訃報のメールをどうやって誰にどこまで送っていいかわからない・・・または書き方がわからない・・・そういうことってありますよね。

かといって、訃報の性質上送らないわけにもいかず、時間はどんどんと過ぎて行ってしまいます。

 

紙媒体の形で通達するのが正式ですが、迅速性と精確性が強く求められる昨今では、一度にたくさんの人に送れるメールで訃報を送ることも認められるようになってきています。

最近ではメールも一般に深く浸透しており、注意すべき点や配慮をきちんと踏まえていればとても有効な手段となりえます。

 

しっかりと対処をすることで、訃報メールを送るときに自信を持ってどのようなものを送ればいいのかを知ることができます。

このページを読んで是非訃報のメールを送るときの方法や文例などをしっかり把握していただけたらと思います。

 

— この記事の目次 —

1訃報、出すときと受け取るとき、どうすればいい?

2基本的な訃報の知らせ方や順番

3どこまで伝えればいい、訃報を送る範囲と順番

4訃報をメールで出す場合の注意

5訃報の書き方と、押さえるべき事項

6訃報メールの文例

7まとめ

続きを読む