仏滅に葬儀は可能?葬儀の前に知っておくべき本当の六曜の意味とは?

葬儀の日取りを決めるときに、気になることの一つとして六曜があります。

六曜の吉凶は仏滅や大安、友引など冠婚葬祭に関わるものも多いですね。

それによると、友引の日に葬儀を行うのは良くないとされています。

 

それでは、仏滅はどうでしょうか。

結婚式は仏滅を避ける傾向にありますよね。

仏滅と葬儀・仏教の関係や本来の意味、葬儀の日程の決め方などをまとめてみました。

葬儀の日取りのしきたりと実際について、様々な要素を踏まえて解説いたします。

 

— この記事の目次 —

1.仏滅の日に葬儀や通夜を行ってはいけないの?

2.六曜ってどんなもの?由来は?

3.仏教や葬儀と六曜との関係は?

4.葬儀の日取りを決めるときの手順は?

5.葬儀の形式によって日数が変わってくる

6.地域による日取りの決め方の違いは?

7.迷信でも気になる六曜豆知識

8.まとめ

 

続きを読む

葬儀に数珠は持参すべき?数珠の意味や使い方、色や選び方など解説!

葬儀のときに持っていくものとして数珠がありますが、イメージとしてはかなり仏教色の強いアイテムですよね。

無宗教の方が多い日本ですが、葬儀のときだけしか使わない方はわざわざ買う必要があるのでしょうか?

 

この記事では、数珠は葬儀に本当に必要なものなのか、忘れた場合どうしたらいいのかなどについて解説しています。

また、葬儀のときの作法や購入する際どこで買うか、色や選び方、相場等の疑問にもお答えしていますので、どうぞ参考にしてみてくださいね!

 

— この記事の目次 —

1.数珠とは本来どんなものでしょうか?

2.葬儀のときに数珠は必要?なかったり忘れたりした場合は?

3.宗派・宗教ごとでは数珠はどう違う?

4.数珠はどこで買える?値段は?

5.数珠の選び方、色や材質はどう決めればいい?

6.葬儀のときの数珠の使い方・作法は?

7.保管や処分はどうやる?切れるのは不吉!?

8.まとめ

 

続きを読む

葬儀の服装の疑問を解消!遺族や親族、子供の服は?冬はどうする?

葬儀の服装っていろいろな疑問が湧いて、不安ですよね。

人に聞いてもそれぞれ答えが違っていたり。

親戚のおばさんのお眼鏡にかなったら正解、といった感じでしょうか。

 

髪型やアクセサリーはどうしたらよいのか、持ち物は何を持っていけばよいのか、子供の服装は?などきりがありません。

 

この記事では、失礼にならない葬儀の服装の常識や、派手めなファッションの隠し方、持っていくべき必需品、冬の寒さ対策など気になる疑問点を解消できるように工夫いたしました。

急な葬儀で慌てないよう、ぜひ記事を活用してくださいね!

 

— この記事の目次 —

1.仮通夜・通夜・葬儀・告別式では服装はどう違う?

2.喪主や遺族・親族の服装は礼服?スーツ?

3.喪服を購入するときのポイントは?

4.子供や赤ちゃんに喪服ってあるの?

5.喪服に合う髪型やメイク、アクセサリーは?

6.冬の服装はコートやブーツ、タイツでOK?

7.バッグはどうする?他に持つべき必需品は?

8.まとめ

続きを読む

葬儀屋さんは頼れる裏方!プロの仕事内容・選び方まで大調査

誰もがいつかは最期を迎えます。

家族や友人知人はもちろん、自分自身もそうです。

その最期の時に、お世話になるのが葬儀屋です。

 

無宗教の人であっても、いわゆる葬式はしないと決めている人でも、葬儀屋には無関係ではいられません。

よほど地域ですべてを行うようなところでなければ、ほぼ100%お世話になると言っても過言ではないでしょう。

葬儀屋を、何となく葬儀の準備をするだけのように思っている人も多いようですが、実は「人の死」に関するプロでもあるのです。

 

そのわりに、葬儀の時だけの様子しか知らない人がほとんどでもあります。

普段の葬儀屋は何をしているのか、どういった意識で葬儀を担当しているのか、直接聞く機会はまずないでしょう。

この記事では、そうした葬儀屋の仕事について、まとめてみました。

 

— この記事の目次 —

1.葬儀屋とは

2.葬儀屋には資格がいらない?

3.知っていそうで知らない葬儀屋の仕事内容

4.見えない仕事も盛りだくさん!葬儀屋はあくまで裏方

5.葬儀屋のプロ意識

6.葬儀屋とかかわりの深い3つの仕事とは?

7.良い葬儀屋と悪い葬儀屋の違い

まとめ

続きを読む

家族葬ってどんな葬儀? メリットもデメリットも知っておこう

少し前までは、葬儀は大勢の人が集まるものでした。

親戚だけではなく、故人や遺族の友人・知人に会社関係者など、相当な数の参列者がいることが普通でした。

最近になって、故人を家族だけで見送る、家族葬が増えています。

 

これは近年の少子高齢化とも関係があります。

かつては何人もで分担した葬儀の準備や対応を、数人もしくは1人でしなければならない場合も、珍しい事ではなくなっています。

身内の葬儀を経験したことのある人ならば、それがどんなに大変なことかは、想像に難くないでしょう。

 

その結果、家族だけで故人を見送る、家族葬という葬儀が増えています。

葬儀である以上は、それなりに準備や対応するべきことがあります。

家族葬とはどんな葬儀なのか、一般葬とどう違うのか、メリットもデメリットも含めてご説明します。

 

–この記事の目次–

1. 家族葬とは

2.家族葬の流れも一般葬と同じ?

3.家族葬はお金がかからないのか?

4.家族葬で大事なのは「誰に」「何を」するかしないか

5.家族葬と知らされた場合の対応

6.家族葬への会社の対応

7.家族葬のメリットとデメリット

まとめ

続きを読む

「一日葬」ってどんな葬儀?意外と知られていない一日葬を徹底解説!

一日葬とはどのような葬儀であるかをご存知でしょうか。

一日葬は新しいスタイルということもあり、まだあまり知られていないのが現状ですが、最近は葬儀の規模が縮小傾向にあることから、一日葬の需要も高まりつつあります。

特に「一般葬は望んでいないけど、火葬だけでは物足りない」と感じる人に選ばれることが多いようです。

 

現在は、葬儀の形も多様化していますので、故人や遺族の意向に沿った葬儀を執り行えることがほとんどです。

 

しかし、一日葬にはメリットもあればデメリットもあります。

葬儀社ではデメリットについて、こちらから聞かない限り説明してもらえない可能性もありますから、今から一日葬について知っておき、もしもの時にあなたが最適だと思える葬儀を選べるよう準備をしておきましょう。

 

— この記事の目次 —

1.一日葬とは

2.一日葬の流れ

3.一日葬のメリット

4.一日葬のデメリット

5.一日葬の費用の相場

6.一日葬の知っておくべき知識とマナー

7.一日葬に関するよくある質問

まとめ

 

続きを読む

急増する無宗教の葬儀とは!?無宗教の考え方や最適な葬儀を知ろう!

近年急増している無宗教の葬儀は、宗教や形式に囚われないので故人や遺族の想いを形にしやすい新しい形式の葬儀です。

葬儀といえば、なんとなく堅苦しいものというイメージがあるので、無宗教の葬儀が好まれるのかもしれませんね。

 

葬儀社によっては、無宗教葬儀に向いている様々なプランが用意されていますので、全て自分たちで決める必要はありません。

大切なのは、故人と遺族の気持ちですから納得できる葬儀を行いたいですよね。

 

しかし、全ての人がなんの障害もなく無宗教の葬儀を行えるわけではありません。

無宗教の葬儀にはメリットだけでなく、もちろんデメリットもありますので、無宗教の葬儀を検討されている方は、事前にしっかりと知識を習得しておきましょう。

 

— この記事の目次 —

1.無宗教葬儀とは

2.無宗教に最適な葬儀の種類

3.無宗教の葬儀の関して知っておくべき知識

4.無宗教の葬儀に関するマナー

5.無宗教のお墓について

6.無宗教の位牌・仏壇とは

7.無宗教の葬儀に関するよくある質問

まとめ

続きを読む

通夜と葬儀について知っている?日程や参列に超重要ポイントあり !

通夜と葬儀。

社会生活を営んでいれば、必ず直面することです。

 

ただ、意外に、「通夜と葬儀の違いさえもよくわかっていない・・・。」という人も。

けれど、通夜や葬儀にはそれよりもさらに深い疑問もたくさん存在するのです。

 

例えば、「故人との関係性がどの程度であれば参列するべきなのか?」、「日程はどのように決めればよいのか?」ちょっと不安になってしまいますね。

 

そこで、今回は、そのような疑問も含め、さまざまな通夜と葬儀に関する知識を紹介していこうと思います。

この記事を見終わった後は、通夜や葬儀にびくびくすることもなくなるのではないでしょうか?

 

— この記事の目次 —

1.通夜・葬儀・告別式、違いは?それぞれについて、詳しく解説!

2.通夜と葬儀の日程を決めるのは3つのポイント!

3.通夜と葬儀はどちらに参列する?それとも両方?

4.受付を頼まれた!やること迷子にならないために

5.通夜と葬儀の挨拶は?重要なのは・・・

6.案外気になる!?通夜と葬儀の流れや時間は?

7.通夜と葬儀のちょこっとマナー編

8.まとめ

続きを読む

散骨しようと思った時に知っておくべき7つのポイントとは?

いま、新しい埋葬の形として「自然葬」が人気となっています。

自然葬にはいくつもの種類があり、遺骨を埋葬し墓標の代わりに樹木を植える「樹木葬」が代表的ですが、遺骨を粉末化し海や山に撒く「散骨」を選ばれる方も年々増加しています。

 

亡くなったあとには火葬し、一定期間を経て「お墓」へ遺骨を納めるという考え方が、今までの日本では一般的で当たり前のことでした。

お墓を作らず(納めず)その遺骨を「散骨」するという自然葬について、それが受け入れられ拡まっている理由はどういうところにあるのでしょうか?

故人の遺志で「散骨」を行う場合、また自分が散骨を希望する場合に知っておくべきこととは?

 

○遺骨を撒くことに法律上の制限はあるの?

○「散骨」にはどのような届け出やルールが必要なの?

○「散骨」はどこでもできるの?禁止されてる場所はあるの?

○「散骨」するためには、どのくらいの費用がかかるの?

 

現代日本の「散骨」事情について調べました。

 

— この記事の目次 —

1.「散骨」が注目されている3つの理由

2.「散骨」を行う時に注意するポイント5つ

3.遺族間でのトラブルも!「散骨」を正しく理解

4.「散骨」にもこんなに種類が!その方法とルール

5.亡くなってから「散骨」するまでの流れを知ろう

6.「散骨」するにはいくらかかるの?

7.「散骨」で守るべき4つのルールとマナー

8.まとめ

 

続きを読む

神道のお葬式でも慌てない!!参列する時に知っておきたい7つのこと

日本人の約9割が仏教のお葬式を行うといわれていますが、神道のお葬式を行う方も少数ながら存在します。

昔は、神道と仏教の割合にそれほど差はありませんでしたが、近年は仏教が大半を占めている状況です。

 

仏教のお葬式に関する基本的な知識を有している方は多いですが、神道のお葬式となるとどうでしょうか?

神道のお葬式に参列した経験がある方は少ないはずです。

 

神道と仏教では、考え方から作法まで全く違うものなので、何も知らずにお葬式に参列してしまうと、仏教との違いにとても驚くでしょう。

驚くだけなら良いのですが、マナー違反になるようなことだけは絶対に避けたいですよね。

 

神道のお葬式に関して全てを知る必要はありませんが、神道と仏教の違いや基本的な作法だけでも、もしもの時に備えて知っておきましょう。

 

— この記事の目次 —

1.神道の葬式とは

2.神道の葬式の流れ(神葬祭1日目)

3.神道の葬式の流れ(神葬祭2日目)

4.神道の葬式にかかる費用

5.神道の葬式に関する豆知識

6.仏教とは違うことだらけ!神道の葬式マナー とは?

7.知っておきたい神道のお墓事情

8.神道の葬式に関するよくある質問

まとめ

続きを読む