「東京では、火葬まで1週間以上も待たされるらしい」とまるで都市伝説のようにささやかれているのをご存知でしょうか。通常なら通夜から火葬まで35日くらいで終わる葬儀ですが、都市部、とくに東京では火葬場を予約してから1週間待ち、10日待ちといった異常事態も少なくありません。決して都市伝説ではないのが東京の火葬場事情なのです。

火葬ができる日取りが決まらなければ、葬儀もできません。火葬までの間のご遺体をどうするかといった問題もご遺族にのしかかってきます。もし東京で親族が亡くなったとき、火葬するまでに時間がかかるとしたらどうしたらいいのでしょう。

ここでは東京都、とくに人口が集中する23区にスポットを当てて、東京の火葬場事情をご紹介します。さらに施設の特徴や費用の面、また最近注目されている「火葬式・直葬」について知っておきたい、知っておけば安心という情報もピックアップしました。人の死は、いつ訪れるかわかりません。その日が来る前に、心の準備だけでなく実務面でもバタバタすることなく、心穏やかに見送ることができるようにしておきたいものです。

— この記事の目次 —
1.東京の火葬場事情とは
2.火葬場待ちで生じる問題点とは
3.1週間も待てない!そんなときは
4.東京23区の火葬場と特徴
5.一般的葬儀で行われる火葬の流れとマナー
6.葬場で執り行う「火葬式・直葬」とは
7.これからの東京の火葬場はどうなる
まとめ

続きを読む