通夜の服装や持ち物など、知らないと恥をかく一般常識まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

安心してお葬式をしたいなら・・・
日本最安値のセット料金で話題になり多くのテレビ・雑誌で取り上げられたのが シンプルなお葬式 です。
搬送や火葬の費用、式場使用料など全て含んだ定額プランで14万8000円。 まずは公式サイトの一番下から資料請求をしましょう。
→詳しくはこちら

稀にではありますが、遺族が香典を辞退される場合もあります。
辞退をされる理由は様々ですが、弔問客は香典を用意する必要がない場合があることを覚えておきましょう。

袱紗(ふくさ)

受付で袱紗ごとバッグから取りだした後、その場で袱紗から香典袋をとり出して受付の方に渡してから、袱紗をバッグへしまいます。
バッグに直接香典袋を入れておくのはマナーに反します。

数珠

仏教葬儀の場合は必要です。キリスト教の葬儀の場合は数珠は必要ありません。

その他

■ハンカチ・ティッシュ
親しい人とのお別れでは涙が出てしまうので持って行く方がよいと言えます。

■替えのストッキングや靴下
焼香をするときに伝線していたり穴が空いた靴下などを見られるのはかなり恥ずかしいことです。
座り焼香の時は特に目立ちます。
身だしなみを整えてお葬式に参列するのもマナーのひとつです。

■カイロ
秋冬、春先のお話ですが、規模の大きいお通夜や、時間帯には焼香をするのも長蛇の列となります。
場合によっては外にまで列が続きます。
お通夜は夕方から始まるのでかなり冷え込みが予想され、そのため、携帯用のカイロをポケットに入れておくことをお勧めします。靴の爪先用のカイロも便利です。

9.香典の相場の金額、渡し方のルール

引用元:https://upin.jp/367

引用元:https://upin.jp/367

9-1.親戚は10,000円〜、親族以外は5000円が一般的

故人が親戚関係にある場合は、10000円以上、親族以外の場合は香典は5000円ほど包むのが一般的です。親兄弟など近い人物の場合はより多く包む傾向があるようです。

9-2.3,000円以下は避ける

多くは出せないが、少しでも力になればという気持ちで少額の香典を渡すのは避けたほうが良いです

通夜料理と香典返しで赤字になり、遺族にとっては負担となってしまいます。

9-4.自分の年齢や地域や付き合いの程度によって臨機応変に

上記は一般的な金額であり、実際は付き合いの程度によっても包む金額は変わってきます。
分からない場合は身近な人に相談してみると良いかもしれません。
また、仕事関係の方の場合などは同僚などと足並みをそろえておくのが無難でしょう。

10.香典を辞退された場合の対応

引用元:https://www.dreamy.co.jp/order/

引用元:https://www.dreamy.co.jp/order/

先ほども少しお話をしましたが、稀にあることなので念頭に置いておく必要があります。
予め遺族の方から話を聞いていなくて、その場で突然言われることもあります。
戸惑わないように対応してください。

遺族が香典を辞退する理由は様々ですが、辞退は遺族の意思であるため、尊重するのがマナーです。
逆に無理に用意すると、予定外の香典返しが必要になり、遺族の負担になってしまうこともあるため、注意が必要です。

それでも何か弔意を表したいという場合には、以下の香典以外の方法で弔意を示すと良いでしょう。

供物や供花を贈る

香典以外に弔問客が弔意を示す方法として、供物や供花を贈るという方法があります。
供物や供花は故人に供えるもので、十分に弔意を示すことができます。

仏教の場合、供物には線香やロウソク、お菓子などがよく利用されます。
葬儀社に依頼すれば5,000円~15,000円程度の盛籠を用意してもらえます。

同じく仏教の供花には、菊や百合といった花が多く用いられます。
このほか、カーネーションや胡蝶蘭が利用されることもあります。
スタンドやアレンジメント、籠など贈り方はいくつかあるため、予算や故人との関係性によって選びましょう。

香典と一緒にこれを贈ると費用をかけすぎて却って負担になるという意見もありますが、香典を辞退されている場合であれば問題はありません。

供花や供物も辞退されている場合

香典と共に、供花や供物も辞退されている場合があります。
こういった場合には、どのような対応をするべきでしょうか?

供花や供物も辞退されている場合、できることは非常に限られます。
このような場合には、「何もしない」ことが一番ともいえます。

供物や供花は弔意を示すために有効な手段ですが、これがないからといって弔意が示せないわけではありません。

<< 次ページへ続きます >>
重要:本当に安心してお葬式をするなら
日本最安値のセット料金で話題になり多くのテレビ・雑誌で取り上げられたのが シンプルなお葬式 です。
搬送費用、火葬費用、式場使用料など一般的には追加費用とされてものも全て含んだ定額プランで14万8000円。 日本全国400か所で対応して貰うことができます。
→詳しくはこちら

人気記事ランキング


1 2 3 4 5 6 7

人気の検索キーワードTOP10


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket