通夜の服装や持ち物など、知らないと恥をかく一般常識まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

お通夜や葬儀の受付や遺族に『この度はご愁傷様です』と、ハッキリ明瞭に言葉に出すのは近年ではマナー違反にとられることもあるのはご存知ですか?

また、急なお通夜で服装はどんなものがいいのか?持ち物は?と、急ぐあまり身だしなみが失礼にはなっていないでしょうか。

そこで今回は、通夜の服装や持ち物、お通夜に関する一般常識までまとめてみました。

社会人としていつ何が起こってもマナー良く参列できるようにするために、しっかりおさえておきましょう。

1.お通夜の歴史とその概要

引用元:http://f-style-school.com/category7/

引用元:http://f-style-school.com/category7/


お通夜の由来は、亡くなったお釈迦様を囲って弟子たちが一晩中語り合ったことから始まったと言われています。
また、現実問題として昔は香を焚くのも遺体の腐敗や匂い消しのために夜通しで香を炊き続ける、という必要性もあったということだったようです。

現在では保存技術も進み、一晩中香をたく必要もなくなった為、1〜2時間程度の半通夜となってきました。
また、地域によっては今も古来からのように夜通しお通夜をするところもあるようです。

しかし今では、一般会葬者は告別式よりも通夜にのみ参列する方が多くなっています。
これは葬儀そのものが、故人や遺族の気持ちよりも、会葬者の都合に合わせて行われているから、と言えるようです。

2.お通夜にだけ参加する人が増えている

引用元:http://okane-himitsu.com/tarinai-26

引用元:http://okane-himitsu.com/tarinai-26

最近ではお通夜にだけ参列する人が増えてきているようです。
葬儀場では、お通夜は夕方6時に始まるところが多く、「葬儀・告別式」は日中行われるもので仕事などがあると参加が難しい方が多いからだと考えられます。

また、「お通夜」というものが告別式が持っていた「追悼の役割」を負うようになってきているのも、お通夜にだけ参加する人が増えている一因だとも言えます。
そのため、葬儀に出席すべき親族や、どうしても告別式に参加したい近しい友人・知人など以外は、お通夜にのみ参列するというのが一般的になってきています。

ちなみに、葬儀は宗教上の「儀式」で、「告別式」は生前お付き合いのあった人々との「お別れの会」。という位置付けになっているようです。
また、これは葬儀関係全般に言えることですが、地域や家、宗旨・宗派ごとに考え方が異なっているのを念頭に置く必要があります。
(不安であれば、失礼のないように確認を取ることも状況によってはあるかもしれません。)

3.お通夜・葬儀・告別式どこに参列するべき?

引用元:http://僧侶派遣.com

引用元:http://僧侶派遣.com

結論から言うと、どこに参列しても、また全ての式に参列しても問題ありませんが、ポイントとなるのは故人との生前の関わり方です。
知り合いという程度のお付き合いだったのであればお通夜のみで充分と言われています。
この場合は告別式に参列しないからと言って失礼にはあたりません。

<< 次ページへ続きます >>
1 2 3 4 5 6

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

人気記事ランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket