葬儀・葬式の流れマニュアル|突然の有事に慌てないための全知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

安心してお葬式をしたいなら・・・
日本最安値のセット料金で話題になり多くのテレビ・雑誌で取り上げられたのが シンプルなお葬式 です。
搬送や火葬の費用、式場使用料など全て含んだ定額プランで14万8000円。 まずは公式サイトの一番下から資料請求をしましょう。
→詳しくはこちら

別れは突然訪れるものです。
そして、その別れはみな平等に訪れます。
超高齢社会へと突入している現在の日本において、「葬儀」や「葬式」はより身近なものになってくるでしょう。
すでに「葬儀」に参列されたことのある方は多くいらっしゃると思いますが、
実際に葬儀を取り仕切った方は少ないかもしれません。
葬儀を取り仕切るのは家長であったり、長男であったり様々ですが、生涯において取り仕切る立場になることなく終わる方もいらっしゃいます。
「私は長男や長女ではないし、誰かがやってくれるだろう」と思いがちですが、
「死」というものはいつも突然やってきます。
自分が取り仕切る代表、いわゆる「喪主」になる可能性はゼロではありません。
また「喪主」という立場にならなかったとしても、葬儀において代表の方をしっかりとサポートするために、
葬儀や葬式における手順や知識を蓄えておくことは人生において大変重要なことではないでしょうか?

家族や配偶者が亡くなった場合、誰しも気持ちが不安定になり目の前が真っ白になるかもしれません。
そういった状態で葬儀の流れや葬式の手配を考えるのは、心の余裕がないためうまく取り仕切ることに不安が残ります。
そんな気持ちが落ち込んでいる状態であっても大切な故人をしっかりと見送ることが喪主の役目であり、
その喪主をサポートするのが親族の務めとなります。

この記事では、「葬儀・葬式の流れマニュアル|突然の有事に慌てないための全知識」と題して、
いざというときにも、大切な故人を余裕をもって見送ることが出来るようにするために、
葬儀・葬式の流れや、ルール、一般常識などをまとめます。
葬儀や葬式での知識を今から蓄えることで、いざその時が訪れた場合に、冷静に対処できるようにしましょう。

1.臨終から葬儀終了までの流れを知る

040-1024x682

葬式に参列しすることはあっても、葬儀・葬式のすべてを取り仕切り流れを把握している方は少ないのではないのでしょうか?
近親者の死は人生において頻繁にあることではありません
ですから一度経験したことがあるかたでも、時間がたってしまい、その流れを忘れてしまっている可能性も多分にあるでしょう。
葬儀・葬式の基本的な流れは時代とともにコロコロと変わっていくものではありませんが、
新しい形の葬儀形式であったり、葬儀業者の対応等は社会の在り方とともに変化しています。
具体的な葬儀・葬式の流れをみるまえに、大まかにどういった流れで執り行われるのかを順をおってみていきましょう。
大まかな流れを知ることで、それぞれにおける枝の部分も理解しやすくなると思います。
流れとしては臨終から葬儀終了までです。

1-1.ご臨終

臨終とはお医者様による死亡判定によって決まります。
病院では看護師の方が処置を行ってくれます。時間としては30分から1時間程度を有します。
ご自宅では、療養中の方が危篤状態に陥った場合や心肺停止などに襲われ息を引き取ってしまったときでも、
かかりつけの医師に連絡しなければなりません。
医師が確認して死亡を宣告しない限り、正式な死亡とは認められません
かかりつけの医師がいない場合には救急車を呼び、救急病院に搬送してもらいます。
まずは病院の対応をうける必要があることをおぼえておきましょう。
その後の流れの説明も病院側から指示してもらえます。

1-2.安置

151201-sanretu

重要:本当に安心してお葬式をするなら
日本最安値のセット料金で話題になり多くのテレビ・雑誌で取り上げられたのが シンプルなお葬式 です。
搬送費用、火葬費用、式場使用料など一般的には追加費用とされてものも全て含んだ定額プランで14万8000円。 日本全国400か所で対応して貰うことができます。
→詳しくはこちら

人気記事ランキング


1 2 3 4 5 6

人気の検索キーワードTOP10


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket