参考にしていただければと思います。

 

— この記事の目次 —

1.自宅で亡くなったときに死体安置所に安置するまでの流れは?

2.病院で亡くなったときに死体安置所に安置するまでの流れは?

3.葬儀社・民間の斎場の死体安置所に安置してもらうには?

4.公営斎場の死体安置所に安置してもらうには?

5.ご遺体を自宅で安置するときの注意点は?

6.ご遺体を安置してくれる民間のサービスとは?

7.直葬の場合の死体安置はどうする?

8.まとめ

 

続きを読む

弔電の文例まとめ・一般的な文例や社葬、宗教別、忌み言葉まで全網羅

弔電は、どうしても葬儀に参列できないときに、弔意を表すために送るものです。

ご遺族に失礼のないように、でもお悔やみの気持ちはしっかり伝えたいものですね。

また、弔電には普段使わない呼び名や、忌み言葉と言われる使用してはいけない言葉もありますので、気をつけておきたいところです。

 

この記事では故人と喪主、故人と弔電を送る方との関係によって違ってくる文例を、豊富に集めてあります。

他に仕事上での弔電の文例や、宗教や亡くなられた状態による違い、オリジナルな文章を書くときに気をつけるべきこともまとめてあります。

ご遺族の心に届く文章を、ぜひ探してみてくださいね。

 

— この記事の目次 —

1.続柄や関係性による弔電の文例の違いは?

2.友人や先生、お世話になった方への弔電の文例は?

3.仕事関係の方の場合は故人との関係で大きく変わる

4.亡くなられた状態による文例の違いは?

5.宗教の種類で使う言葉は違う

6.オリジナルな文章を付け足す場合は?

7.その他の場合の弔電の文例

8.まとめ

続きを読む

お葬式の参列について教えて!皆が気にしているマナーや流れを大解説

世の中にはいろいろな小さな疑問がありますよね。

例えば、「ティッシュは1箱160枚○○円か、1箱200枚△△円どちらがお得か?」。

例えば、「マンホールはなぜ丸いのか?」。

そういえば、お葬式の参列でも小さな疑問があったり。

 

しかも、それがたくさん。

そのような疑問を持つ方は多くいて、インターネット上ではお葬式の参列についての質問が多くされています。

 

ここでは、葬儀の参列に関する基礎知識やマナーなどを紹介していこうと思います。

この記事を読み終わったころには、きっとお葬式の参列で困ることもなくなるはずですよ!

 

— この記事の目次 —

1.お葬式の参列で最初に気になる3つの疑問

2.お葬式の参列マナー(見た目編)

3.お葬式の参列マナー(準備編)

4.お葬式の参列マナー(作法編)

5.お葬式に参列したら流れはこれ!

6.お葬式で絶対に使えるお悔やみ言葉

7.お葬式に参列してもらったら?このお礼が適切

8.お葬式の参列人数には、3つの謎がある!

9.まとめ

続きを読む

お通夜での線香のマナーや役割、御線香代の相場を一挙公開!

身内や同僚に不幸があった時、お葬式では多くの場合、葬儀の前日にお通夜が執り行われます。

故人との関係性が深い程、お通夜から参列する可能性が高くなりますよね。

 

長く生きていればそれなりに親しい方との別れを経験するとは言っても、それも恐らく数えられるくらいで、お通夜での振る舞い方を本当によく知っている一般の方はそう多くはないのではないでしょうか。

お通夜では弔問客が線香をあげることで、故人との別れを偲び、故人が安らかに眠れるよう祈りを捧げます。

 

今回の内容は、家族や親戚がお通夜で線香をあげて故人の霊を弔うこと、また一方で、弔問客にはどのようなマナーが求められているのかについて詳しくご紹介したいと思います。

例えば、線香の役割やお通夜に参列した時の身だしなみ、持参すべき御線香代についてなど知るべきことは多々挙げられます。

 

この記事を読んで、お通夜における線香の意味や故人との関わり、その他線香に関わる事柄について詳しくなっていただけたらと思います。

 

— この記事の目次 —

1. お通夜における線香の意味ってなに?

2. 一読すれば必ず役立つお通夜に関するマナー4選

3. 御線香代の相場と包む時に気をつけるべき事柄

4. 御線香代の表書きはどうする?

5. お通夜で気になる、あれやこれ

6. お通夜と線香に関する3つの小話

7. 大切なペットとのお別れ〜お通夜・葬儀〜

まとめ

続きを読む

弔問とはなにか?いまさら聞けない事実が確実に見つかる!

弔問って なんだか知っていますか?

「そんな当たり前のこと知っています!」と答える方はもちろんいらっしゃると思います。

しかし、意外と、「弔問って なんだっけ?」と意味や読み方にも疑問を持っている方も多いのではないでしょうか?

 

しかも、弔問に実際に行くとなったら、「マナーやお供え物・・・」とわからないこともたくさんありますよね。

 

けれど、この弔問もポイントを押さえておけば、心配なし。

事実、弔問における疑問は、ある程度決まっているからです。

 

そこで、この記事では弔問のマナーやお供え物、その他の弔問時に知っておきたい知識を紹介していこうと思います。

この記事を読んだ後には、「弔問は怖くない!」という大人の余裕が生まれているのではないでしょうか?

 

— この記事の目次 —

1.そもそも弔問ってなに?

2.弔問辞の服装はこれがベスト!

3.弔問時の意外に深い線香のこと

4.弔問はタイミングが大事!

5.ハズせない!弔問のお供え物はなにを持っていく?

6.想いを伝えるのは結局言葉、お悔やみの言葉は?

7.欠かせない香典のマナーって?

8.弔問の疑問を集めました!

9.まとめ

続きを読む

供花の手配が必要になった時に確実に知っておきたい7つの知識

親戚や知人に不幸があった場合、問題がなければお通夜や葬儀に参列します。

しかし、参列したいのに都合が合わなくて参列できない、なんてことがあり得ますよね。

 

だからと言って参列できないからそのままでいいや、なんてことにはなる訳もありません。

どのようにしてか弔意を遺族の方々に示したいと思うのが普通かと思います。

そんな時は、供花や供物といったお供え物を送ることで、香典のように金銭を包むといったものとはまた違う弔意の示し方があることをご存知でしょうか。

 

今回はお通夜や葬儀に欠かすことのできない供花を手配する方法について詳しく解説していきたいと考えています。

供花がどのような意味を持つものなのか、そしてその手配方法と価格の相場を確認していきます。

また、供花を手配する時には気をつけたいマナーと注意点についてもお話したいと思います。

 

この記事を読んで、皆さんが突然供花の手配が必要になった時、迷わず行動できるようになっていただけたらと思います。

 

— この記事の目次 —

1. 葬送儀式を彩る供花とは?

2. 供花を手配する方法

3. 手配できる供花の一般的な価格相場

4. 供花を手配する時に知っておきたいマナー3選

5. 宗教による手配すべき供花の違いを知ろう

6. 手軽に供花を手配するならウェブで注文!

7. 知りたいけど、なかなか他人に聞けないQ&A

まとめ

続きを読む

「玉串奉奠」ってなに?捧げる儀式の種類と知っておくべき作法

私たちの日々の生活の中ではあまり聞き慣れない言葉、「玉串奉奠(たまぐし-ほうてん)」。

玉串とは、榊という植物に、しめ縄によく見られるような「紙垂」(紙片)をつけたもので、「玉串奉奠」とは、神職の指示に従ってこの玉串を神様に捧げる作法のことを言います。

 

・「玉串奉奠」の由来や意味について知りたい

・「玉串奉奠」はどういう儀式で行われるの?

・その場で慌てない「玉串奉奠」作法のポイントは?

 

「玉串奉奠」は「神道(しんとう)」の儀式です。

日本固有の信仰である「神道」についてとその作法、慶事と弔事での作法の違い、マナーや注意すべきポイントなどについても詳しくご紹介します。

 

— この記事の目次 —

1.「玉串奉奠」の基本!4つのポイント

2.「玉串奉奠」の作法(手順)を知ろう

3.「神道」って宗教なの?知っておきたい4つのこと

4.「神道」を理解するための基本は3つ

5.「玉串奉奠」が行われる3つの代表的儀式

6.神式の葬儀「神葬祭」を5項目で理解する

7.神社へ謝礼をするときに注意すべき3つのこと

8.まとめ

続きを読む

互助会ってオトクなの?賢く利用する方法とメリット・デメリット

人生の中で迎える大きなセレモニー、それは「冠婚葬祭」。

結婚式やお葬式は、人生で重大な意味を持つとともに大きな費用がかかるため、出費に備える手段として「月々会費を積み立てる」システムが社会の中に誕生し、人々の生活に拡がり利用されてきました。

 

「互助会」と呼ばれるこのシステムはどのような背景で誕生したのでしょうか。

またその保証は、保険や共済などとどのように違うのでしょうか?

 

・「互助会」ってなに?仕組みはどうなっているの?

・「互助会」を利用する方法

・「互助会」のメリットとデメリット

・「互助会」って安心なの?

・「互助会」加入の時にチェックすべきポイントとは

など、「互助会」の疑問を解決しながら、賢くオトクに利用する方法や注意点についてまとめてみました。

 

— この記事の目次 —

1.「互助会」が支持される3つの理由

2.意外と知らない?「互助会」の内容

3.「互助会」は安心!その4つの理由

4.「互助会」に加入する6つのメリット

5.「互助会」にもトラブルが?5つのデメリット

6.「互助会」加入の流れ

7.「互助会」加入時に注意すべき重要な3つのこと

8.まとめ

 

続きを読む

「家族葬」とは?いま注目を集める葬儀!メリットや流れをご紹介

古代では、人が亡くなったときの「お見送りの儀式」はとてもシンプルなものでした。

儀式の後、土葬(地域によっては風葬など)が行われていましたが、日本の近代化にともない「火葬」が一般的となりました。

 

時を経たその後も経済面や個人事情から、葬送のスタイルは時代に応じて多様化し、さまざまなスタイルの「お葬式」が生まれてきました。

いま、その中でも「家族葬」(家庭葬、身内葬などとも言う)というお見送りの形が注目を集めています。

 

葬儀は「人の死」を扱うことから、家々が密着して存在する地域型共同体としての体裁の中で執り行われてきた「儀式」でした。

「家族葬」はその体裁や宗教からも離れ、故人と遺族中心で行われる、今までの日本の葬儀とは画期的に異なる葬儀スタイルとなっています。

 

この「家族葬」は、どのような社会背景の中で生まれてきたのでしょう。

「家族葬」とは、どのように行われるお葬式で、その特徴はどういったものなのでしょうか。

また、参列する時に気を付けるマナーは?従来の葬儀とはどこが違うのでしょうか。

 

現代の社会においては、まだ新しい葬送の形「家族葬」。

そのお見送りの形を、メリット・デメリットとともにご紹介します。

 

— この記事の目次 —

1.いま注目の「家族葬」とは?

2.一般葬と何が違うの?「家族葬」の内容とは

3.「家族葬」で注意すべきこと

4.「家族葬」の流れをご紹介!

5.「家族葬」の3つのメリットとは?

6.「家族葬」の4つのデメリットとは?

7.「家族葬」に対するマナー

8.まとめ

 

続きを読む

お線香に関するそのマナー実は間違えているかも!?正しい知識とは?

お線香をあげる場面は様々ですが、正しいマナーをご存知でしょうか?

実は、宗派によって何が正しいのかは違うのです。

お墓参りやお通夜など、人様の前でもしうっかり間違えていたら大人としては恥ずかしいですよね。

 

また、お線香をあげることにはちゃんとした意味があります。

意味を知れば、今までよりも心をこめて故人に手を合わせることができるのではないでしょうか。

 

大切な故人に少しでも喜んでもらえるよう、迷わずあの世へ逝けるよう、お線香のマナーと知識は身につけておきましょう。

 

— この記事の目次 —

1.マナーを知る前に!なぜお線香をあげるの?

2.お線香のあれこれ

3.お線香をあげる正しいマナー

4.故人宅へお線香をあげに行く際のマナー

5.お墓参りでお線香をあげるマナー

6.お線香のマナーをもっと知る

7.お葬式に関するお線香のマナー

8.よくある質問

まとめ

続きを読む