葬儀の受付をおねがいされたら?マナーとして知るべき葬儀完全マニュアル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

弔問客をお迎えするのが受付係の主な役割になります。
受付係は遺族の代理で弔問客をお迎えするわけですから、言葉使いや振る舞いには細心の注意を払わなければなりません。
遺族の立場にたって、弔問客がお悔やみを述べられてら心からお礼を代理でのべます。

3-1.受付での挨拶

151130-uketukesou

弔問客がお悔やみを述べたら、遺族に代わってきてくださった方にお礼を述べます。
お礼の例として、
「本日はお忙しい中おこしいただきましてありがとうございます」
雨天の場合は、「本日は足元のお悪い中をお越し頂き、ありがとうございます」
などと挨拶しましょう。
相手の顔をしっかりみて、お辞儀をし、失礼のないようにするのがポイントです。

3-2.香典を受け取る挨拶

151202-sougi-basicmanner01

弔問客が香典を差し出してきますので、

「お預かりします」

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6 7

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket