曹洞宗葬儀の一般的な流れと基本知識まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

安心してお葬式をしたいなら・・・
日本最安値のセット料金で話題になり多くのテレビ・雑誌で取り上げられたのが シンプルなお葬式 です。
搬送や火葬の費用、式場使用料など全て含んだ定額プランで14万8000円。 まずは公式サイトの一番下から資料請求をしましょう。
→詳しくはこちら

大乗仏教ではこれを「菩薩戒(ぼさつかい)」と呼ぶそうです。
曹洞宗でも菩薩戒を十六通りに筋道を立てています。
そしてこの「十六条の戒法」を実践することによって戒が保たれるとされているそうです。

4-3.十六条の戒法について

三帰戒(さんきかい)、三聚浄戒(さんじゅじょうかい)、十重禁戒(じゅうじゅうきんかい)を合わせて「十六条の戒法」と言います。
基本的に禁忌(きんき・いみ嫌って、慣習的に禁止したり避けたりすること)ではなく、仏性(ぶっしょう)を持つ自己の理想の姿を示しているとのことです。

    ◆三帰戒(さんきかい)

    1. 帰依仏(きえぶつ)
    2. 帰依法(きえほう)
    3. 帰依僧(きえそう)
    ◆三聚浄戒(さんじゅじょうかい)

    1. 摂律儀戒(しょうりつぎかい)
    2. 摂善法戒(しょうぜんぼうかい)
    3. 摂衆生戒(しょうしゅじょうかい)
    ◆十重禁戒(じゅうじゅうきんかい)

    1. 第一不殺生戒(ふせっしょうかい)
    2. 第二不偸盗戒(ふちゅうとうかい)
    3. 第三不貪婬戒(ふとんいんかい)
    4. 第四不妄語戒(ふもうごかい)
    5. 第五不(酉+古)酒戒(ふこしゅかい)
    6. 第六不説過戒(ふっせっかかい)
    7. 第七不自讚毀他戒(ふじさんきたかい)
    8. 第八不慳法財戒(ふけんほうざいかい)
    9. 第九不瞋恚戒(ふしんいかい)
    10. 第十不謗三宝戒(ふぼうさんぼうかい)

このように生きているうちに『戒法』を受けるには「授戒会(じゅかいえ)」という儀式がありますが、生前にはその機会がなく、お葬式の時に(亡くなってから)戒名と血脈をいただく人が多いわけです。
本来としては戒律を自覚したその証として「血脈」を授かるのです。

5.曹洞宗の葬儀の流れ

5-1.臨終・通夜(遺族)

引用元:http://www.sogi.ne.jp/chishi/ch_2_1.html

引用元:http://www.sogi.ne.jp/chishi/ch_2_1.html

枕経のことを「臨終諷経(ふぎん)」といい、「遺教経(ゆきょうぎょう)」と「舎利礼文(しゃりらいもん)」を唱えます。
通夜では一般的には「修証義(しゅしょうぎ)」や「観音経」「舎利礼文」などが読まれます。
和語のお経が中心で、遺族たちに対して世の無常を説く意味合いが強いととらえることができます。

5-3.葬儀式(遺族・会葬者)

引用元:http://www.floral-memory.com/contents/introduction/

引用元:http://www.floral-memory.com/contents/introduction/

本来、正式の仏弟子となる証の戒名と血脈は、在家信者が授戒会(じゅかいえ)という行事に参加して与えられるものでしたが、現代では大多数の人が葬儀の作法として「授戒」を行います。
手順は以下のようになります。

剃髪(ていはつ)

死者を仏門に入らせるの受戒作法の一つ。
導師(引導を渡す僧侶)は前で香をたき、合掌して偈(げ)を唱え、剃髪の儀式を行います。

授戒(じゅかい)

授戒ではいくつかの儀式を行います。

◆懺悔文(さんげもん)
生涯で犯したとされる罪を反省します。

◆三帰戒文(さんきかいもん)
仏陀の教えを守り、修行者に帰依することを誓います。

◆三聚浄戒(さんじゅうじょうかい)・十重禁戒(じゅうじゅうきんかい)
導師が法性水を用意し、位牌や自らの頭に注ぎます。

◆血脈授与
釈迦から故人までの法の系図が記されたものを血脈(けちみゃく)と呼び、これを霊前に供えます。

入龕諷経(にゅうがんふぎん)

入龕は棺に納める儀式ですが、実際には納棺されています次に大悲心陀羅尼(だいひしんだらに)と回向文を唱えます。
焼香はこのタイミングで行います。(焼香についてはこのあと説明します。)

龕前念誦(がんぜんねんじゅ) (大夜念誦)

かって大夜は葬儀の前日の夜に行なわれましたが、今は入龕諷経に続いて読まれます。
十仏名(じゅうぶつみょう)と回向文を唱えます。

挙龕念誦(こがんねんじゅ)

棺を起こして葬場におもむく前に唱えられます。
大宝楼閣陀羅尼(だいほうろうかくだらに)を唱え、太鼓やハツを鳴らす鼓鈸三通(くはつさんつう)を行います。

引導法語

導師が故人の生前を漢詩で表し、法炬(たいまつ)を手に取り、右回り、左回りと円相を描きます。
故人を悟りの世界に導きます。

山頭念誦(さんとうねんじゅ)

山頭とは火葬場のことです。
この念誦では、故人に荼毘(だび)することを告げ、すみやかに悟ることを願うものです。
故人の仏性が覚醒するように祈願します。

5-4.出棺

引用元:http://matome.naver.jp/odai/2139553271986210001

引用元:http://matome.naver.jp/odai/2139553271986210001

回向文を唱え、鼓鈸三通(くはつさんつう)を行い、出棺します。

6.曹洞宗の特徴的な儀式

引用元:http://blog.goo.ne.jp/autumn-monk/e/2dd89a6a93cb2a342a4e088e577e52b7

引用元:http://blog.goo.ne.jp/autumn-monk/e/2dd89a6a93cb2a342a4e088e577e52b7

曹洞宗の葬儀では鼓鈸三通(くはつさんつう)というものを行います。
太鼓や繞鈸(にょうはつ)と呼ばれる仏具を使い、音を打ち鳴らすことを言います。
鼓鈸三通は式中に2回行われ、1回目は告別式を行うために仏を葬祭場へと見送る際に、2回目は火葬場へのお見送りという意味から出棺のときに行われます。

7.曹洞宗の焼香作法

引用元:http://blog.tokozenji.net/blog-entry-358.html

引用元:http://blog.tokozenji.net/blog-entry-358.html

7-1.焼香は主香と従香の2回

1回目:主香(しゅこう)

1回目は、合掌のまま頭を下げ、左手は片手合掌のままで、右手でお香をつまみ、額の高さまで持ち上げます。
この動作を「押し頂く」と言います。
押し頂いたお香を香炭(こうずみ)へ入れ、2回目の所作に入ります。

2回目:従香(じゅうこう)

2回目は、先ほどよりも少量のお香をつまみ、押し頂かずに香炉に投じます。
香炭の上に添えます。お香を添えたら合掌の所作に入ります。
そして合掌のまま頭を下げて退席します。

基本的にはこのように2回行います。

(同じ曹洞宗でも、抹香のくべる回数が地域のしきたりによって異なります。喪主や周囲の方のするのを見て、同じようにすると安心ですね。またご焼香の前に説明がある場合もあります。)

7-2.立礼焼香(いちばんポピュラーな抹香による)

まず、焼香台の少し手前で遺族と僧侶に一礼します。
焼香台の前に進み遺影を仰いで一礼し、合掌した後にご焼香をします。

数珠を左手にかけ、右手の親指、人差し指、中指の3本で抹香をつまみます。
軽くつまんだ抹香を、手のひらを返さないように右目の高さまでささげます。
抹香をつまんだらそのまま目の高さまで持っていくことが大切です。

それから、抹香を香炉の中へ2回静かに落とします。
再び遺影に合掌して、一礼をし、向きを変えずに少し下がり、遺族に一礼して戻ります。

7-3.座礼焼香(抹香)

座礼焼香は、基本的には立礼焼香と同じです。

立ち上がらずに数珠を左手で持ち、膝で進みます。
焼香台の前で、遺影と位牌に向かって一礼し、合掌します。

次に、 抹香をくべます。くべ方は、立礼焼香と同じです。
それから合掌し、遺族に一礼。
霊前に向いたまま膝行(しっこう)で自分の席に戻ります。

ちなみに、膝行(しっこう)とは手を軽くひざわきにつけて上半身をかがめ、座ったままの姿勢でかかとを上げ、つま先立ちをすることです。

7-4.回し焼香

回し焼香は、自宅の通夜や葬儀、法事などで行われます。
読経中に香と香炉が1つになったものが盆にのって回ってきますが、基本的には立礼焼香と同じです。

まず、香炉が回ってきたら、次の人に一礼します。
その後で、 抹香をくべます。この方法は、立礼焼香と同じです。
そして、焼香が済んだら祭壇の遺影に合掌し、次の人に盆を回します。

7-5.線香焼香

抹香焼香と同じように、焼香台の少し手前で遺族と僧侶に一礼します。
焼香台の前に進んでから、遺影を仰いで一礼し、合掌した後にご焼香をします。

<< 次ページへ続きます >>
重要:本当に安心してお葬式をするなら
日本最安値のセット料金で話題になり多くのテレビ・雑誌で取り上げられたのが シンプルなお葬式 です。
搬送費用、火葬費用、式場使用料など一般的には追加費用とされてものも全て含んだ定額プランで14万8000円。 日本全国400か所で対応して貰うことができます。
→詳しくはこちら

人気記事ランキング


1 2 3 4 5 6

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket