通夜の服装や持ち物など、知らないと恥をかく一般常識まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

安心してお葬式をしたいなら・・・
日本最安値のセット料金で話題になり多くのテレビ・雑誌で取り上げられたのが シンプルなお葬式 です。
搬送や火葬の費用、式場使用料など全て含んだ定額プランで14万8000円。 まずは公式サイトの一番下から資料請求をしましょう。
→詳しくはこちら

先ほども少しお話をしましたが、稀にあることなので念頭に置いておく必要があります。
予め遺族の方から話を聞いていなくて、その場で突然言われることもあります。
戸惑わないように対応してください。

遺族が香典を辞退する理由は様々ですが、辞退は遺族の意思であるため、尊重するのがマナーです。
逆に無理に用意すると、予定外の香典返しが必要になり、遺族の負担になってしまうこともあるため、注意が必要です。

それでも何か弔意を表したいという場合には、以下の香典以外の方法で弔意を示すと良いでしょう。

供物や供花を贈る

香典以外に弔問客が弔意を示す方法として、供物や供花を贈るという方法があります。
供物や供花は故人に供えるもので、十分に弔意を示すことができます。

仏教の場合、供物には線香やロウソク、お菓子などがよく利用されます。
葬儀社に依頼すれば5,000円~15,000円程度の盛籠を用意してもらえます。

同じく仏教の供花には、菊や百合といった花が多く用いられます。
このほか、カーネーションや胡蝶蘭が利用されることもあります。
スタンドやアレンジメント、籠など贈り方はいくつかあるため、予算や故人との関係性によって選びましょう。

香典と一緒にこれを贈ると費用をかけすぎて却って負担になるという意見もありますが、香典を辞退されている場合であれば問題はありません。

供花や供物も辞退されている場合

香典と共に、供花や供物も辞退されている場合があります。
こういった場合には、どのような対応をするべきでしょうか?

供花や供物も辞退されている場合、できることは非常に限られます。
このような場合には、「何もしない」ことが一番ともいえます。

供物や供花は弔意を示すために有効な手段ですが、これがないからといって弔意が示せないわけではありません。

遺族からすれば、参列し、きちんと手を合わせ、焼香をあげてもらえるだけでも十分なのです。
そのため、香典も供物も供花も断られた場合には、心を込めて故人を送り出すことが最善といえます。

11.会場到着後の流れ

引用元:http://www.moshimo.net/hall/machida/facility.php

引用元:http://www.moshimo.net/hall/machida/facility.php

最近のお通夜は自宅ではなく斎場のような場所で行われることが多いですが、参列する場合は斎場の係員の誘導に従います。基本的な流れは次のとおりです。

  1. 1.受付にて簡単にお悔やみの言葉を述べる
  2. 2.お香典を渡し、芳名帳に記帳をする
  3. 3.柩が安置されていて祭壇のある部屋へ入りお焼香を行う
  4. 4.通夜振る舞い(地域によっては無いことも)

12.ふさわしい言葉と会話

引用元:http://blog.e-oga.jp/?eid=1865

引用元:http://blog.e-oga.jp/?eid=1865

12-1.お悔やみの言葉例

喪家側は色々な弔問客への応対や、儀式の準備などに追われているので、長々と話すことはNGです。
死因を訪ねるようなことは失礼とされていますので注意しましょう。

生死に対する直接的な表現も避けたほうが良いと言われています。
例えば、「死亡・死去」などは「ご逝去」、「生きていた頃」なども「ご生前」「お元気な頃」などに言い換えます。
ポイントとしては、遺族を励ますような言葉を手短に伝えることです。

「ご愁傷様でございます」

お通夜に駆け付けて遺族と対面した時、一体どのような声を掛けて良いのかわからなくなることがあると思います。
一般的には「この度はご愁傷様です」というのがよく使われるフレーズですが、妙に形式ばっているところもあって言いにくいという人もいるでしょう。

また近年では、「この度はご愁傷様です」この言葉が日常での嫌味を言う時に使われることもあり、お悔やみ言葉としてはふさわしくないと言われる場面も増えてきました。

<< 次ページへ続きます >>
重要:本当に安心してお葬式をするなら
日本最安値のセット料金で話題になり多くのテレビ・雑誌で取り上げられたのが シンプルなお葬式 です。
搬送費用、火葬費用、式場使用料など一般的には追加費用とされてものも全て含んだ定額プランで14万8000円。 日本全国400か所で対応して貰うことができます。
→詳しくはこちら

人気記事ランキング


1 2 3 4 5 6

人気の検索キーワードTOP10


いま話題の家族葬 人気の検索キーワード
[家族葬 DIY葬の費用]  [密葬と家族葬の違い]  [家族葬とは]  [家族葬 参列]  [密葬 家族葬 違い]  [小さなお葬式]  [家族葬 通夜]  [家族葬 お香典マナー]
葬儀のマナー<参列者> 人気の検索キーワード
[社葬に参列]  [葬儀屋さん一覧]  [葬儀 受付 マナー]  [神道 葬儀]  [葬儀 流れ]  [葬儀 数珠 選び方]  [通夜 告別式 違い]  [お悔やみ申し上げます 使い方]  [冠婚葬祭 マナー]  [直葬とは]  [葬儀 マナー]  [告別式 マナー]  [葬儀 流れ] 

お葬式?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket