家族が亡くなったとき最初にすべき5つの事【お金・葬儀・通夜・相続で揉めないために】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

大切な家族が亡くなってしまった・・・ 悲しみに暮れている時間もなく、遺族がやらなければならにことはたくさんあります。

そこで今回、葬儀・通夜、相続で揉めないため、最初にやるべきことを5つご紹介。

急なでき事で戸惑う方も多いと思いますが、何かあった時のために事前に頭に入れておくことをオススメします。

1.亡くなってから2週間以内にしなければならない手続きの流れ

【画像】http://www.urayasushi-saijyou.net/2015/10/15-1003959.html

【画像】http://www.urayasushi-saijyou.net/2015/10/15-1003959.html

危篤 ① 危篤を親族や親しい友人に電話などで知らせる ¨ 現金の準備
死亡 ② 死亡をすぐに知らせるべき人に電話などで知らせる ¨ 葬儀社の手配
③ 「死亡診断書(死体検案書)」を医師(監察医)から受け取る ¨ 葬儀の準備
7日以内 ④ 「死亡届」に届出人が記入、押印 ¨ 通夜
⑤ 「火葬許可申請書」に届出人が記入、押印 ¨ 葬儀・告別式
⑥ 「死亡届」「火葬許可申請書」を市町村役場に提出 ¨ 初七日法要
14日以内 ⑦ 「火葬許可書」を市町村役場から受け取る ¨ 挨拶まわり・香典がえし
⑧ 「火葬許可書」を火葬場に提出する ¨ 火葬
⑨ 火葬後に「埋葬許可証」を受け取る ¨ 納骨法要
⑩ 「埋葬許可書」を墓地に提出 ¨ 書類入手 戸籍謄本、戸籍抄本、改製現戸籍、住民票、印鑑登録証明書など
⑪ 世帯主変更は「住民票異動届」を新世帯主の住所地の市町村役場に提出(14日以内だが、死亡届と同時が一般的)
⑫ 国民健康保険の資格喪失の届け出(国民健康保険証の返却)
⑬ 介護保険者証、印鑑登録カード、住民基本台帳カードなどを市町村役場に返却
⑭ 未支給年金の請求(年金事務所や年金相談センター)
⑮ 年金の受給停止手続き(年金事務所や年金相談センター)
14日以降 ⑯ 葬祭費、埋葬費(料)の申請(市町村役場、年金事務所、健保組合)
⑰ 高額療養費の申請(国民健康保険、協会けんぽ、健保組合など)
⑱ 遺族年金、寡婦年金、死亡一時金の請求など(年金事務所など) ¨ 四十九日法要の準備

2.一周忌までの手続きの流れ

【画像】https://welq.jp/27022

【画像】https://welq.jp/27022

四十九日の忌明け ① 支払い方法の変更や解約手続き ¨ クレジットカード
¨ 電気
¨ ガス
¨ 水道
¨ 固定電話
¨ ケーブルテレビ
¨ NHK受信料
¨ インターネット
¨ 携帯電話
① 賃貸借契約の名義変更(契約会社)
② 運転免許証、パスポートなどの返却(最寄の警察署、パスポートセンター)
③ お墓を移す場合、改葬許可申請書を旧墓地の市町村役場に提出
④ 香典返しと忌明けの挨拶状を送る
3ヶ月以内 ⑤ 遺品の整理と形見分け
⑥ 生命保険会社などに死亡保険金の請求
⑦ 遺言書の確認、公正証書以外は家庭裁判所で検認する
⑧ 相続人の確認(被相続人と相続人の戸籍謄本などを取得)
⑨ 相続財産の調査・確認、財産リストの(目録)を作る
⑩ 相続放棄・限定承認も申請(家庭裁判所)
4ヶ月以内 ⑪ 相続財産の評価(相続税の確認)
⑫ 被相続人の準確定申告(所得税の申告・納税)
死亡翌日から10ヶ月以内 ⑬ 遺産分割協議(相続人全員の合意で遺産分割協議書を作成)
⑭ 遺留分の請求(もめた場合は調停の申立て、審判請求)
⑮ 相続税申告書を作成(相続財産が基礎控除額を超えた場合)
⑯ 相続税の申告・納税(税務署)
⑰ 分割協議が確定した後、名義変更 □預貯金
□株式
□有価証券
□不動産
□各種会員権
□自動車

3.それぞれの手続きについての詳細

ここでは、1、2の項目の内容を詳しくご説明します。

3-1.臨終直後の手続き

*身内が亡くなったときの連絡

臨終に立ち会うことが出来なかった人に死亡を知らせます。

すぐに知らせるべき人と、通夜・告別式の日程が決まってから知らせる人に分けて、あらかじめ名前と連絡先をリスト化しします。

【電話連絡の仕方】 通常は、電話で連絡します。

早朝や深夜に電話をする場合は「失礼を詫び」

  • 亡くなった人と自分の関係
  • 亡くなった時刻

をお伝えます。

葬儀日程が決まってからの連絡については、

  • 亡くなった人と自分の関係
  • 亡くなった日時
  • 通夜、告別式の日時と場所
  • 葬儀の方式(仏式、神式など)

以上を伝えます。

通夜と告別式の日時と場所を正確に伝えるためにも、メモを横において電話をします。

3-2.臨終直後の状況別の手続き

*病院または、自宅で亡くなった場合

医師に「死亡診断書」を書いてもらいます。

→ 病院の場合は、霊安室に安置 → 遺体の引き取りの手配(葬儀社など) → 病院への支払いは遺体搬送日の翌日 → お世話になった医師や看護師へのお礼は改めて後日にします。

3-3.七日以内にすること

【死亡届と火葬許可申請書の提出】

手続きの流れ

  • 「死亡診断書」を受け取ります
  • 「死亡届」に記入、署名捺印します
  • 「火葬許可申請書」に記入、署名捺印します
  • 「死亡届」「火葬許可申請書」を市町村役場に提出します
  • 「火葬許可証」を市町村役場から受け取ります
  • 「火葬許可証」を火葬上に提出します
  • 火葬後に「埋葬許可証」を火葬場から受け取ります
  • 「埋葬許可証」を墓地の管理者へ提出します

医師から交付された「死亡診断書」の左半分は提出用の「死亡届」になっています。

病気以外の理由で亡くなった場合、「死体検案書」になりますが、書類の様式はほぼ同じです。

診断書、検案書ともにA3サイズ用紙右半分に記入されています。

左半分の死亡届を書いて市町村役場に提出します。

死亡届に「署名」「捺印」するひとを「届出人」といいます。

提出は代理人でも構いませんが「届出人」は次のいずれかです。

  • 同居の遺族
  • その他の同居者
  • 家主、地主または家屋もしくは土地の管理人
  • 同居の親族以外の親族、後見人、補佐人、補助人及び任意後見人

この順位は必ずしも守らなければならないわけではありません。

状況に応じて、これらのうちいずれか一人が書けばよいとされています。

【提出の期限と注意すること】

提出期限は「死亡した日」ではなく「死亡の事実を知った日」から七日以内です。

国外で亡くなったの場合は「死亡の事実を知った日」から三ヶ月以内です。

死亡届を提出しないと「火葬許可証」を提出することは出来ませんので、「火葬許可証」が交付されませんので、原則「死亡届」を提出します。

(葬儀社などで代行してくれる場合もあります。

確認してください) ちなみに、火葬は死亡後24時間経過しないと行えません。

火葬場は友引が休場の場合が多いので日程には注意しましょう。

火葬後、火葬場から埋葬許可証が発行されます。

3-4.十四日以内にすること

  • 健康保険の手続き
  • 資格喪失の届け出

被保険者としての資格を喪失したら、市区町村や勤務先、健保組合などに健康保険証(被保険者証)を速やかに返却する必要があります。

健康保険証を返却すれば、それで手続きは終了ということではありません。

次に亡くなった方の健康保険の扶養者だった方は、他の家族の被扶養者になるか、国民健康保険に加入するという手続きをしなければなりません。

  • 介護保険の資格喪失届け出

65歳以上の人(第1号被保険者)が死亡した場合は、介護保険料を月割りにて再計算し、未納保険料がある場合は相続人に請求されます。

納めすぎている場合は相続人へ還付されます。

還付手続きは、窓口まで通帳を持参する、もしくは後日送付される書類を返送するか、いずれかの方法があります。

郵送の場合、本人と相続人の関係が分かる戸籍謄本等が必要になる場合があります。

詳しくは窓口で確認してください。

年金から介護保険料が特別徴収(天引き)されていた人は年金保険者へ、死亡届や未支給年金の請求手続きを行ってください。

要介護・要支援認定を申請中で、審査判定が行われる前に死亡した場合は『 要介護・要支援認定等申請取下げ申出書 』を提出します。

  • 年金の手続き
  • 受給停止手続き

公的年金を受給していた人が死亡すると年金を受ける権利がなくなります。

そこで年金の支給を止めるために以下のような手続きを行います。

  • 未支給年金の請求

年金を受給していた人が受け取るべき年金を受け取らずに死亡した場合は、生計をともにしていた遺族が未受給分を受け取れます。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket