お葬式のマナー、焼香の作法や持ち物からやってはいけないNGマナーまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

お葬式という場で失礼に値する行動は避けたいですよね。

お葬式に参列する機会がないというのは良いことでもありますが、お葬式に参列することも滅多にないということもあり、マナーについて深く理解されている方は少ないかと思います。

そこで今回はお葬式のマナー、焼香の作法や持ち物からやってはいけないNGマナーについてご紹介。

葬式で気を付けないといけないことの中には服装などの身に着ける物や香典や供花などの贈る物やお悔やみの挨拶、はたまた宗教ごとに変わってくるお葬式など、覚えることがたくさんあります。

お葬式に参加されたことがない方はもちろん、ご経験がある方も今一度今回ご紹介するNGマナーを確認しておきましょう。

 1.お葬式での服装

引用元:引用元:http://www.mosimo.net/blog/matome/2015/03/14/150316c.shtml

引用元:引用元:http://www.mosimo.net/blog/matome/2015/03/14/150316c.shtml

 

お葬式での服装はやはり大切ですよね。服装にも細かいマナーがあり複雑な部分がありますが少しでも品位に欠けると浮いてしまいその場の雰囲気を乱しかねませんのできちんとした身なりで式場に行くようにしましょう。
しかし、告別式とは服装が若干異なりますので注意しましょう。

1-1.男性の場合

男性の場合はブラックスーツのシングルかダブル、3つ揃いにしましょう。シャツは白で、ネクタイは黒無地を着用して靴は金具がない物がベストです。靴下も原則黒色の物を履くようにしましょう。

1-2.女性の場合

女性の場合は黒のワンピースやアンサンブルスーツにしましょう。夏場でも原則肌はあまり見せないので5分袖まである物にしてストッキングと靴は黒にするようにしましょう。

1-3.夏場の場合

夏場の場合は「半袖でもいいんですか?」と言う方を良く多く見かけると思いますが基本的に斎場内に入るときにジャケット等を着ていないのはマナー違反です。斎場に向かう道中で脱ぐことは構いませんが半袖シャツのみで式には参列しないようにしましょう。

1-4.冬場の場合

もし冬場での参列となった場合にコートはビジネスマナーと一緒で建物に入る前に脱ぐようにしましょう。
お焼香の場所が屋外テントの場合はお焼香時に脱ぐようにしましょう。
コートは毛皮や革は生き物の殺生を意味し、死を連想させるので相応しくありませんの注意して下さい。

1-5.子どもの服装

子どもの服装は年齢によって異なりますのでその年齢に相応しい服装で連れていくようにしましょう。

・新生児や乳児出ない場合

男の子
※学校の制服がない場合

 

    • 黒、紺、茶などの地味なジャケット
    • 白シャツ
    • 黒のネクタイ
    • 黒系の地味なズボン
    • 黒、白の靴下
    • 光沢のない黒い靴

 

参照:家族葬とは?費用を抑えて素敵な葬儀にするポイントを解説!

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket