葬儀・葬式の流れマニュアル|突然の有事に慌てないための全知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

安心してお葬式をしたいなら・・・
日本最安値のセット料金で話題になり多くのテレビ・雑誌で取り上げられたのが シンプルなお葬式 です。
搬送や火葬の費用、式場使用料など全て含んだ定額プランで14万8000円。 まずは公式サイトの一番下から資料請求をしましょう。
→詳しくはこちら

直葬とは、「ちょくそう」と読みます。葬儀そのものを行わず近親者や友人等の限られ範囲の関係者で故人と別れを告げる弔い形式です。
その場合、場所は火葬場となり式そのものを行いません。
直葬は宗教にとらわれることなく行えるため無宗教でも問題ありませんが、仏式の葬儀の形式をとって火葬場にお寺様を呼び読経していただくことも可能です。
安価となりますので、経済的に難しい方や身寄りのない方が中心でしたが、昨今は簡素な形式を望む方や故人の遺志で行う場合も増えています。
家族葬でも同様ですが、簡素な葬儀の形式を選んだ理由等をしっかりと親族や友人に伝える必要があります。
菩薩寺がある場合は戒名やお布施の問題も関わってくるため、事前に相談しておくことが重要です。

3.喪主になった場合するべきこととは

7f4c848635596021b26926c737d7e35d_s-e1414391217632

喪主とは、葬儀を主催する人をさします。
喪主は誰がなるかという問題がありますが、
世帯主が亡くなった場合は配偶者が、世帯主以外が亡くなった場合は世帯主または子供がなることが多いです。
喪主になった場合、何をしなければならないのか。
人生において喪主になることは多いことではありませんので、実際になった場合、何をするべきかみていきましょう。

3-1.喪主が最初にすべき事

喪主が最初にしなければいけないことはいかの項目です。
ただし、喪主がすべてを一人で行う必要はありませんので、親族や友人、病院や葬儀者のサポートも加味してポンとをまとめてみましょう。

・葬儀の依頼先を決める

葬儀社に連絡をいれます。
葬儀社はいわば、葬式のプロです。
分からないことも相談できますし、」頼りになる存在ですから時には頼ることも必要です。
葬儀社選びは知人の紹介であったり、今まで利用したことがあるところ、または病院から勧めていただいたところ
から選ぶことが出来ます。
知り合いが働いている葬儀社などがあれば、いろいろと優遇していただけるかもしれません。

・葬儀の場所の決定

どこで葬儀を執り行うのかを考えなければなりません。
葬儀の場所は一般的に、自宅で行うのか、葬儀場で行うかの選択になります。
参列していただく人数や規模を考慮して場所を選ぶ必要があります。
お寺様でおこなうことも可能な場合がありますので、菩提寺に事前に確認をとっておくとよいでしょう。

・遺体の搬送先

ご遺体を病院から搬送しなければなりません。
どこに搬送するのかは、選ぶことができます。
ご自宅、または葬儀場なのか、通夜や葬儀する場所に合わせるのが一般的です。
基本的には病院や葬儀社と相談して決めることが多いです。
納棺の手配なども葬儀社が行ってくれます。

・お寺様の段取り

菩提寺がある場合は、そちらへ連絡します。
菩提寺が分からないときや、菩薩寺がない場合は、葬儀社に相談すれば手配してくれます。
お寺様を選ぶ際は、故人の宗派に合わせることが基本的です。

・遺影を準備

遺影写真とは、祭壇などに飾られている故人の写真のことです。
遺影を選ぶポイントとしては、故人の人柄が参列者に伝わるような写真を選ぶのが良いでしょう。
葬儀が終わったあとは、火葬後に遺骨を安置しておく壇や仏壇の近くに飾られるのが一般的です。
葬儀社や専門の写真店に依頼することが出来ます
背景や服装などの画像処理も可能な場合が多いようです。

・葬儀の予算決め

葬儀はお金がかかるもの。
経済状況は人によって違います。
葬儀形式によっても価格が変わりますので、香典収入やその他貯蓄や積立などを考慮して予算を立てましょう。
葬儀社に見積を出してもらい、打合せとなります。

4.ご臨終から葬儀準備まで

kawauchi_family_photo

ご臨終から葬儀準備までの流れを細かくみていきましょう。

4-1.喪主の決め方

喪主の決め方については、故人と最も親しく縁の深い人間がおこないます。
決まったルールはありませんが、基本は配偶者、配偶者が亡くなっていれば長男や長女、同居していた子供、ご友人という優先順位となります。
以下が喪主の決め方のポイントです。

・遺言

喪主を選ぶ場合、優先度が最も高いのは故人の「遺言」となります。
遺言で喪主の指定があれば、それに従って選出します。

・一般的な決め方

一般的には故人の配偶者が喪主になる場合が通例です。
配偶者が喪主になり、親族はそれをサポートする体制が最も多いです。

・配偶者が喪主になれない場合

配偶者が何らかの事情で喪主になれない場合があります。
高齢であったり、体調がすぐれない場合、入院中であったり、すでに亡くなっている場合もあります。
そのようなときは、故人の血縁関係がある親族から喪主を選ぶことになります。
血縁関係の近さ等を考慮すると以下のように優先度が高くなります。

1.長男
2.次男(以下、上から順に)
3.長女(以下、上から順に)
4.父母
5.兄弟姉妹

上記はあくまで、一般的な基準ですから故人との関係等を考慮して選出するのがよいでしょう。

・親族がいない場合

故人に配偶者や子供などの血縁者がいない場合には、友人や知人が喪主をつとめます。
喪主といわずに友人代表や世話人代表などと呼びます。

4-2.葬儀社に連絡

img_0

<< 次ページへ続きます >>
重要:本当に安心してお葬式をするなら
日本最安値のセット料金で話題になり多くのテレビ・雑誌で取り上げられたのが シンプルなお葬式 です。
搬送費用、火葬費用、式場使用料など一般的には追加費用とされてものも全て含んだ定額プランで14万8000円。 日本全国400か所で対応して貰うことができます。
→詳しくはこちら

人気記事ランキング


1 2 3 4 5 6

人気の検索キーワードTOP10


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket