通夜の服装や持ち物など、知らないと恥をかく一般常識まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

安心してお葬式をしたいなら・・・
日本最安値のセット料金で話題になり多くのテレビ・雑誌で取り上げられたのが シンプルなお葬式 です。
搬送や火葬の費用、式場使用料など全て含んだ定額プランで14万8000円。 まずは公式サイトの一番下から資料請求をしましょう。
→詳しくはこちら

しかしながら、子供が学校が一緒、幼稚園(保育園)が一緒という場合には子供にもお別れの挨拶をさせたいと当然思うでしょう。
その場合は、周りと足並みをそろえてお通夜に参列するか、後日改めて遺族の気持ちが落ち着いた頃に個人的にそれぞれが訪問するのかを考えておくといいかもしれません。

遺族の気持ちを最優先に考え、親しい友人、知人が、子供を連れて行くのは大丈夫かを尋ねられる状況であれば尋ねてみるのもいいと思います。
遺族によってはお別れに、お友達にも来て欲しいと子供が思っていると解釈する場合は、逆に来て欲しいという場合もあります。

お通夜に子供を一緒に連れて行く

小学生くらいになればお通夜がどんなものか親が言い聞かせれば雰囲気を察すると思いますので、静かにできるようであれば参列しても大丈夫だと思われます。
もちろん最近の葬儀場では授乳室があるくらいなので、小さな子を連れて行ってはいけないという決まりはありません。

また、小さい子がいるからといって大切な方とのお別れができないというのは悲しいことです。
大事なことは、連れて行く大人が気をつけること。
赤ちゃんから幼児までの歳であれば、ぐずったり、泣いたり、騒ぐのは逆に当たり前と大人が心得ておきましょう。
周りに迷惑をかけないように泣いたらすぐに対応が取れるようにしましょう。

通夜振る舞い

お焼香をした後はいわゆる「通夜振る舞い」といって食事やお酒、お茶などを勧められることがあります。
料理や酒を頂くこともあれば、お菓子を持ち帰るだけであったり、お茶だけを頂く場合もあります。
強制ではありませんが極力参加するようにしましょう。

なぜなら、通夜振る舞いではお箸をつけることが供養になるとされているため、参加する場合は一口でも頂くのが礼儀になります。
実際に食べなくても良いので、せめて割り箸を割って食べ物を少量取り分け箸をつけたり、飲み物をひと口くらいは頂くようにしましょう。

通夜振る舞い自体は基本的には1時間程度行われますが、故人や遺族と親しい間柄である場合を除いて、あまり長居はせず30分程度で退席するのがよいでしょう。

どうしても辞退する場合は、遺族や世話役の人たちに通夜振る舞いを辞退することを告げて挨拶し、目立たないように退席します。
このとき、やむを得ない事情があることを伝えておくと丁寧です。

15.葬儀に参列できない時

引用元:https://www.minnanoosousiki.com/staff_blog/2014/11_03.html

引用元:https://www.minnanoosousiki.com/staff_blog/2014/11_03.html

お通夜や葬儀にはなるべくどちらかでも参列する方がいいのですが、どうしても体調が悪かったり、遠方で時間の都合がつかない時もあります。
そんな時の対応は以下の通りです。

供花をおくる

まずは喪主の名前、葬儀社・葬儀場の正式名称や住所、電話番号、葬儀の日時などを確認しましょう。
供花を送る場合は、葬儀社に連絡して頼むのが一番良い方法です。

知っている花屋に依頼する方法もありますが、祭壇に飾られるので、他の親族の供花とのバランスも取れます。
一つだけ違う…というのは案外目立つものです。

金額は一定で「一基」「一対」という形で頼みます。
また、付け花には送り主の名前の入った札が立てられますので、会社名義で送る場合は名称を正確に伝えましょう。

果物などのお供物を送る場合も、同様に葬儀社に依頼するようにしましょう。
盛り籠に納めて祭壇のわきに飾られます。

弔電をおくる

弔電を送る場合も、葬儀社や葬儀会場を確認するのは必須ですが、一番重要なことは、通夜や告別式の日時までに弔電を届くようにすることです。
送り先は自宅または葬儀会場にして、喪主宛てに送りましょう。

文面は、できるだけ故人への想いが伝わるオリジナルの内容が望ましいですが、思いつかない場合は、例文などを参考にすると良いでしょう。

香典をおくる

一番、誠実な方法は「葬儀後に直接、遺族のもとに出向き、線香をあげて故人を偲び香典を仏壇に置いてくること」です。
しかし、遠方に住んでいる場合や体調が優れないときは郵送でも構いません。

<< 次ページへ続きます >>
重要:本当に安心してお葬式をするなら
日本最安値のセット料金で話題になり多くのテレビ・雑誌で取り上げられたのが シンプルなお葬式 です。
搬送費用、火葬費用、式場使用料など一般的には追加費用とされてものも全て含んだ定額プランで14万8000円。 日本全国400か所で対応して貰うことができます。
→詳しくはこちら

人気記事ランキング


1 2 3 4 5 6 7

人気の検索キーワードTOP10


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket